海外、ヨーロッパの人事トレンドの今とは?8つの調査結果 |HR NOTE

海外、ヨーロッパの人事トレンドの今とは?8つの調査結果 |HR NOTE

海外、ヨーロッパの人事トレンドの今とは?8つの調査結果

  • 組織
  • 組織・その他

640amsterdam-954381_1280

こんにちは!HR NOTE編集部です。

HRTech市場の盛り上がりにより、国内である日本はもちろん、海外だと特にアメリカの人事領域の話題が気になっている方は多いように思います

他の国々に目を向けると、ヨーロッパの人事領域の話を耳にすることはありますでしょうか?

アメリカと比較すると、入ってくる情報が少ないと感じる方もいるのではないでしょうか。

実は、ヨーロッパでも人事領域に関する調査・分析を行う専門機関がいくつもあり、日々最先端の人事情報が飛び交っております。

そこで今回はヨーロッパに焦点を当て、人事の現状や、今後の展望に関する記事をまとめました。

【HR×AIの時代】ChatGPTで人事業務はどう変わる?
ChatGPTを代表とした生成AIの登場により、それらの技術の人事業務への活用に注目が集まっています。本資料では実際の活用例を踏まえ「HR×AI」による人事業務の効率化についてわかりやすく解説しております。人事業務にAI技術の導入を検討されている方は是非ご活用ください。
>>>資料ダウンロードはこちら

ヨーロッパの人事領域の最新レポート

library-1147815_640

“HRN”“Fosway Group”というヨーロッパの人事領域を研究している2つの機関があり、彼らは400社を超える企業人事に対し、2年をかけて調査を行い、ヨーロッパの人事の現状を明らかにしました。

HRN

ヨーロッパを中心とした企業人事ネットワークで、HRTechWorldという大規模なイベントの開催も行っている機関です。世界を代表する多くの企業と付き合いがあります。

https://www.hrn.io/

Fosway Group

次世代のHRの研究、分析を行っているヨーロッパの独立した市場調査機関です。分析、調査結果をもとに企業にアドバイスやソリューションを提供します。

http://www.fosway.com/

調査内結果は、大きく8つに分かれております。以下でそれぞれご説明させていただきます。

8つの調査結果

knowledge-1052011_640

1.ヨーロッパの人事領域は分断している。

  • 64%の企業が、独立したあるいはいくつかの領域のみが連立した人事業務モデルとなっています。
  • 非常に標準化、統一化された人事システムがある企業は25%未満になります。

2.戦略的なビジネス・パートナーとなることは、人事の最優先事項です。

  • 53%の企業が最も高い優先事項として、人事は戦略組織になるべきだと考えています。

3.従業員エンゲージメント、生産性、リーダーシップの質、人材育成が、人事業務における成功の基準となっています。

  • 成功の基準としていることのトップは、雇用主と従業員が強固な関係性を持てるようになるための従業員エンゲージメントの取り組みです。

4.クラウドによるHRTechサービスは、今大きな勢いがあります

  • 78%の企業は、クラウドベースのHRTechサービスを使用しているか、検討をしています。

5.高品質なHRTechは、人事業務の成功をもたらす鍵となります。

  • 89%の企業は、人事データとその分析結果の内容を、非常に重要な要素であると考えています。
  • 85%の企業は、従業員の管理・活用をいかに良質なものにするかが、非常に重要だと考えています。
  • 73%の企業は、次世代の技術を非常に重要だと捉えております。

6.ユーザーエクスペリエンス(使い勝手や心地良さなどの総合的な満足度)は、HRシステムを変更する背景において、最も重要な動機です。

  • 44%の人事は、HRシステムの変更に関する決定的な動機としてユーザーエクスペリエンスを挙げています。

7.データ分析論は人事の優先事項です。しかし、人事は分析論を上手に扱えると思っていません。

  • 「人事データの分析論が人事のための優先事項ではない」と言っているのは、わずか1%です。
  • 76%の企業は、戦略的の人事を行うための鍵となる要因として人事データ分析論の重要性を挙げています。
  • 90%の企業は、自社の組織において、人事データ分析論を進展させることに対する決定的な障壁としてスキルの高い人材の不足を挙げています。

8.今後3年間においてHRシステムにおける変化の起こりうる大きな波があります

  • ほぼ60% の企業が、次の3年以内に分析論、人材獲得、新人研修、人事評価制度を変更することを検討しています。
  • 50%の企業は、次の3年にわたってHRシステムを変えることを考えています。

800図1

最後に

6401065208_1280

いかがでしたでしょうか。

ヨーロッパでもHRTech市場の盛り上がりが徐々に来ているように思えます。

特に、これからの3年間で人事領域に関する何かしらの部分を変えていこうと考えている企業が多く、ヨーロッパでもこれからHRTechを中心とした大きな変化が待ち受けており、アメリカと同様に、注目の市場となってくるかもしれません。

【参考記事】
http://www.fosway.com/hr-the-critical-realities-research-released/

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げた

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

ビジネス環境の変化も早く、人口減少、多様化する価値観など、人事部の方にとってこれほど人材育成が複雑で高度化している時代は今まで類をみないのではないでしょうか? たとえば、これまでのような画一的な研修、強制的な異動や転勤を […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.17
松野天音
「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

2023年3月期の有価証券報告書から女性管理職比率の開示が義務付けられるなど、女性活躍を推進する気運が一層高まっています。一方で、「なかなか女性の管理職が増えない」とお悩みの企業は少なくありません。 本連載では「本人・管 […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.17
根本 慎吾
「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

愛媛県では、県・市町による協働事業「チーム愛媛」高度デジタル人材シェアリング事業の一環として、職員を対象とした各種研修・勉強会が開催されています。 今回編集部はその中の「BIツール勉強会」に参加させていただき、実際の勉強 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.15
HR NOTE 編集部
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【前編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真

人事注目のタグ