母集団形成とは?インターンシップ期間に最適な形成方法と便利なサービスを比較 | HR NOTE

母集団形成とは?インターンシップ期間に最適な形成方法と便利なサービスを比較 | HR NOTE

母集団形成とは?インターンシップ期間に最適な形成方法と便利なサービスを比較

  • 採用
  • 母集団形成

※本記事で紹介しているサービスの一部は、サービス提供企業様の広告として掲載しております。

インターンシップを導入する企業は増えつつありますが、母集団形成がうまく進まず採用に苦戦するケースも少なくないでしょう。

今回は、採用担当者が頭を悩ませる母集団形成の方法について、インターンシップ時期に絞って実施方法やサービスを比較していきます。

【今すぐ使える】インターンシップ企画マニュアル|資料を無料ダウンロード
「企画の立て方~よくある失敗事例まで、まとめて解説!」
詳しく知りたい方はこちら ⇒ https://hrnote.jp/document/?did=121644

1. 新卒採用におけるインターンシップ市況

現在のインターンシップの市況やスケジュールはどのようになっているのでしょうか?ここでは、「企業」と「学生」に分けてそれぞれのスケジュールや動向を確認していきます。

1-1. 企業動向

企業のインターンシップスケジュールや動向はどのようになっているでしょうか。

インターンシップスケジュール

株式会社ディスコの企業調査(キャリタスリサーチ 2024年卒・新卒採用に関する企業調査・内定動向調査)により、インターンシップが実施される時期の傾向がわかってきました。

2024年のインターンシップにおいては、8月にピークを迎え、その後はやや落ち着くものの2月まで多くの業でインターンシップが実施されていることがわかります。

実施企業は年々増加

経団連が17年卒採用から設定した「広報活動の開始が3月、選考活動の開始が6月」のスケジュールによって、企業がおこなうインターンシップは広報活動開始前の2月までに実施されるようになりました。

このスケジュールに従ってインターンシップで自社の認知度を高め、志望度が上がるように動く企業が一気に増えました。これは掲載企業数の年度別の推移をみても明らかです。

※マイナビ掲載社数推移、ネオキャリア調べ

短期インターンシップが増加傾向

インターンシップの実施期間ついてもみていきましょう。

株式会社ディスコが実施した「2024年卒業調査- ・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査」 では、プログラム1回あたりのインターンシップ実施期間に関する質問の回答として、半日がもっとも多く57.9でした。

一方で2~4日以上の複数日程のものは、高くても2割程度の実施率でした。前年度もほぼ同じ数値となっており、24年度は1日以内のものが多くなっています。

このような調査からも実施企業数が増えるほど、短期のものが主流となっているようです。これは、採用難が続くほどインターンシップを採用活動、とくに母集団形成の一部として運営する企業が増えていることが予測できます。

1-2. 学生動向

次に学生の動向をみていきましょう。企業動向に対して、学生のスケジュールや動向はどのようになっているでしょうか。

学生側のインターンシップスケジュール

学生が就職活動を意識し始めるのは大学3年次といわれています。大学3年次までにインターンシップを経験する学生は合計して11%程度です。

やや古いデータではありますが、マイナビが実施したアンケートによると、インターンシップに初めて参加した時期について、大学3年生6月以前ではわずかだったところ、3年生の8月に一気にピークを迎えています。夏季休暇期間は、学生が一番動き始める時期となっているようです。

出典:マイナビサポネット 2020年卒マイナビ大学生広報活動開始前の活動調査

インターンシップ参加学生は増加傾向

マイナビの2024年卒マイナビ学生就職モニター調査(2月の活動状況)によると、81.8%の学生がこれまでにインターンシップに参加したと回答しています。前年までの実績と比較するとやや減少傾向にあるものの、依然として高い水準を維持しています。また、1人当たりの平均参加社数は増加しています

出典:マイナビサポネット 2024年卒マイナビ大学生広報活動開始前の活動調査

企業選びと参加目的は就活を意識したものになっている

参加インターンシップを選ぶ際の基準は、「志望業界」がもっとも多く68.7%「志望企業」が50.4%「志望職種」が47.5%の順になっています。

この結果から、インターンシップに参加する目的、「特定の企業のことをよく知るため」「自分が何をやりたいかを見つけるため」「志望企業や志望業界で働くことを経験するため」などが考えられます。

つまり、学生は「インターンシップ=就職活動」と捉えているのでしょう。

企業側としては、上記のような企業・学生動向をもとに、インターンシップの母集団形成をおこなう必要が出てきます。

2. 採用における母集団形成とは

では、採用において母集団形成にはどのような役割やメリットがあるのでしょうか?

2-1. 母集団形成とは?

母集団形成を「母集団」と「形成」に分けて考えてみましょう。

採用において母集団とは「自社の求人に興味を示す応募者の集団」です。形成とは「整ったものを形作ること」であるため、母集団形成は「自社に興味を持つ求職者を集め、形を整えるための活動」ということになります。

つまり、応募者の数の多さを意識しつつも、自社が必要とする人材を確保する「質」も高めなければなりません。母集団形成は採用のファーストステージとなる重要なフローであり、採用成功の鍵となるポイントであることを認識しておきましょう。

2-2. 母集団形成が重要視される理由

母集団形成が重要視されるようになった最大の理由は、少子高齢化により生産年齢人口が減少しているためです。この問題は企業の大小や業種を問わず、どの企業にも共通する課題と言えます。

これまでのように、求人を出せば応募者が集まってくるという採用は難しいため、母集団形成によって人を集めて必要な人材を獲得することが当たり前になりつつあります。今後、生産年齢人口はさらに減少すると考えられているため、自社なりの母集団形成のやり方を構築しておくことが大切です。

2-3. 母集団形成のメリット

母集団形成の主なメリットは以下の4つです。

  • 計画的に採用活動を進められれる
  • 採用活動のコスト負担を軽減できる
  • 採用後のミスマッチが起こりにくくなる
  • 生産性の向上や企業の成長につながる

特に、採用後のミスマッチのリスクを減らせることは母集団形成の大きなメリットです。母集団形成では、はじめからターゲットを意識した採用をおこなうため、採用後に社風と合わない、価値観が違うなどの理由による早期離職を減らすことができます。

また、スキルや経験が自社にフィットする人材を採用できれば、即戦力として生産性の向上や企業の成長に貢献してくれるでしょう。

2-4. 効果的な母集団形成を実現するためのプロセス

母集団形成を成功させるためには8つのプロセスがあります。実施する際のポイントも紹介するので、参考にしてみてください。

プロセス 実施のポイントや注意点
目的を明確にする
  • 採用の目的を明確にする
  • 即戦力が必要な場合は中途採用、将来幹部候補となる若手を採用したい場合は新卒採用というように、自社の現状と照らし合わせる
  • 人材マッピングによって、自社に不足している人材の特徴を明らかにするのも有効

ターゲットを設定する

  • 採用ターゲット(人材要件)
  • 将来の事業や組織から逆算してターゲットを設定する「演繹的アプローチ」と、すでに活躍している人材を参考してターゲットを設定する「帰納的アプローチ」の2つがある
  • 現場のニーズも汲んだターゲットを設定する

採用人数を決める

  • 母集団の目標値を決めるため、採用人数を決める
  • 採用人数を決める際は、以下の5点を考慮する

・会社の事業計画

・現状の人員構成

・現場の採用ニーズ

・経営における採用ニーズ

・過去の採用実績

母集団の目標値を決める
  • 採用人数をもとに、母集団の目標値を決める
  • 採用工程ごとに、何人採用候補者を残すかを考える
  • 母集団の目標値が大きすぎると、選考が難しくなりターゲットと異なる人材を採用する可能性がある
  • 母集団の目標値が小さすぎると、応募者が集まらない、内定辞退によって採用人数を確保できないなどのリスクが高まる
採用スケジュールを決める
  • 採用での目標達成の期日を決める
  • その期限から逆算して、採用活動のスケジュールを組み立てる
  • 採用のスタートが遅れると優秀な人材が他社に流れてしまうので注意
  • 人員補充を目的とした中途採用の場合は採用までのスケジュールが短くなる傾向があるが、余裕のあるスケジューリングが重要
ターゲットに合わせてアプローチ手法を決める
  • 母集団形成の手法を決める
  • 最適な手法はターゲットに異なるため、以下の点を考慮して決める

・募集する職種や雇用形態

・新卒採用か中途採用か

・年齢

※アプローチの手法については後ほど解説

求人原稿の作成と採用の実施
  • 応募者は求人票の内容で応募を判断するため、他社とは違う特色のある求人票を作成する
  • わかりやすさ、親しみやすさなどに考慮しながら、自社の魅力を相手に伝える意識を持つ
採用活動の課題を洗い出し、対策を講じる
  • 採用活動は目標の通りには進まないため、定期的な見直しが必要
  • 採用における課題を洗い出し、原因を分析して対策を講じる
  • 以下のような数値をデータ化することで課題が見えやすくなる

・アプローチ手法ごとの応募者数

・内定者数

・内定辞退者数

・発生コスト

2-5. 母集団形成における課題と解決策を紹介

母集団形成において起こりやすい2つの問題と解説策を紹介します。

母集団の数が増えない

母集団の数が増えない主な要因として以下の2が考えられます。

  • 求人を募集していることが認知されていない
  • 認知されているものの、企業の魅力が伝わっていない

そもそも、求人を募集していることが認知されていない場合は、求人情報の露出度を上げる必要があります。露出度を上げる対策には以下のようなものがあります。

  • 就職サイトの企業情報や会社説明会の情報をこまめに更新する
  • ダイレクトメッセージの対象者や配信時刻、配信内容などを見直す
  • 合同会社説明会など、集客が見込めるイベントに参加するなど

また、企業や求人情報が認知されていても、求職者にとって魅力的な情報がなければ応募者は集まりません。ターゲットにとって魅力のある会社であることを伝えるために、以下の工程を見直しましょう。

  • ターゲット設定は適切か
  • 求人情報やダイレクトメッセージがターゲットに響く内容になっているか
  • 応募資格に曖昧な点や制限がないか

ターゲット層からの応募が集まらない

応募者の数が増えても、ターゲットとかけ離れた人材ばかりが集まれば採用に繋がらなかったり、採用しても早期離職してしまう可能性があります。自社の採用したい人物にマッチしない応募者が集まってしまう要因としては、求める人物像が正確に伝わっていないが考えられます。

そのため、以下のポイントをもう一度見直し、必要であれば募集要項やダイレクトメッセージの内容を修正しましょう。

  • 自社にマッチする人物像が明確になっているか
  • 訴求メッセージに統一性があるか

3. 母集団形成の方法

インターンシップ参加学生の母集団形成の方法としてはインターンシップサイトが一般的となっていますが、その他にもさまざまな方法があります。

3-1. インターンシップ(就職)サイト

例えば、リクナビ・マイナビなど就職情報サイトは、インターンシップ期間中からの活用が可能です。インターンシップ実施時期には、情報サイトのトップページもインターンシップ専用となっています。

企業紹介のページの他に、複数のインターンシップをコースごとに掲載することが可能となっているサイトが多くあります。

サイト上では、「職種」「業種」「実施地域」「実施日数」「体験内容」などからインターンシップを検索できるようになっています。多くの学生は興味のあるインターンシップを探すために、上記条件を複数かけ合わせて使用しています。

多くの企業の掲載があるため、その中から選んでもらうには学生の目的にあった、特徴のあるインターンシップ内容にすることが重要です。

3-2. イベント

インターンシップイベントには、「マス型」と「スカウト型」があります。

マス型イベント

マス型の例としては、インターンシップサイトが提供するイベントがあります。多くのイベントでは、会場にインターンシップ実施予定の企業がブースを構えで自社のインターンシップについて説明をおこないます。

