インドネシアで役立つ海外保険とは|会社紹介・日本語で受診可能な病院まとめ

海外で生活をしていると急な体調不良に襲われるととても心細く、また病院に行っても自分の症状を英語やインドネシア語での説明を求められ、歯がゆさを感じることが多くあります。

また「インドネシアの医療保障を利用すれば、キャッシュレスで医療行為を受けることができる」とはいえ、緊急で医療行為を受けた場合、インドネシアでの医療費は私たちが想像している以上に高額で、その請求額に驚くこともあるでしょう。

上記のような理由もあり、自社の駐在員が安心して医療サポートを受けることができるよう、赴任者に対し海外保険の加入を義務付けている企業も多いのではないでしょうか。

今回は、インドネシアで利用可能な海外保険、インドネシア駐在だからこそ加入すべき保険、そして日本語での受診可能な病院をご紹介します。

インドネシアの医療保険とは

インドネシアには、BPJS(Badan Penyelenggara Jaminan Sosialの省略)という社会保障・医療保障制度があります。

この保険はインドネシア人だけではなく、現地で6ヶ月以上就労する予定のある外国人も加入が義務付けられており、加入後はほとんどの医療行為をキャッシュレスで受けることが可能です。

また提携病院が少なく治療を受けるまでにも長いプロセスが必要と、様々なデメリットがあります。

※BPJSの詳細についてはこちらのURLから別記事にてご確認ください。
 

インドネシアで利用可能な保険|5社紹介

インドネシアで利用可能な海外保険の契約期間は1年~最長5年まで、と会社によりさまざまなプランがあるようです。

駐在予定者の年齢や体調状況、そして駐在期間を踏まえ、最適なプランを選択するとよいでしょう。

【1】東京海上日動

  • インドネシア国内にも10拠点あり。
  • 救急医や看護師が24時間体制でアドバイスする緊急医療相談サービスあり
  • 自己負担することなく治療が受けられるキャッシュレス受診可能

 PT. Asuransi Tokio Marine Indonesia / PT. Tokio Marine Life Insurance

インドネシアでも1975年5月に現地法人であるPT. Asuransi Tokio Marine Indonesia(損害保険会社)、その後2012年に現地法人であるPT. Tokio Marine Life Insurance(生命保険会社)が設立され、日本国内と同等のサービスを提供しています。

【2】AIG損害保険

  • 出発前の病気について疾病応急治療・救援費用を補償。
  • 治療・救援費用を無制限に補償があるため自己負担なし。
  • 24時間・365日・日本語対応サービスあり。

【3】エイチ・エス損保

  • 海外からの問い合わせに24時間、365日・日本語対応
  • オプション加入により緊急一時帰国費用のサポートもあり。
  • 怪我・病気だけでなく、携帯品の紛失や航空機遅延等幅広いサポートあり。

【4】損保ジャパン

  • 旅行先での病院の手配代行あり、そしてキャッシュレスでの受診が可能!
  • 盗難事故や賠償事故などの対処方法、保険金請求手続き等の相談受付あり。
  • 他人に対する賠償金、携行品損害等幅広いサポートあり。

【5】三井住友海上火災保険

  • 海外駐在中であれば、駐在地だけでなく他国への出張中も補償対象。
  • オプションにより、海外駐在員に同行される家族、そして家族の家財・身の回りのものも補償対象となる。
  • ケガ・病気・盗難などのアクシデントにあわれた場合、24時間年中無休で日本語での電話受付可能

日本人がよく利用するジャカルタ近辺の病院

インドネシアの都市部ジャカルタ近辺にて、体調不良の際は日本語での診療が可能な下記の病院を受診することをおすすめします。初診の際は、海外保険に加入していることが確認できる書面もしくはPDFを持参すると、スムーズに対応してもらえるでしょう。

タケノコ診療所スディルマン本院 (一般・歯科)

  • 住所:Apartment Sahid Sudirman Residence Lobby L03B – L05 Jalan Jendral Sudirman No. 86
  • 電話:021-5785-3958 (日本語対応)
  • 診療時間:年中無休、24時間

タケノコ診療所ポンドックインダ (一般・歯科)

  • 住所:Palma Tower, Lt. Mezanin Unit 1 – 3 Jl. RA. Kartini II-S/6, Jakarta 12310
  • 電話 : 021-7593-0468, 7593-0469
  • 診療時間:年中無休、クリニック24時間

タケノコ診療所チカラン (一般・歯科)

  • 住所:Jl. Utama BIIE No. 01 Lippo Cikarang Hosana Medica Lippo Cikarang Lt.3
  • 電話:021-8990-9575 / 0878 7606 9041
  • 診療時間:毎日8:00~22:00

共愛メディカルサービスジャカルタ(一般・歯科)

  • 住所:Wisma Keiai 6th floor, Jend.Sudirman kav.3-4, Jakarta
  • 電話:021-5790-5850 (日本語対応)
  • 診療時間:月曜日〜金曜日の平日が8時~18時、土曜日は8時〜13時

共愛メディカルサービスチカラン(一般)

  • 住所:EJIP CENTER 2nd Floor, Plot 3A, Cikarang Selatan
  • 電話 :021-8967-7310
  • 診療時間:月曜日〜金曜日の平日が8時~17時(土日営業なし)

共愛メディカルサービスカラワン(一般)

住所:Manor Office Park 2nd floor, Surya Utama kav.C-1 Karawang

電話:021-3042-4008

診療時間:月曜日~金曜日の平日が8時~17時、土曜日は8時〜13時

SOSメディカルクリニッククニンガン(一般・小児科・歯科)

  • 住所:Menara Prima 2nd Floor, JL. DR Ide Anak Agung GDE Agung Blok 6.2, Jakarta
  • 電話:021-5794-8128 (日本語対応)
  • 診療時間:月曜日〜金曜日8:00-18:00、土曜日8:00-14:00

J-CLINIC ポンドックインダ本院 (一般)

  • 住所:6th Floor, WING C, RS Pondok Indah, JL.Metro Duta Kav.UE, Pondok Indah, Jakarta
  • 電話:021-7581-6571
  • 診療時間:月曜日〜金曜日8:00-12:30/13:30-17:00、土曜日8:00-12:30/13:30-15:00

J-CLINIC スマンギ (一般)

  • 住所:21st Floor, MRCCC Siloam Hospitals Semanggi, JL. Garnisun KAV. 2-3, Semanggi, Jakarta Selatan
  • 電話:021-579-74061
  • 診療時間:月曜日〜金曜日8:00-17:00

インドネシアの駐在員が入るべき保険とは

インドネシアに駐在される方、今後駐在予定のある方にとって、ケガや病気のとき以外でも役に立つ3つの保険をご紹介します。

(1)ゴルファー保険

インドネシアでは多くの日本人が休日にゴルフを楽しんでいます。日本では経験のなかった方も、インドネシアに来てから付き合いで始める方も多いそうです。

このゴルファー保険は、ゴルフのプレー中または練習中の事故を対象とするもので、他人に対する賠償責任のほか、ゴルファー自身のケガ、ゴルフ用品の盗難、ゴルフクラブの破損、またホールインワン達成時のご祝儀を含みます。

(2)アパート総合保険

多くの日系企業がインドネシアでの駐在員を派遣する際、従業員の安全面を考慮しアパートを用意されていることでしょう。とはいえインフラがあまり整ってはいないインドネシアでは、アパートによってさまざまなトラブルが発生します。

そのためアパート居住内での日常生活において必要な各種リスクを(家財の火災、地震、暴動、水漏れ、盗難、風水災における損害等、賠償責)総合的に補償します。

家の中にある個人の所有物一式だけではなく、使用人の所有物をも対象としたパッケージがあります。

(3)借家人賠償責任保険

水道の水があふれ、下階や近隣のテナントに対して損害を与えてしまったり、大家所有の家やアパートが火災に遭い、損害を与えてしまった、というような不注意で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊してしまったりしたことによる法律上の賠償責任を補償致します。

対象は本人及び家族も含まれ、インドネシア国内で法律上の賠償責任が生じたときに、保険金が支払われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。インドネシアの医療保険制度は、まだまだ発展途上で、日本人が望むレベルでの医療を受けることはおそらくまだ難しいでしょう。

しかし海外で生活をしていると思いもよらないタイミングで、体調を崩したり、事故やトラブルに巻き込まれることがあります。

そのため上記のような海外保険を利用し、予想できない事態に備えておくことはとても大切なことではないでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事