チームコミュニケーション解析「We.」 開発のLaboratikが総額2.1億円のPre-Series Aラウンド資金調達を実施 |HR NOTE

チームコミュニケーション解析「We.」 開発のLaboratikが総額2.1億円のPre-Series Aラウンド資金調達を実施| HRNOTE

チームコミュニケーション解析「We.」 開発のLaboratikが総額2.1億円のPre-Series Aラウンド資金調達を実施

自然言語処理を通じて組織やチームのエンゲージメントをリアルタイム解析するプロダクト・サービス開発を手掛けるLaboratik(読み:ラボラティック、所在地:東京都品川区、代表取締役社長:三浦 豊史、以下Laboratik)が、Archetype Ventures、DEEPCORE、みずほキャピタル、エルテスキャピタル、世界的なクリエイティブ集団PARTY、オーストラリア拠点のArtesianから、総額2.1億円の資金調達を実施しました。

概要

Archetype Ventures、みずほキャピタル、エルテスキャピタル、及びArtesianは前回ラウンドから引き続いてのフォローオン、そしてDEEPCOREとPARTYは新規参加となります。

併せて、新たにDirector of TechnologyとしてAIプロダクト開発の株式会社Cinnamon創業者の一人である堀田創氏が、そして開発・ビジネスアドバイザーとして、People Analyticsの提唱者の一人で、米Humanyze創業者兼MIT Media Lab客員研究員のBen Waber氏が就任しました。

テクノロジーを活用することで人事領域の業務改善を行うソリューションであるHR Techの役割が重要視されている中、Laboratikはこの分野における社会課題解決の一助となるソリューションの提供を目指しています。

調達した資金をもとに、さらなる事業拡大に向けて、海外も含めた開発・営業体制の強化を図ります。さらに、一部の投資家とは、今後、事業・業務上で協力し、国内外市場での協業も行っていく予定だそうです。

「We.」について

ビジネスチャットやウェブ会議の浸透によってリモートワークが容易にできる時代になり、ワークスタイルの自由度は日に日に高まっています。

その一方で、チームメンバー間の働く場所や時間の同期性が喪失しつつあり、チームを理解するためのマネジメント手法にも大きなアップデートが必要となっています。

Laboratikが開発する「We.」は、自然言語処理を介してチャット中のやり取りを解析し、チームのエンゲージメント(会話量や関与度)を自動で見える化するサービスです。

チャットデータ解析に基づいて、社内のコミュニケーション状況や問題点を可視化し、改善のヒントを提供します。

現在β版で提供中ですが、現在までに、有料課金含め既に約40社が導入し、数千人規模のユーザーが活用しています。

Laboratikは、We.を提供することで、テクノロジーを通じて働き方やマネジメント手法をアップデートし、それぞれが自律的に働けるようなチーム作りをサポートしています。

We.でわかること:​チームのコミュニケーション状況・関係性

チャットコミュニケーションを解析したデータを、以下のようなビジュアライゼーションを提供します。

We.を導入するには?

ご利用人数にあわせて3つのプランを用意しております。プランを選択してご契約頂いたあと、利用メンバー
や組織構造をご登録頂き、利用開始となります。

<Laboratik株式会社について>

ミッション:「働くを進化させる」
業務:自然言語処理技術を通じて、社内のチャット会話から組織内の関係性や感情などのエンゲージメントをリアルタイム解析する「We.」の開発・提供、及び組織コンサルティング
URL:https://laboratik.com/

<投資家概要>

■Archetype Ventures
所在地:東京都港区麻布十番 2-8-10
代表者:代表取締役社長 福井 俊平

■株式会社ディープコア
所在地:東京都文京区本郷 4-1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル 3F, 4F
代表者:代表取締役社長 仁木 勝雅

■株式会社エルテスキャピタル
所在地:東京都千代田区霞が関 3-2-5
代表者:代表取締役 菅原 貴広

■みずほキャピタル株式会社
所在地:東京都千代田区内幸町 1-2-1
代表者:代表取締役社長 大町 祐輔

■PARTY
所在地:東京都渋谷区猿楽町 28-10 モードコスモスビル 3F
代表者:Chief Creative Officer/Founder 伊藤直樹

■Artesian
所在地:Studio 4, 281 Brunswick Street, Fitzroy, VIC 3065 Australia
代表者:Managing Director Jeremy Colless

<本件に関するお問い合わせ先>
企業名:Laboratik株式会社
担当:Laboratik株式会社 コーポレートコミュニケーション
E-mail: info@laboratik.com
 

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げた

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!