管理職研修の内容と目的とは?|具体的カリキュラムと費用相場をご紹介

採用が難しくなっている企業が増え、採用のニーズは高まる一方です。そのような中で、企業の課題として「社員の教育・育成」があげられるのではないでしょうか?

また近年では、新入社員研修と同様に管理職研修のニーズが高まっております。

管理職研修のニーズが高まっている理由と、どのような研修内容が効果的なのかをご紹介します。

研修カリキュラムの詳細を知りたい!
資料をもとに社内で導入を検討したい!
そのような方には一括資料請求がオススメです。
 

1.管理職研修が必要な理由

編集部では、今管理職研修が注目されている理由を調べてみました。自社でも同じ課題が当てはまるようであれば、ぜひ解決策を参考にしてください。

1-1.管理職研修が必要とされる背景

管理職の多くは会社や組織で、担当組織の売上や数値目標を果たすことや、部下の育成などの役割があります。自分の仕事に加えて全体を管理する能力が求められるでしょう。しかし、優秀なプレイヤーが管理職として必ずしもうまくいくとは限りません。

たとえば管理職がぶつかる壁として4つがあげられます。

①担当組織の課題設定の壁

管理職になると一つのチームや部署を管理するようになります。その中で、自分なりのビジョンや方針を打ち出すことができず、チームに一体感が生まれにくくなるケースがあるようです。

②関係者に対しての壁

管理職は、他部署との連携が多くあるでしょう。そのような中で、調整能力が発揮できなかったり、直属の上司との関係がうまくいかなかったりといった課題が出てきます。

③部下に対しての壁

部下の育成や教育は会社にとって非常に重要なことです。仕事を部下に任せられず、厳しく指摘できない管理職も増えているようです。

④自分に対しての壁

プレイング業務とマネジメント業務でバランスがとれない管理職が多いようです。プレイヤー業務を優先するばかり、管理職として機能していない管理職も多いのです。

自分に対する壁を感じている管理職が増えていることから、新入社員の研修を導入するよりも前に受け入れる側の体制を整えるための、管理職研修が注目されているのです。

1-2.管理職研修の目的

管理職研修をおこなう上では、管理職も新任管理職と上級管理職の2つの階層に分けることができる点に注意が必要です。それぞれによって目的も異なります。

新任管理職研修の目的

役職を与えられたばかりの管理職に対しては、所属している従業員の能力を向上させて、業績を上げることが自身の役割である、という意識を持ってもらうことが研修の目的です。

また、会社によっては予算の管理を求められる場合もあるため、

数管理能力が必要になる他、コンプライアンスやメンタルヘルス等、組織運営に必要なマネジメント能力も求められます。

上級管理職研修の目的

上級管理職は組織の戦略立案とリスクマネジメントが大きな役割となります。部門経営者としての役割を担うことが多いです。今まで担ってきた自身の役割と今後の役割の違いを認識し、より経営層に近い職責を認識してもらう目的があります。

2.管理職研修の種類

外部に研修を委託する場合、「自社の管理職に足りないスキル」や、「管理職に会社として求められるこ」などを理解した上で会社を選択することをおすすめします。

今管理職に求められる能力と、実際に管理職研修で用意されているコースを紹介します。

2-1.現代の管理職に求められる能力とは

近年、管理職への研修ニーズが高まっています。管理職は組織を管理する役割があり、特に重要な業務として部下の育成や指導があります。具体的に、管理職に必要な能力をご紹介します。

部下の動機づけと環境づくり

一人ひとりが意欲的に働ける良い組織を作るためには、部下の仕事への意欲を引き出す環境づくりが重要です。管理職は、部下が前向きに仕事に取り組めるよう動機付けできる能力が求められます。

適切に指導する

管理職の仕事は管理することだけではありません。部下の仕事をしっかりと把握し、適切に指導することが重要です。部下の成長を第一に考えることに加え、部下が自らの課題を理解し、努力できるようにサポートすることが重要です。

目標設計をおこなう

部下へ仕事を割り振る前に、目標を設計することも重要な役割です。目標設計の際には、どのような特性があり、どういった部分を伸ばすことが重要なのか、また本人がどうなりたいのかなどを理解した上で、おこないましょう。