大型のものは大都市で開催される傾向がありますが、各都道府県の主要都市での開催もあるため、地方募集の企業も活用が可能です。

スカウト型イベント

スカウト型は、5~10社程度の採用担当者が参加する中で学生がビジネスゲームなどをおこない、自分のスキルをアピールします。ゲーム終了後、企業からフィードバックをもらったり、スカウトされて座談会に参加するなどの形式があります。この後、インターンシップへ誘導することが可能になっています。

3-3. 送客サービス

送客サービスとは、企業に代わってインターンシップ学生を見つけて送り込んでくれるサービスです。自社の求める人物像に合う学生をインターンシップやインターンシップ説明会に動員してもらうことができます。

事前に、大学や学部、学科、現住所などの希望する学生の情報を伝え、その希望に合致した学生をスクリーニングした上で動員することが可能となっているサービスが多くなっています。そのため、特定のターゲットに効率的に接触することができます。

また、成功報酬型のものが多いため、学生が集まらなかった場合は費用がかからないというのもメリットです。

3-4. スカウトサイト

通常は企業が募集告知をし、学生が応募するという母集団形成方法が多いと思います。しかし、スカウトサイトは学生が登録サイトへ自己PRなどプロフィールを記載し、そのプロフィールをみて企業側がメールを送るなどして接触を図ります。

企業としては、事前に学生の情報を入手することができるため、自社にあった人材を選んでスカウトすることが可能です。

4. 母集団形成ができるサービス10選

母集団形成の具体的サービスはどのようなものがあるでしょうか。それぞれの手法で9つのサービスをご紹介します。

4-1. キャリアチケットスカウト|価値観によるマッチングを実現

【サービスの特徴】
  • 条件や資格ではなく価値観でマッチングするため、自社に合う学生にピンポイントで接点を持てる
  • 企業ページの作成、オファー文書の添削、定期お打ち合わせ、レポートの共有など企業ごとのサポートが充実
  • 企業の知名度に左右されない採用活動が可能で、平均オファー承諾率が20%と高いのが特徴

4-2. CaLin|タレントプール採用プラットフォーム

【サービスの特徴】
  • 意識の高い就活前の学生を早期からタレントプールできるサービス
  • 企業情報を掲載するだけではなく、会社説明会のスライド掲載やインターンシップなどの募集、個別メッセージ機能なども可能

  • 一度登録した候補者データは新卒採用が終わっても残るため、そのまま企業のタレントプールとして活用でき、中途採用の際にも活用することができる

4-3. ビズリーチ・キャンパス|出会いたい学生に出会える

【サービスの特徴】
  • スカウト機能・イベント開催・社員訪問受付機能など、新卒採用ツールとして必要になる機能を網羅
  • 企業が出会いたい優秀な学生のデータベースに直接アプローチ可能
  • ダイレクトリクルーティングに関する確かな実績で、これまでにKDDIやアサヒビールなどの導入実績

4-4. マイナビ|インターンシップサイト

就職サイトとしても利用している企業が多いマイナビは、インターンシップサイトとしても活用することが可能です。

学生登録数・企業掲載社数ともに業界最大規模
インターンシップだけでなく、3月以降も継続して利用が可能。
学生が企業・業界理解ができるような情報提供に注力しており、先輩社員紹介コンテンツも充実!

6月から9月のサマーインターンシップと10月から翌2月のオータム・ウィンターインターンシップに分けての掲載となっています。21年卒向けサービスから2月中旬より、就職準備期間としてさまざまな新しいオプションも投入され、インターンシップから3月以降の活動にスムーズに移れるよう工夫されています。

4-5. キャリタス就活|インターンシップサイト

大学への求人票配信システム大手の株式会社ディスコが運営しているサイトです。就職サイトとしては、日経就職ナビから17年卒向けサービスよりキャリタス就活にリニューアルしています。

「気になる」独自機能で学生とつながることが可能
学生との相互やり取りができる「気になる」や求人票配信システムと連携機能など、独自機能で学生と企業をつなぐ取り組みを強化。21年卒は、5月からエントリー可能にしたりと通年採用に向けた動きも取っています。

学生登録数はマイナビに比べると少なくなりますが、その分学生とのつながりを持てるような機能に注力しています。LINE@と連携できるキャリタスcontactというオプションや、DM機能も複数プランが用意されています。

4-6. あさがくナビ|インターンシップサイト

株式会社学情が提供している就職サイトです。20年卒向けサービスより大幅にリニューアルし、ダイレクトリクルーティングよりのコンセプトを打ち出して他のサイトとの差別化を図っています。

ダイレクトスカウトがリニューアルし、学生からの「逆オファー」などもできるように
ガクチカ情報として、学生自己PRをより詳細記載できるように仕様変更となりました。AIを搭載し、応募率の高い学生にオファーメールを送れるようにし、マッチング率を高めるように設計しています。

学生登録数はマイナビやキャリタスと比べてもやや劣りますが、その分マッチング度を高めるような仕様に設計されています。インターンシップ時期から適職診断を促したり、AIマッチングをおこなって学生に合う企業をピックアップされるようにもなっています。

4-7. マイナビインターンシップEXPO・セミナー|イベント

マイナビが就職サイトと連動しておこなっている、主要都市開催の大規模イベントのインターンシップEXPOと地方都市開催の中規模イベントのインターンシップセミナーです。

インターンシップサイトと連動した国内最大規模のイベント
マイナビが主催しており、国内のインターンシップイベントとしては最大規模・回数としておこなわれています。サイト情報と連動しており、サイトに掲載している企業は学生情報の連携がその場でおこなえます。

会場地域と規模によって、料金は異なります。6月開催の東京会場のインターンシップEXPOでは約1.8万人の来場学生数を記録したこともあり、大人数の学生に集中的に接触したい企業にはおすすめです。

4-8. キャリタス就活フォーラム|イベント

キャリタス就活と連動したインターンシップイベントです。マイナビ同様全国で実施していますが、業種ごとにまとめたブース運営などマッチ度を重視したものや時期に合わせたテーマを設定したイベントとなっています。

じっくり話をするための個別エリア(ソーシャルパーティー)の設置など、他社との差別化を実施
通常の企業ブースとは別にじっくり話ができるようエリアが設けられており、採用担当だけでなく現場社員との接触を設けたりすることが可能です。

費用については、地域と会場によって異なります。イベントによっては、ソーシャルパーティーという個別対応が可能なエリアを設けている会場もあるため、学生とじっくりと対話することも可能です。

4-9. ジョブトラ|イベント

リアライブ株式会社が実施しているスカウト型のイベントです。6社合同型の選考会となっており、参加学生は4種類のビジネスゲームのうち1つを実施、参加企業は学生がビジネスゲームをおこなうのを見て評価します。

当日に選考・座談会・個別面談まで実施することが可能
企業側は自社プレゼン、ビジネスゲーム見学・評価、座談会、高評価学生の面談まで半日でおこなうことができます。そのため、自社に合う学生かどうか、再接触へ案内するかどうかを短時間で判断することができます。

イベントは通年で東京を中心に、大阪・名古屋でも開催しています。参加学生の6割がGMARCH以上となっており、優秀層が集まりやすいといわれる学群へアプローチができます。インターンシップへの誘導だけでなく、すぐの選考へ案内することも可能です。

4-10. Premium Matching Event|イベント

就職エージェントneoが運営するマッチング型イベントです。参加学生30~40人程度に対して、参加企業も3~5社と比較的小規模なイベントです。文系向け・理系向けどちらも開催をしています。文系向けについては、業界別やテーマ別に開催しています。

新卒紹介会社が運営するイベントのため学生カウンセリングを実施し、学生の希望をヒアリング
マス型イベントと異なり、事前に学生ヒアリングをおこなうため志望業界と出展企業が合う学生を動員しています。また、イベント後に状況の確認のご支援も場合によっては実施しているため、その後のケアまで可能です。

半日で企業プレゼン、学生との座談会など他のマッチングイベントと同じように運営しています。年間登録学生数約16万人のデータベースとなっているため、多くの学生と会える可能性があるイベントです。

