株式会社ワークスアプリケーションズ、「WOMAN’S VALUE AWARD 2019」“優秀賞”を受賞 |HR NOTE

株式会社ワークスアプリケーションズ、「WOMAN’S VALUE AWARD 2019」“優秀賞”を受賞| HRNOTE

株式会社ワークスアプリケーションズ、「WOMAN’S VALUE AWARD 2019」“優秀賞”を受賞

2月3日、株式会社ワークスアプリケーションズは、「WOMAN’S VALUE AWARD 2019」に選出され”ICT部門 優秀賞”を受賞しました。

\HR NOTEが提供する無料ウェビナーの視聴予約を絶賛受付中!/

WOMAN’S VALUE AWARD 2019とは?

WOMAN’S VALUE AWARD 2019では、真の意味での「女性活躍」「女性の価値」を見出す取り組みを約一万人の学生の投票により上位企業が表彰されます。

「女性活躍」に対する答えは一通りではなく、女性のためだけに特別に何かするということが必ずしも女性の価値を見出しているとは限りません。

女性と男性が共存できる社会にするために、企業がその意味を考え、行動するきっかけとなることを目的に開催されています。

株式会社ワークスアプリケーションズの取り組み

IT業界では女性が活躍し難いと言われ、他の業界に比べ女性の活躍推進が遅れています。

その問題解決にワークスは長年取り組んできたため、同社の「女性社員比率」「女性管理職比率」実績は、IT業界の平均値よりも高い数字になっています。

同社では、性別に関係なく社員全員が活躍できる環境を構築していきたいと考えています。

そのための足掛かりとして、女性社員が“働くことを楽しめる”理想の制度を目指して設計した「ワークスミルククラブ(独自の産休・育休制度)」「乳がん検診(全額会社負担)」という制度を運営してきました。

ワークスミルククラブ(独自の産休・育休制度)

ワークスミルククラブは、社員が集まって「いかに子供と付き合い・迎える制度にするか」という点を重要視し、ママ社員が”働くことを楽しめる”理想の制度を目指して、内容や運用方法を設計されました。

妊娠判明後から休暇を取得できるなど、妊娠判明時点から出産後、子供が小学校を卒業するまでの約12年間に渡り、段階的なサポートをおこなっています。

制度内容
  • 報酬(理論年俸)15%の職場復帰特別ボーナスの支給
  • 妊娠判明時から取得可能な産前産後休業
  • 子どもが3歳到達後の最初4月末まで延長可能な育児休業
  • 子どもが小学校を卒業するまで選択できる短時間勤務制
  • 子どもの病気やケガの看護が必要な場合の特別休暇
  • など

乳がん検診(全額会社負担)

乳がんは、11人に1人が発症する言われています。

女性のがんの罹患率の中では、乳がんが第一位ですが、早期に発見できれば、治せる病気とも言えます。

ワークスアプリケーションズでは、安心して健康に働ける会社を目指し、全ての女性社員の乳がん検診費用を会社が全額負担しています。

ワークスアプリケーションズのミッション
(人事総務担当 執行役員 矢下茂雄のコメント)

この度は”ICT部門 優秀賞”に選定いただきましてありがとうございました。

ワークスは女性を特別優遇している訳ではなく、性別・国籍・年齢等の垣根を作らず公平であることを目指していますので、様々な分野で平等な機会と活躍できる環境を提供していきます。

しかしながら、女性はライフイベントにより、やり続けたい思いがあっても困難な現状がありますので、ワークスはそこにスポットを当てて、女性に寄り添った制度を実行しています。

制度を整えることにより、悩んだ時に寄り添える体制作りをおこない、女性が長期的に活躍できるステージを提供しています。

現在においても、性別・国籍・年功序列が根強い社会の中で、ワークスが先陣を切ることにより社会全体が動いてくれることも望んでいます。

今後も更なる高みを目指し、様々な課題解決をしていける体制作りを強化していきたいと思います。

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある