【中途採用】ダイレクトリクルーティングサービスまとめ<比較表付き>

採用手法の多角化が進む今、リファラル採用、オウンドメディアリクルーティング採用、Indeedなど、さまざまな手法が登場しています。

そのなかでも、ダイレクトリクルーティングは、多くの企業が活用している手法の一つです。

なぜ、各社はダイレクトリクルーティングを活用しているのでしょうか?

本記事では、中途採用にフォーカスを当てて、ダイレクトリクルーティングの基本的な概要から、メリット、活用する上でのポイントなどをご紹介いたします。

1.中途ダイレクトリクルーティングとは?

1-1.そもそもダイレクトリクルーティングって何?

ダイレクトリクルーティングとは、企業が直接求職者(採用ターゲット)へアプローチをする採用手法です。

従来の採用手法だと、求人サイトに掲載した後や人材紹介会社に依頼をした後は、応募や紹介があるまで「待つ」しかありませんでした。

一方、ダイレクトリクルーティングは企業が自社にマッチする求職者を自ら探してアプローチする「攻め」の採用です。

1-2.ダイレクトリクルーティングの仕組みとは?

「攻め」の採用とは、ターゲット人材に対し、「オファーメール(スカウトメール)」を配信し、応募を促すことを指します。

ダイレクトリクルーティングの流れはおおまかに分類すると下記4つです。

ダイレクトリクルーティングの仕組み


①求職者がダイレクトリクルーティングサービスに個人の職歴などを登録します。

②企業側は履歴書やレジュメを閲覧することができるため、自社のターゲットにマッチしている人材を検索します。

③条件にあった求職者がいる場合は、個別にオファーメール(スカウトメール)を配信することができます。

④求職者は受け取ったメールの中から興味のある会社に対しアクションを起こします。メールでのやり取りを経て、面接・内定・採用にいたります。

1-3.ダイレクトリクルーティングが注目されている背景

2009年頃から有効求人倍率は徐々に高まり、2019年には1.6倍を超え求職者の母集団形成が難しくなりました。
参照「独立行政法人 労働政策研究・研修機構

現在はコロナウィルスの影響により、有効倍率の高止まりはなくなりましたが、特定の職種においては引き続き採用難が続いています。

優秀な人材や経験者を採用することは難しく、従来の「待ち」の採用ではなく、企業が能動的に動く「攻め」の採用が必要です。

このような背景から転職を考えている層だけではなく、転職潜在層へのアピールも積極的におこなうことができるダイレクトリクルーティングが普及していきました。

またダイレクトリクルーティングの場合、「応募課金型」「成果報酬型」のサービスもあり、採用に至るまでは採用コストがかからないというメリットもあります。

無駄なコストをかけず採用ターゲットに直接アプローチをかけることができるため、ダイレクトリクルーティングは多くの企業から注目されているのです。

2.中途ダイレクトリクルーティング実施のメリット・デメリット

2-1.中途採用ダイレクトリクルーティングを活用するメリット

中途採用でダイレクトリクルーティングを活用するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

ターゲットに対してダイレクトにアプローチできる

採用ターゲットに対し企業から直接アプローチできる点が最大のメリットです。

人材紹介などを活用した場合であっても、エージェントのスクリーニングがかかり、データベース内にいるすべての採用ターゲットに対し直接アプローチができるわけではありません。

ダイレクトリクルーティングであれば自社ターゲットに対し、もれなく自社へのアピールが可能です。

コストを削減できる

成果報酬型の手法もあり、無駄なコストがかかりません。

求人広告のような先行投資型の商材の場合、採用できるかどうかわからない可能性があります。

一方ダイレクトリクルーティングは、応募課金、採用課金制のサービスもあり、何かしらの成果に対して費用が発生するため、コストの削減につながります。(掲載課金型のサービスもあるので事前にご確認ください。)

