音声・テキスト解析AIプラットフォーム「Repotti」が「kintone」と連携スタート! |HR NOTE

音声・テキスト解析AIプラットフォーム「Repotti」が「kintone」と連携スタート!| HRNOTE

音声・テキスト解析AIプラットフォーム「Repotti」が「kintone」と連携スタート!

2月13日、音声・テキスト解析AIプラットフォーム「Repotti(レポッティ)」を提供する株式会社インフォネットは、株式会社サイボウズが提供する業務改善プラットフォーム「kintone(キントーン)」とシステム連携することを発表しました。

今回のシステム提携では、スマートフォンなどのデバイスから音声やテキストで入力したデータを「Repotti」が文章解析や意味理解をおこない、「kintone」へデータをインプットすることが可能となります。

労働人口減少や働き方改革が進んでいるなか、企業や団体での業務効率化が最大のテーマとなっています。

「Repotti」と「kintone」の連携により、ユーザーの利便性の向上が見込め、労働時間の削減などの業務効率化や生産性向上に貢献します。

Repotiiとは

「Repotti」は、ユーザーが音声やテキストで入力したコンテンツやデータをAIが解析し、ユーザーの業務管理システムなどのデータベースへインプットするプロセスオートメーションソリューションです。

労働人口減少や働き方改革が進んでいるなか、企業や団体での効業務効率化は最大のテーマになっています。

さまざまな業務管理システムにおいて、情報入力の時間は過多になっており、よりタイムリーに、より正確に、より簡単に入力できることが求められています。

同社が開発した音声・テキストで解析プラットフォーム「Repotti」は、ユーザーが音声発生したデータの文章解析や意味理解をおこないます。

あらゆる管理システムへインプットすることで、業務効率化や生産性向上に貢献します。

活用シーン

1.日報の音声入力で残業軽減

営業活動の報告をスマートフォンなどからタイムリーに音声入力することができるため、帰社してからの報告書作成業務の負担が軽減でき、労働時間の削減につながります。

2.多様な報告を音声で簡単に

多様な報告もAIによる文章解析や意味理解により、分類・整理、適切な内容で業務システムに正確に登録できるようになります。

3.隙間時間の活用で業務効率化

外勤などのパソコンを開くことができない環境において、スマートフォンやスマートウォッチなどに話しかけることで簡単にデータを入力することができます。

製品概要
製品名:Repotti(レポッティ)
価格:初期費用35万円(税別)~/月額7.5万円(税別)~
リリース開始日:2019年12月2日

kintoneとは

kintone(キントーン)とは、サイボウズ株式会社が提供している業務アプリケーション作成サービスです。

プログラミングの知識は必要なく、難しい操作もせずに、自社の業務に合ったアプリを簡単に作成することができます。

kintoneの主な機能

前述の通りkinotineは、業務に必要なアプリケーションを簡単に作成できます。

具体例には、顧客リスト/案件管理/クレーム管理/交通費申請/ワークフロー/議事録/見積書・請求書/契約書/日報などをアプリで作成、管理することが可能です。

また、社内に散らばっていたデータを一元管理することもできます。

今までは複数のシステムや紙資料などで管理していたデータも、kintone上で管理することができるようになります。

また、フリーワード検索では、必要なデータを簡単に検索することができます。

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある