「人事管理部門に関わる資格」にはどのようなものがある? |HR NOTE

「人事管理部門に関わる資格」にはどのようなものがある? |HR NOTE

「人事管理部門に関わる資格」にはどのようなものがある?

  • 労務
  • 労務・その他

640book-863418_1280
※本記事は、行政書士法人バタフライエフェクト(旧社名行政書士法人jinjer)の綴木晴彦さんより寄稿いただいた記事を掲載しております。

人事管理系の部門に関連する資格にはどのようなものがあるのか?

人事管理部門に関する業務は多岐に渡ることもあり、どういった資格を保有していれば評価等においてプラスに働く可能性があるのか、どういった資格の勉強をすれば人事領域に関する知識が身につくのかは、なかなかイメージしにくいことと思います。

そこで、今回は、人事管理部門に関わる資格についてまとめてみました。

人事/HR業界の最新Newsやトレンド情報をチェック!
「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください!
>>>HR NOTEメールマガジン登録はこちら

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。今回は、人事の方が今日から使えるChatGPT活用術として、実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介します。

▷こんな方におすすめ!

  • 人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい
  • ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない
  • 業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない
  • ▼当日の視聴予約はこちらから!▼
    https://seminar.hrnote.jp/post/95

人事管理関連の資格

bookkeeper-1016299_640

社会保険労務士

人事部で重宝される資格として、まず挙げられるのが国家資格である社会保険労務士の資格です。 人事の仕事で大きな役割となっているのが、労務管理や就業規則についての助言と指導です。 また、働いている人の社会保険や雇用保険の手続きも人事部の役割の中に含まれています。 社会保険労務士試験の学習によりこれらの知識が身につきますし、資格取得により就職・転職に有利になったり、評価が上がるということが考えられます。

社会保険労務士の資格に関する情報はこちらから http://www.sharosi-siken.or.jp/

衛生管理者

衛生管理者も国家資格です。 衛生管理者は、労働安全衛生法において定められている、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする者です。 一定規模以上の事業場については選任が義務付けられています。 担当できる業種の違いで第一種と第二種があり、試験が毎月1~3回行われており受験しやすい反面、一定の労働衛生の実務に従事した経験についての事業所の証明が必要です。

衛生管理者の資格に関する情報はこちらから http://www.exam.or.jp/exmn/H_shikaku502.htm

メンタルヘルス・マネジメント検定

大阪商工会議所が2006年から実施している試験です。時代のニーズに合った資格ということもあり、ここ9年で申込者数は3.8倍となっています。 メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指して、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得するものです。 試験は対象別にⅠ種~Ⅲ種の設定があります。

メンタルヘルス・マネジメント検定の資格に関する情報はこちらから http://www.mental-health.ne.jp/

年金アドバイザー

年金アドバイザー試験は、銀行業務検定協会が実施する試験です。 人事の業務に関わる年金の仕組みについて理解することができます。

年金アドバイザーの資格に関する情報はこちらから http://www.kenteishiken.gr.jp/cont?id=2156

マイナンバー管理アドバイザー

マイナンバー管理アドバイザーは、一般社団法人日本マイナンバー管理協会が運営する資格で、マイナンバー制度に関する知識と理解を深めるとともに、「どうすればマイナンバーを安全に管理することができるのか」、その方法の習得を目的とする資格です。

マイナンバー管理アドバイザーの資格に関する情報はこちらから http://www.mma-jp.org/exam/

中小企業診断士

人事は、経営全般の知識が生かせる仕事です。 中小企業診断士資格を取得することで企業経営の専門家としての活躍が期待でき、社内のコンサルティング的なポジションに就くことも可能になってきます。日本経済新聞社と日経HRが共同で、ビジネスパーソンを対象に新たに取得したい資格(語学検定含む)を調査した結果、中小企業診断士資格が1位を獲得しており、人事に限らず人気の資格となっています。

中小企業診断士の資格に関する情報はこちらから https://www.j-smeca.jp/contents/007_shiken.html

幅広い役割を持つ人事部の仕事

macbook-577758_640

人事部は、人を採用することや育成すること以外に、会社の労働に関係する問題や就業時間の問題へのアドバイス等も必要になってきます。

これらの役割は会社を大きく左右することでしょう。 重大な責任を背負っていかなければならない部署ではありますが、会社への貢献も大きいので、やりがいのある部署であることは間違いないはずです。

そのような部署で働くからには、人事部の仕事を行うために必要なことを学んでおくことが重要です。 そのためには、紹介した資格の取得に挑戦してみるのも1つの手段として良いのではないでしょうか。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

ボーナスは年末調整の対象になる?税金や還付金について解説

年末調整は、1年間の給与総額に基づいて所得税額を再計算し、毎月の源泉徴収税額との過不足分を再計算する手続きです。年末調整の対象は毎月の給料だけではありません。賞与やボーナスも年末調整の対象となるため、正しい手続き方法を知 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

年末調整に交通費や通勤手当は含まれる?注意点を徹底解説

企業は毎年度末、従業員から源泉徴収した所得税額に過不足がないかどうか確認する年末調整をおこないます。 所得税は給与収入をベースに算出した課税所得額に基づいて計算されるため、毎月従業員に支払っている交通費や通勤手当を給与収 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

年末調整のひとり親控除を徹底解説!対象者や書き方、寡婦控除との違いも解説

会社勤めをしているひとり親の人は、年末調整でひとり親控除を受けることができます。ひとり親控除には、所定の手続きが必要なため、要件や書類の書き方などをしっかりチェックしておきましょう。今回は、年末調整のひとり親控除の対象者 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の続柄の書き方一覧!世帯主との関係や確定申告の場合の書き方も解説

年末調整の書類には「あなたとの続柄」を記載する箇所がいくつかあります。続柄の意味や書き方を正しく理解していないと、間違った申告をおこなってしまう可能性があります。また、確定申告での続柄の記載方法は少々異なるため注意が必要 […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