アルバイト求人サイト|採用を効率化させる活用方法をご紹介

アルバイト採用担当者様から聞くアルバイトの募集における課題でもっとも多くの方が悩まれていることが「求人応募がない場合でも、どのように改善すればいいのかわからない。」「採用業務以外も忙しく時間が割けない。」といったことです。アルバイト採用担当者の多くの方が、採用以外にも業務を担当されていて、採用活動の改善に時間をかけることは簡単ではないでしょう。しかし、限られた予算の中で効率よく人手不足を解消するためには、最新の動向をキャッチアップしていく必要性は否めません。

本記事では、ご多忙な採用担当者様向けに、「求人サイトを効果的に活用する方法」や「今オススメする求人サイト」をご紹介します。ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

1|人気のアルバイト業種ランキング

過去に求人広告を出した際、「全然人が集まらない!」というご経験はないでしょうか。アルバイトを探している人達はどのような業界や業種で働きたいと思っているのでしょうか。

※「みんなが利用した職種検索の人気度を集計」より引用(2020年9月集計

「フロム・エー ナビ」に掲載された求人案件を対象におこなわれた「みんなが利用した職種検索の人気度調査」によると、どこの地域においても、飲食店の求人検索数がもっとも高くなっていることがわかります。その次には、オフィスワーク、販売などがランクインしています。

この傾向は長く変わらない流れとなっています。飲食店やフォ椅子ワーク・事務、販売のアルバイトは人気が高く、検索ボリュームからみても、求職者ニーズは十分にあると考えられます。

2|アルバイトの探し方

では実際、求職者はどのような方法でアルバイトを探しているのでしょうか。求職者がどのような方法でアルバイトを探しているのか調べてみると、以下のようなものが手法としてあげられました。

  • 求人サイト
  • 紙媒体
  • お店の前の張り紙
  • 知人の紹介
  • 学校からの紹介
  • SNS

※「アルバイト採用ってどんな方法があるの? 求職者がみている求人情報」から引用

さらに、マイナビバイトがおこなった調査によるとさまざまな検索方法があることがわかりますが、やはり情報量の多い求人サイトで探している人が多いことがわかります。

3|アルバイト求人サイトに掛ける費用の相場

では、実際にアルバイトを募集する際にかけちる求人広告の費用の相場はどのようになっているのでしょうか。一般的には1名採用あたりの平均相場は約5~10万円といわれています。

「思っていたよりも高い…」と思われた方も多いかもしれませんが、業種や業界、エリアによっても変わってきます。自社の所在地がアルバイト募集が多くある立地であれば、当然競合も多いため効率的に見つけてもらえるようにする必要があります。そのため、求人サイトを最小限のコストで効果的に活用していくのかがポイントとなりそうです。

 

4|求人サイトをより効果的に活用するためには?

では実際、求人サイトをより効果的に使うためにはどうすべきでしょうか。ここでは、効果的な求人サイトの使い方を3つのポイントにまとめてみました。

ポイント1|ターゲットにあった求人サイトを活用する

「とりあえず大手求人サイトに掲載しておけばいい」など、なんとなくで決めてしまうというのはあまりおすすめできません。いくら大手の求人サイトであっても、その求人サイトを見ている人がターゲットになる人でなければ、全く意味がないからです。

それぞれの求人サイトには、「業種」「職種」「年代」「性別」など得意とする分野があります。

より効果的に求人募集をおこなうためには、まずは求人サイトの特徴を理解し、お店が求めているターゲットとあっているのかを見極める必要があります。

ポイント2|ターゲットに響く原稿の作成

どの求人サイトに載せるかが決まれば、次は求職者に響く原稿を作成しなければなりません。応募数は担保しながら、ターゲットにあった原稿作りを心がけましょう。

応募を増やしたいがために、「高収入」「アットホームな職場」などありきたりなPR文をかいても、求職者にはあまり響きません。

また、写真にもこだわりを入れたほうがいいでしょう。職場の様子や同僚の雰囲気、制服など着て働いている写真を使用することで、求職者側もイメージが湧きやすいからです。

ポイント3|効果的なエリアで求人募集をかける

魅力的な原稿が書けたとしても、その原稿が他のお店よりも魅力が勝っていないと募集は集まりません。

単に原稿を書いて打ち出すだけでなく、効果がでるようなエリアを選定して打ち出すことで、より効果的かつ効率的に募集が集まります。

「求人原稿に何を記載したら良いかがわからない。」「内容を変えたいけど、どこから手を付けて良いのかわからない。」
という方には【課題別診断付き|アルバイト求人原稿改善マニュアル】がおすすめです。

■本資料の内容
・効果的な原稿作成の考え方
・原稿作成の具体的方法
・原稿の課題別診断と対応方法

10年以上のアルバイト募集ノウハウを具体化し、すぐに改善できる方法をポイントにおまとめしました。
原稿改善にお悩みの方はぜひ一度ご参考ください。

資料請求はこちらから

5|アルバイト募集におすすめな求人サイトまとめ

数ある求人サイトの中から、どれを選べばいいかわからないという方も非常に多いのではないでしょうか。今回は、飲食店におすすめしたい求人広告をまとめてみました。

①マイナビバイト

都道府県 全国
媒体名 マイナビバイト
求人件数 228,113件
価格 1週間 20,000円(税込み)~
おすすめポイント ・マイナビというブランド力による安心・信頼できる集客力
・マイナビが提供している12種類の専門サイト・アプリに無料同時掲載
・ユーザー層は、10代~20代の若年層が多く、学生・フリーター・主婦層の採用におすすめ
SEOやリスティング広告対策がしっかり施されており、「単発 バイト」「日雇い バイト」など複数の「バイト」との掛け合わせワードで検索結果1位

 

マイナビバイトを資料請求する

②バイトル

都道府県 全国
媒体名 バイトル
求人件数 1,714,383件
価格 関東・東日本一週間 30,000円~
おすすめポイント ・お申込み当日から掲載が可能な上、掲載中いつでも原稿の作成・修正が可能
・どの料金プランでも、同じ量の情報を掲載できる
若手層を中心に多くのユーザーから高く支持されている
・応募状況がわかる「応募バロメーター」、職場の雰囲気を伝える「動画配信サービス」、勤務先の服装が見られる「制服写真掲載機能」など、ネットならではのユニークな機能が満載

 

バイトルを資料請求する

こちらの2つのサイトの特徴として共通していることは、Web広告やSNSなどを使った宣伝が活発であることから若者層の目にとまりやすいということです。特に飲食店は学生など若年層がターゲットとなりますので、若年層に人気のこの2つのサイトがおすすめです。

さいごに

スマホ社会の今、さまざまな求人募集方法がある中で、入り口はSNSでも最終的な出口は情報量の多い求人サイトという傾向があります。もし、掲載費の相談やもっと求人ターゲットを絞りたい、といったような要望があれば、ぜひ専門の担当者に頼んでみてはいかがでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!