定期的に評価する

良い組織を作るためには、管理職が部下と課題を共有し合う必要があります。そのため、定期的に仕事内容や業績を部下と一緒に振り返り、フィードバックしましょう。

2-2.管理職研修で用意されているコース

管理職といってもいくつか階層に分かれており、研修にもいくつか種類があります。座学で研修をおこなうものもあれば、ゲーム形式でワークをおこなう研修もあるようです。

新任管理職研修

新任管理職としての仕事の始め方を具体的に学び、役割を遂行するために必要なスキルを身につける研修です。

チームビルディング研修 チームビルディング研修では、チームワーク力をアップさせるため、さまざまな手法が取り入れられています。ゲームを用いた研修が多く、チーム力を身につけるための方法を学ぶ研修です。
管理職研修 管理職として持つべき行動基準と、「組織」「業務」「カネ」「ヒト」を適切にマネジメントする上でのポイントを学ぶための研修です。
上級管理職研修

メイン業務となる1.リスク管理2.業績拡大3.新しい事・変革 4.組織デザインにあわせて、経営数字の捉え方、組織マネジメントの手法など、経営者視点に立ち学ぶ研修です。

2-3.管理職研修を実施する際におすすめの時期

管理職研修を実施する時期は5月、6月がおすすめです。新年度より管理職になった場合、配属後少し時間が経つことで、実務に慣れてきます。そのため、管理職として求められる知識やスキルアップを、実務と並行する余裕ができます。

また、業務上の悩みや課題を踏まえて研修を実施することで、研修やスキルアップの意義を見出すことができるというメリットも期待できます。

2-4.管理職研修の注意点

管理職研修を実施する際に、重要なポイントが目標設定です。 管理者には業績を上げるというトップの意向に応え、かつ部下のスキルや現場の効率を向上させることが求められます。もちろん、部下との人間関係を良好に保つことも重要です。そのためには、以下の目標に重点を置いてプログラムを作成しましょう。

  • スキルや成績の向上を目指すプレイヤーから、チームを束ねるマネージャーである自覚を持つ
  • 経営理念や経営陣の思想を理解し、結節点としてチームに伝える
  • 部下のスキルや性質を把握し、適切に指導をする

一般職から管理職へとキャリアアップすることで、求められる能力は大きく変化します。新たに管理者となった場合、この変化に対応できないことも多いようです。新任管理職研修を活用して、更なる業績アップ、効率アップへとつなげていきましょう。

3.管理職研修の料金

次に、管理職研修を実施する際の費用をご紹介します。

3-1.研修料金相場

管理職研修の費用も内容や期間によってさまざまです。たとえば、1日の研修で、50~100万円する研修もあれば、3万円程度からできる研修もあるようです。 20人未満で、3~30万円が相場のようです。

3-2.管理職研修を取り扱う会社・サービスの紹介

ネオキャリア(CABETS)

このサービスの強み
・パッケージではなく、貴社の課題に合わせてオリジナルカリキュラムを作成
・短期間/少人数からでも受講可能
 
運営会社 株式会社ネオキャリア
管理職研修料金詳細

研修期間2~3日間

45,000/人~

 

※研修期間や内容はカスタマイズ可能。費用もことなるため詳細はこちらからお問い合わせください。

JMAマネジメントスクール

このサービスの強み
・パッケージではなく、オリジナルカリキュラムを作成
・さまざまなジャンルの研修内容
 
運営会社 一般社団法人日本能率協会
管理職研修料金詳細

研修期間1日

62,000円/人~

リクルートマネジメントスクール

このサービスの強み
150種類のコースを全国主要都市で開催

・サービス・IT系の研修実績が多数

 
運営会社

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

管理職研修料金詳細

研修期間1日

62,000円/人~

インソース

このサービスの強み
2050種類以上の研修コース/講師派遣型と公開講座型がある

・さまざまな業種・階層別の研修

 
運営会社

株式会社インソース

管理職研修料金詳細

研修期間2時間~

費用は要問い合わせ

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。管理職が組織でうまく機能し、強いチームを作っていくことでチーム・企業の生産性向上が期待できます。4月から新任管理職が増える企業も多いため、新任管理職研修を検討する企業も増えています。

おすすめ時期の5~6月に実施するにあたり、今の時期から準備してみてはいかがでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!