雇用調整助成金の特例措置等の延長を厚生労働省が発表。2022年3月まで |HR NOTE

雇用調整助成金の特例措置等の延長を厚生労働省が発表。2022年3月まで| HRNOTE

雇用調整助成金の特例措置等の延長を厚生労働省が発表。2022年3月まで

厚生労働省は2021年10月19日、新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金・緊急雇用案件助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について、来年の3月まで延長することを発表しました。

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

現在の助成内容は12月末まで継続される予定

現在、厚生労働省は「雇用調整助成金等」および「休業支援金等」の特例措置をおこなっています。

今回発表された内容によると、これらの助成内容は12月末まで継続される予定であり、以下の図の通り、「雇用調整助成金等」は中小企業・大企業ともに原則13,500円を、「休業支援金等」は原則9,900円を給付しています。

また、来年1月以降の特例措置の内容については「経済財政運営と改革の基本方針2021(令和3年6月18日閣議決定)」に沿って検討したうえで、11月中に告知するとのことです。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!