【人事はどうする?】職場で就業時間中にノンアルコールビールを飲むことはOK?NG? |HR NOTE

【人事はどうする?】職場で就業時間中にノンアルコールビールを飲むことはOK?NG? |HR NOTE

【人事はどうする?】職場で就業時間中にノンアルコールビールを飲むことはOK?NG?

  • 労務
  • 就業規則

640shutterstock_191537189
※本記事は、社労士シグナル 代表の有馬美帆さんより寄稿いただいた記事を掲載しております。

こんにちは!社労士シグナル 代表の有馬美帆です。

最近、人事労務の界隈で話題になっているニュースがありました。

それは、発言小町(YOMIURI ONLINE)でのある投稿内容で、「ノンアルコールビールを休憩中に飲んだことで上司から1時間以上説教をされ、あげく出勤停止と反省文を書くように言われた」というものです。これは、livedoorNEWSなどでも取り上げられ大きく注目されました。

企業として、ノンアルコールビールを飲む人が出てきたらどうすべきか。今回は、就業時間中にノンアルコールビールを飲むことついて、社労士目線でお話できればと思います。

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

この話題に対してネットではどのような反応があるのか?

まずは、「ノンアルコールビールを休憩中に飲んで上司に怒られた」という投稿に関して、ネットではどのような反応があったのか調べてみました。

発言小町での反応

まずは発言小町でどのようなコメントがあったのかを見てみます。

  • 実際に問題がなくても、誤解を招くような行動は良くない。
  • そもそも休憩時間は就業時間内。何をしても良いという訳ではないですよね。
  • 休憩時間とはいえ職場に「飲んでる気分」の人がいるという点で、上司は問題視したのだと思います。
  • 問題はノンアルコールビールの是非ではなく、トピ主の態度だと思います。
  • 就業規則にはノンアル禁止なんて書いてないので、ノンアルを飲むこと自体は問題ないにしても、上司が職場にふさわしくないと考えたのであればそこは従うしかないでしょう。
  • ご存じないかも知れませんが、ビールはアルコール4%程度。ノンアルコールビールの定義は、アルコールが1%未満なんです。

この投稿に対して500件にも及ぶコメントがありましたが、ほとんどが上記のような否定的な意見が多かったように思います。

Twitterでの反応

次にTwitterでの反応を見ていきたいと思います。Twitter上では賛否両論あり、意見が割れているようです。

「別にいいのではないか」という容認の声

「いやいやダメでしょ」という否定の声

一般的な企業のルールはどうなっている?

そもそも、企業のルール上はどうなのでしょうか?企業のルールに関しては、就業規則に記載されています。

アルコールに関しては、就業規則で飲酒することを禁止している企業が多くあります。ただし、ノンアルコールビールに関しては、まだ最近出てきた商品でもあり、良いとも悪いとも記載していない企業が多いのが現状です。

今回話題になった企業でも、おそらく就業規則に記載がなく、上司からの懲戒に納得ができていないのではないでしょうか。

就業規則でノンアルコールビールを飲むことを禁止することもできます。就業規則に記載していれば、もし飲んだ人がいた場合、懲戒をするこも可能です。

ただ、就業規則に記載があったとしても、今回のケースのように、1時間の説教・出勤停止・反省文の提出は重すぎると判断される可能性はあります。

ノンアルコールビールをOK・NGにする前に社内で議論すべきポイント

shutterstock_628964522

実際に、OKするかNGにするのかを社内で議論する点はどのあたりでしょうか。たとえば、以下の3つなどを考える必要がありそうです。

1.チームへの影響

  • 成果を出していれば飲んでもいいのか?
  • 成果を出していない人が飲んでいても気にならないか?

2.お客様への影響

  • お客様へ「当社はノンアルコールビールを飲むことを許可しています」と伝えられるか?
  • 来客時に見られても理解を得られるか?

3.他のルールとの兼ね合い

  • 喫煙はOKなのにノンアルコールビールを飲むことはNGなのか?

 

まとめ

今回のノンアルコールビールに限らず、男性がハーフパンツ・女性がミニスカートを着て出社してもいいかどうかなど、そもそも全てをルールとして就業規則に記載することは不可能です。

だからこそ、どんな視点でルールを作ったのか背景を共有するとともに、社員自らも考え、学ぶ機会をつくっていくことが、応用の利く、成熟した組織作りには重要となります。

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象に含まれる?退職所得の計算方法や確定申告が必要なケースを解説

退職金は年末調整の対象となる所得には含まれませんが、所得税の課税対象ではあります。当記事では、なぜ退職金が年末調整の対象にならないのか、退職金に対する所得税の課税金額の計算方法、そして、退職金に対して確定申告が必要になる […]

  • 労務
  • 給与計算
2024.04.19
HR NOTE 編集部
サイレント退職、なぜ起こる?仕組みと予防策を解説|Smart相談室 伊禮 武彦

サイレント退職、なぜ起こる?仕組みと予防策を解説|Smart相談室 伊禮 武彦

こんにちは。株式会社Smart相談室の伊禮武彦と申します。法人向けオンラインカウンセリングサービス「Smart相談室」の運営、ビジネス部門の統括責任者を担当しています。 今回はクライアント様よりよくご相談を頂くサイレント […]

  • 労務
  • リスクマネジメント
2024.04.19
金井一真
ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