4-11. 就職エージェントneo 送客サービス

こちらも、就職エージェントneoが実施する送客サービスです。人材紹介事業からスタートしているサービスのため、学生カウンセリングをおこなって企業の求める条件にあった学生を動員していることが特徴です。

文理別・地方も対応が可能
文系は東名阪、福岡、京都や仙台が中心となりますが、さまざまな学生をご紹介が可能です。地方の理系学生にも一部対応しています。

費用面については、求めるターゲットや時期によって異なります。おすすめの時期については、学生が比較的に能動的に動くインターンシップの時期から就職活動前半までが目安の期間となります。

5. 母集団形成は採用成功の第一歩

いかがでしょうか?母集団形成のために、就職サイトやマス型イベントを使用している企業も多いことでしょう。自社にあったサービスをうまく掛け合わせて使用することがこれからのインターンシップでは重要になりそうです。インターンシップ中に母集団形成をおこなう場合は、目標や採用スケジュールを立て、自社に合うアプローチ方法で数・質ともに高い母集団形成につなげましょう。

--------------------

\期間限定でアーカイブ配信中!/
今、知っておきたいテーマについて豪華ゲストが詳しく解説!

▼アーカイブ配信視聴はこちらの特設サイトから▼
https://hrnote.jp/dx-action-summit-2023-archive/

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

採用DXとは?重要性や得られるメリットと新卒採用のDX化ポイントを解説

採用DXとは?重要性や得られるメリットと新卒採用のDX化ポイントを解説

新卒・中途採用などにおいて、優秀な人材を確保することは、今後の組織の成長・発展を左右する重要な要素の一つです。テレワークの導入により働き方が多様化した今、ITツールを効果的に導入するなど、採用DXの推進が優秀な人材の採用に欠かせない取り組みとなっています。今回は、採用DXの必要性とメリット、推進するための方法、成功事例をわかりやすく解説します。

  • 採用
  • 採用・その他
2024.04.12
HR NOTE 編集部
【採用側】Web面接の始め方は?事前準備から当日の流れまでを解説

【採用側】Web面接の始め方は?事前準備から当日の流れまでを解説

多くの企業がWeb面接を採用活動に使っています。Web面接の導入を検討している採用担当者も多いでしょう。そこで今回は、Web面接を導入する段取りや準備の手順、面接当日の流れまでを具体的に解説しました。

  • 採用
2024.04.12
HR NOTE 編集部
【第5章】ダイレクトリクルーティングの成功事例|VOLLECT中島

【第5章】ダイレクトリクルーティングの成功事例|VOLLECT中島

ダイレクトリクルーティングに関する採用支援を行っております、VOLLECTの代表取締役中島です。 ダイレクトリクルーティングを取り入れるかお悩みの方や、成果を上げるための施策にお困りの方は、他社事例が参考になります。 弊 […]

  • 採用
  • 母集団形成
2024.04.12
松野天音
Web面接がミスマッチにつながる原因と対策を徹底解説します

Web面接がミスマッチにつながる原因と対策を徹底解説します

「せっかくコストを掛けてWeb面接を導入したのに、採用した人材にミスマッチを感じている…」このような悩みはありませんか。今回は、Web面接がミスマッチにつながる原因を分析し、予防するための有効な対策を徹底解説します。Web面接導入によるミスマッチを解消したいと考えている企業は、ぜひ参考にしてください。

  • 採用
2024.04.11
HR NOTE 編集部
Web面接は中途採用に向いている?活用時のポイントや注意点

Web面接は中途採用に向いている?活用時のポイントや注意点

Web面接を中途採用活動に使われていますか。「良い労働条件をオファーしても応募者が集まらない」「広告費を大きく投入したのに即戦力になる人材を採れない」採用難が続くなか、焦燥感を日々覚える人事担当者も多いのではないでしょうか。本記事では、Web面接は中途採用に活用してこそメリットがある理由と、活用する際のポイントや注意点を徹底解説してみました。

  • 採用
2024.04.11
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