後輩・部下をやる気にさせるフィードバック【褒める時編】 |HR NOTE

後輩・部下をやる気にさせるフィードバック【褒める時編】 |HR NOTE

後輩・部下をやる気にさせるフィードバック【褒める時編】

640landscape-mountains-nature-man

 

こんにちは、HR NOTE編集長 根本です。
 
私は、いつも後輩のYを褒めるときに無意識に「天才!」「すごいね」「さすが!」を連発していたみたいです。
そしたらある日、こんなことを言われました。
 
 
『先輩、もうちょっと褒め言葉のレパートリーを増やしてください!とりあえず言ってますよね。ダメです!僕は褒められて伸びるタイプなのでもっと響くやつをください
 
「え、わ、わかった・・・。(こいつは何を言っているんだ)」
 
 
なんてことを言うやつだと思いましたが、逆の立場になって考えたときに、確かに適当な対応だったなあと、そのときは反省しました。
 
後輩や部下が仕事で成果を出した際など、褒めるときにもより良い対応があるみたいです。
そこで今回は、後輩・部下を褒めたいときに役立つ、やる気にさせるフィードバック方法についてご紹介します。
 

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

本セッションでは、多くのHRに関するイベントやセミナーで登壇されている3人の専門家が、人事担当者様の「具体的なお悩み」を聞き、解決するための手法について回答していきます。

  • 「キャリアに対し受け身な社員」へ自発的なキャリア開発を促す方法
  • 小売り業界などで見られる「店舗と本社の心理的な壁」をどのように取り払うか
  • 時代の変化とともに増え続ける社内制度の「やめる基準」や「棚卸の方法」

など、人事担当者様が抱える「生のお悩み」の解決手法をご紹介します!

痒いところに手が届くようなセッションとなっておりますので、是非お申込みください!

やる気にさせるフィードバック~褒めたいとき編~

AB0U289SNW

 

何が良かったか具体的に褒める

どのような行動が結果に結びついたのか、自分はそれについてどう思ったのかなど、具体性をもって伝えることで、良かった点が明確になり、再現性につながりますし、後輩・部下のやる気もUPします。
 
「ここの判断が良かった」「この部分は自分も気がつかなかった」「このやり方は私も参考になった」と、上手くいった部分や感心した部分を具体的に述べられると素直に嬉しくなるものです。
 
具体性がないと「薄っぺらい褒め言葉」になってしまい、とりあえず感がでてしまいます。
褒めたいときは、一度立ち止まって、「具体的に何がいいから褒めるんだろう・・・」と考えてみましょう。
 
 
[Twitterの声]


 

成果を出した時は、能力を誉めないようにする

成果を出した際、「いやー君は能力が高いねえ」と褒めると、もし仮にその人が失敗をしたときに、「能力が足りなかった」という結論に陥りやすくなってしまうため、注意が必要です。
プロセスや努力に対して褒められると脳は喜ぶが、能力を褒められても脳は喜ばない」という研究データもあります。
 
さらに、あまり不必要に褒めすぎてもいけません。
本来褒められるであろうシーンで褒められなかった時に、やる気を失うこともあるとのことで、調度良いバランスが必要です。
 
褒めるときはできるだけ、計画性の部分や仕事への取り組み方む姿勢、考え方・アイデア、周囲との関係性、努力を怠らないで粘り強くやり続けた、など結果に至るまでのプロセスの部分に注目して褒めるようにしましょう。
 
 
[Twitterの声]


 

「どうなってもらいたいか」今後の期待値を伝える

後輩や部下に対して「何を求めているのか」「今後どうなってもらいたいか」をしっかりと伝えていきましょう。
 
期待されると「よし、がんばろう!」と仕事に対する意欲がさらに増すことはあるかと思います。
そこに「将来的にリーダーになってもらいたいから○○の部分を意識して頑張ってもらいたい」「売上拡大に向けて▲▲という大きなミッションを任せられる人材になって欲しい」など、具体的ななってもらいたい将来像を話すことで、その目標に向かってさらに精進してくれることでしょう。
 
 
[Twitterの声]


 

最後に

startup-593344_640

 
いかがでしたでしょうか。
 
ぎこちない褒め方や内容がない適当な褒め方では、後輩や部下は「気を使ってくれてるのかな?」「とりあえず言っているのでは」となってしまうので、しっかりとした意図を持って褒めることが重要です。
 

\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

Netflixの成長を支えた人事戦略|「型破り」な企業文化に日本企業は何を学ぶか? #HR NOTE CONFERENCE2022

Netflixの成長を支えた人事戦略|「型破り」な企業文化に日本企業は何を学ぶか? #HR NOTE CONFERENCE2022

2022.11.30
江刺 竜誠
5か月で人的資本の情報開示を実現!義務化までに求められるのは「守りの情報開示」だった

5か月で人的資本の情報開示を実現!義務化までに求められるのは「守りの情報開示」だった

2022.11.14
HR NOTE編集部
きっかけは社員の”やりたい”から!マクアケの社内番組「ウラダル」運営の裏側と、組織にもたらした効果とは?

きっかけは社員の”やりたい”から!マクアケの社内番組「ウラダル」運営の裏側と、組織にもたらした効果とは?

2022.11.10
根本 慎吾
【新卒3年目までがゴールデンエイジ】新社会人の成長を最大化するために企業としてすべきこと|ベーシック 林 宏昌

【新卒3年目までがゴールデンエイジ】新社会人の成長を最大化するために企業としてすべきこと|ベーシック 林 宏昌

2022.11.07
林宏昌
リスキリングとは?|メリットや企業事例、実態について解説!

リスキリングとは?|メリットや企業事例、実態について解説!

2022.11.02
向井浩一郎
リスキリングで何を学ぶべき?|DX人材に必要なスキルや学習手順について

リスキリングで何を学ぶべき?|DX人材に必要なスキルや学習手順について

2022.11.02
向井浩一郎
人材マネジメントとは?ポイントや手順、おすすめのフレームワークを紹介

人材マネジメントとは?ポイントや手順、おすすめのフレームワークを紹介

2022.11.02
向井浩一郎
組織マネジメントとは?参考にすべきフレームワークや必要な能力など解説

組織マネジメントとは?参考にすべきフレームワークや必要な能力など解説

2022.11.02
向井浩一郎
マネジメント能力とは?|身につけたいスキルや種類、資格について解説!

マネジメント能力とは?|身につけたいスキルや種類、資格について解説!

2022.11.02
宮崎萌奈