あなたの給与は最低賃金を下回ってない?時給換算方法など | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

あなたの給与は最低賃金を下回ってない?時給換算方法など | 人事部から企業成長を応援するメディアHR NOTE

あなたの給与は最低賃金を下回ってない?時給換算方法など

time-is-money-1059988_640

毎年恒例で10月には最低賃金が改定され、地域によって差はありますが数十円単位で最低賃金(時給ベース)が上がります。

※ちなみに、東京都では平成28年10月1日から最低賃金は932円になります。(25円の上昇)

2016年度地域別最低賃金の全国一覧(厚生労働省)あまり時給の高くないアルバイト求人を出している会社さんは、求人の時給がうっかり最低賃金を下回っていないか、これを期にチェックしておきましょう。

 

ただ、最低賃金の上昇が影響するのは必ずしも時給制のアルバイトだけとは限りません。月給制の社員についても、場合によっては最低賃金に引っかかる可能性があるのです。

そこで今回の記事では、最低賃金のキホンについて解説いたします。

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

近年、急速に進むDXに対応するため、各企業でIT人材不足を解決することが不可欠となっています。しかし、IT人材を採用することは年々難しくなっているため、自社社員にIT教育をおこなう「リスキリング」に注目が集まっています。

中には、

  • リスキリングの重要性は理解しているが、具体的な取り組み方が分からない
  • 実業務が忙しく、リスキリングは後回しになっている

というような方も多いのではないでしょうか?

本セッションでは、「リスキリング」の基本的な考え方から、各企業の先進的な事例まで、専門家・行政・企業のそれぞれの視点から具体的なノウハウをご紹介します。

セッション視聴後、すぐに実践できる内容となっているので是非お申し込みください!

そもそも最低賃金って?

question-mark-330933_640

最低賃金とは最低賃金法に基づき、地域別や産業別の最低賃金について定めたものです。会社は、この最低賃金で定める金額以上の賃金を労働者に支払う必要があります。

なお、この最低賃金は原則として時間あたりの賃金額である「時給」で判断されることになります。そのため、時給制で働くアルバイトであれば、時給額は明白でしょう。

ただ、月給制で働いている正社員や契約社員が時給換算するといくらになるのかというのは意識されていない場合も多いのではないでしょうか。

月給制の給与を時給換算するには

pexels-photo-210990

「基本給(一定の手当も含む)÷173」で、その社員の大まかな時給を計算することができます。(会社の制度によって勤務日数や所定労働時間は異なるため、実際の金額は会社によって多少前後します。)

※173の根拠※
1週間の所定労働時間が40時間であるとすると、1年間は52週なので年間の所定労働時間は40時間×52週=2080時間となります。これを1ヶ月に換算しなおすと、2080時間÷12ヶ月なので、1ヶ月の所定労働時間は「約173時間」と計算することができます。

では、具体的なケースを用いて月給制の給与を時給換算してみましょう。

基本給20万円の田中さん

20万円÷173時間で時給は「1157円」となります。

大卒の初任給は一部上場企業の平均でだいたい20万円前後といわれていますが、時給で換算するとこの位の金額になります。最近のアルバイト時給は特に都心であれば高騰が続いているため、時給換算すると1200円を下回ってしまう月給20万円という仕事はあまり割に合わないのかもしれません。

基本給16万円の鈴木さん

16万円÷173時間で時給は「925円」(小数点切り上げ)になります。

冒頭でお伝えした通り、東京都の最低賃金は平成28年10月1日から「932円」になっています。そのため、鈴木さんの勤め先がもし東京都内にあるのであれば、月給制にして最低賃金法に違反するということになります。似たような金額の給与を従業員に支払っている会社さんがもしいらっしゃいましたら、上記のように違反がないかどうかチェックするようにしておいてください。

最後に

月給制で働いている方々にとって、自分の賃金を時給換算をして考えたことは少ないのではないでしょうか。最低賃金を下回る給料であれば、それは会社の使用者としっかりと話し合いをする必要があるでしょう。

それでも何も変わらない場合は、近くの労働基準監督署で相談することをオススメします。また従業員の給与を管理している側であれば、再度その地域の最低賃金を確認したうえで、給与の見直しをしてみると良いでしょう。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

「健康経営」の第一歩!企業で運動を習慣化するためにやるべき3つのこと|MEDI-TRAIN伊藤

「健康経営」の第一歩!企業で運動を習慣化するためにやるべき3つのこと|MEDI-TRAIN伊藤

2022.09.12
宮崎萌奈
社員が退職したときの社会保険手続きについて徹底解説

社員が退職したときの社会保険手続きについて徹底解説

2022.08.02
HR NOTE編集部
社会保険料控除証明書とは?必要なケースや対象となる保険料を紹介

社会保険料控除証明書とは?必要なケースや対象となる保険料を紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部
社会保険料の扶養とは?条件や扶養範囲について詳しく解説

社会保険料の扶養とは?条件や扶養範囲について詳しく解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
社会保険料率は何パーセント?会社の負担割合を紹介

社会保険料率は何パーセント?会社の負担割合を紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部
賃金支払基礎日数とは?給与形態ごとの数え方や注意点

賃金支払基礎日数とは?給与形態ごとの数え方や注意点

2022.08.01
HR NOTE編集部
70歳以上の社員に必要な社会保険について詳しく解説

70歳以上の社員に必要な社会保険について詳しく解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
マルチジョブホルダー制度の対象や申請方法をまとめて解説

マルチジョブホルダー制度の対象や申請方法をまとめて解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
雇用保険被保険者証が必要な場面や有効期限を詳しく紹介

雇用保険被保険者証が必要な場面や有効期限を詳しく紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部