採用単価を抑えることができる

人材紹介サービスを活用した場合、年収の30%~35%以上の費用が必要となります。

ダイレクトリクルーティングを活用すると、人材紹介でしか出会えないような優秀な人材の採用を低コストで採用することも可能となり、採用単価を抑えることができます。

採用のノウハウを蓄積することができる

ターゲットに対してのアプローチを続けることにより、自社ターゲットの志向性、配信時間帯、返信率の高いメールコンテンツの作成など、ノウハウを蓄積することが可能です。

2-2.中途ダイレクトリクルーティングのデメリット

工数がかかる

待っていれば応募が来る求人広告とは異なり、ダイレクトリクルーティングは、企業側から求職者に向けてアクションをかける必要性があります。

そのため、一人で複数の業務をおこなっている採用担当者の場合、効果を得られるまで時間がかかる可能性もあります。

テクニックが必要

複数のターゲット人材に対し、同じような文面でスカウトメールを配信しても、求職者からの返信は期待できません。

一人ひとりの求職者に対し、文面をカスタマイズし、特別感を出す文章を作成していきましょう。

返信率を高めるためには、一定のテクニックが必要なので、慣れるまでには少し時間がかかるかもしれません。

【無料ダウンロード】スカウトメール文面テクニック事例集

スカウトメール文面でお困りではないでしょうか。本資料はスカウトメールの効果の良かった時間から、文面の事例集のダウンロードが可能です。

  • 効果の良い時間帯を解説
  • 効果の良い文面事例をご紹介

採用までに時間がかかる可能性もある

工数をかけてメールを配信したとしても、すぐにメールの返信があるとは限りません。

ダイレクトリクルーティングの求職者には顕在層も多く、工数もかかるため、時間がかかるケースがあります。

直近の採用を検討する場合には、アクティブユーザーを絞るなどの工夫が必要です。

3 .中途ダイレクトリクルーティングと求人広告・人材紹介との比較

中途ダイレクトリクルーティングサービスとその他採用ツールとの比較を表にまとめました。

  ダイレクトリクルーティング 転職フェア 求人媒体 人材紹介
料金 30~180万円 30~180万円 20~180万円 年収の30%以上
料金形態 成果報酬型
先行投資型
先行投資型 先行投資型 成果報酬型
採用ターゲットに出会える可能性 ★★★ ★★ ★★★
採用成功可能性 ★★ ★★ ★★
採用にかかる時間 ★★ ★★ ★★
サービス開始までのスピード ★★★ ★★ ★★

 

4.中途ダイレクトリクルーティングの始め方

4-1.自社に合ったダイレクトリクルーティングサービスを選択

中途ダイレクトリクルーティングサービスといっても、複数のツールがあります。

ITエンジニア採用に特化したもの、プロフェッショナル人材に特化をしたものなど、さまざまです。自社にあったサービスの選定をおこないましょう。

【選ぶ際のポイント】
①自社の採用ターゲットに合ったダイレクトリクルーティングを選択
職種、スキル、年齢など自社のターゲットを予め定めた上でツール選定をしましょう。

②料金体系をチェック
成果報酬型のサービスだけでなく、スカウトメールの配信通数などに応じて料金が発生するサービスもあります。また、成果報酬の場合でも、応募課金か採用課金などもチェックしておいた方がよいでしょう。

③初期導入費を確認
初期導入費がかかるサービスとそうではないものがあります。料金体系がサービスにより異なるので、しっかり確認した上で導入を検討しましょう。

4-2.ターゲット人数の確認

活用するツール(ダイレクトリクルーティングサービスサイト)が決まったら、ターゲット人数を確認しましょう。

配信人数によって今後の配信スケジュールを決めていきましょう。

4-3.ターゲットに対してメールを送る

ここからが本番です。確認したターゲットに対し、メールを配信し、自社に興味を持ってもらいます。

優秀な方の場合、多くの企業からのメールを受け取っている可能性がありますので、自社に興味を持ってもらうためのメール文面の作成が必要です。

【ワンポイントアドバイス!】
ターゲットに対し、一括で同じ文面を配信しても返信は見込めません。 可能であれば、1人ひとりの履歴書をしっかり読み込み、なぜ自社に来てほしいと思ったのかを考え思いを込めた文面を作成することをおすすめします。工数はかかりますが、返信率は各段に上がります。

4-4.ターゲットからの返信には即返信

ターゲットから返信が来たら、クイックレスポンスを心がけましょう。優秀なターゲットには必ず複数の会社からアプローチメールが送られています。

せっかくのチャンスを逃さないためにも、返信には即返信、遅くとも当日中の返信を心がけるようにしましょう。選考移行率、内定率を上げることに繋がります。

5.中途ダイレクトリクルーティングおすすめ4社の比較

おすすめのダイレクトリクルーティングサービスをご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

doda Recruiters|国内最大級のデータベース

doda Recruitersの詳細はこちら

【特徴】

  • 募集職種は無制限、かつ成功報酬金額も無いため、複数人採用した場合は1人あたりの採用コストをおさえることが可能。
  • 採用の専門家による無料講座が年間100回開かれており、スカウトメールやダイレクトリクルーティングの経験がなくても、安心して採用活動ができる。
  • 登録者の行動履歴から転職希望度がわかる機能や、多様な条件での絞り込み検索が可能なため、採用の確度を上げることができる。
サービス名doda  Recruiters
運営会社パーソルキャリア株式会社
URLhttps://www.saiyo-doda.jp/service/recruiters

Green|IT人材の採用に強い

Greenの詳細はこちら

【特徴】

  • 成功報酬型で永年利用可能(更新料なし)であるため、良い人材が見つかるまで採用活動を続けることが可能!
  • 豊富な登録者データベースから自社が求める人材を検索でき、求職者に対して無制限に直接アプローチをすること(ダイレクトリクルーティング)が可能。
  • 掲載求人数に制限はなく、いつでも掲載情報を編集したり新たな求人を追加したりすることができる。
サービス名Green
運営会社株式会社アトラエ
URLhttps://www2.green-japan.com/client

SCOPE|エンジニアなどの技術職・専門職に特化

SCOPEの詳細はこちら

  • エンジニアなどの技術職・専門職に特化したダイレクトリクルーティングサービス。
  • 企業が「解決したい課題」や「実現したい未来」を公開し、それに共感した人材を採用できる。
  • 400以上の専門サイトから集客をしているため、他にはない高付加価値人材を採用することが可能。
サービス名SCOPE
運営会社アスタミューゼ株式会社
URLhttps://career-scope.jp/company

キャリオク|応募課金型のダイレクトリクルーティングサービス

キャリオクの詳細はこちら

  • 求職者が入力し、オークションにだした「キャリアシート」を「入札」するという独自のサービス。より能力が高く、自社にマッチした人材を採用することができる。
  • オークションに参加していない求職者へ面談依頼をだすことも可能。
  • 応募課金型の料金体系であるため、採用が成功した際の費用は一切なし。
サービス名キャリオク
運営会社SBヒューマンキャピタル株式会社
URLhttps://kyarioku.jp/saiyo/

6.中途ダイレクトリクルーティングおすすめ4社比較表

会員数189万人非公開非公開24万人
料金形態先行投資型成果報酬型応募課金型応募課金型
(その他プランも有)
職種・
業種
すべての職種を網羅IT/web業界に特化エンジニアなどの専門職に特化営業・サービス業
初期費用ありありなしなし
メール配信通数通数制限あり
(プランにより異なる)
無制限無制限無制限


まずは社内で比較検討したい!
お問合せの前にまずは資料をみて
比較検討したいという企業様には一括資料請求が便利です。
資料を一括請求する

7.最後に

いかがでしたでしょうか。

中途採用を取り巻く環境も日々変化しています。その中で、最適な手法を常にアップロードし、求職者の活用しているツールと企業の活用ツールのチューニングをおこなっていくことが大切です。

本記事が貴社の採用成功に少しでもお役に立てば幸いです。

【中途採用向け】ダイレクトリクルーティングを始めるかお悩みの方へ

「ダイレクトリクルーティングサービスを比較して、効果の高そうなものを利用したい」というご要望にお応えし、採用方法の選び方やサービス比較をした資料を無料で配布しております。

  • ダイレクトレイクルーティングのポイントやメリットデメリットを解説
  • 診断表を使って自社の最適な採用方法を選択できる
  • スカウトメール運用のHow toをレクチャー

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!