【書籍紹介】組織の未来は「従業員体験」で変わる――人手不足の時代にエンゲージメントを高める方法 |HR NOTE

【書籍紹介】組織の未来は「従業員体験」で変わる――人手不足の時代にエンゲージメントを高める方法| HRNOTE

【書籍紹介】組織の未来は「従業員体験」で変わる――人手不足の時代にエンゲージメントを高める方法

いま、多くの日本企業が人材確保に苦しんでいます。人手不足である現代において、人が辞めない会社・採れる会社は何が違うのでしょうか?

働く人たちに選ばれる職場をつくるための鍵として、世界的に注目される「従業員体験(Employee Experience)」の高め方について、株式会社NEWONE代表の上林氏とグロービス経営大学院講師の松林氏がわかりやすく解説。企業規模や業種を問わず使える施策・ツールの紹介や、職場内での対話のヒントが満載の一冊です。

本書籍の詳細はこちらよりご確認いただけますと幸いです。

書籍紹介

概要
  • 書名:『組織の未来は「従業員体験」で変わる――人手不足の時代にエンゲージメントを高める方法』
  • 発売日:2024年6月22日
  • 価格:1,980円(税込)
  • 出版社:英治出版

目次

第1章 従業員体験が組織を変える
第2章 期待値を合わせる――この会社ではどんな体験ができるのか
第3章 個別化して考える――内的ダイバーシティをどう活かすか
第4章 時間軸を意識する――組織で働くという「旅」をどう演出するか
第5章 EXデザインの実践事例と応用のヒント
第6章 「参加できる組織」の時代

筆者プロフィール

上林周平|株式会社 NEWONE 代表取締役社長

大阪大学人間科学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。2002年、(株)シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者として、プログラム開発に従事。新人~経営層までファシリテーターを実施。2015年、代表取締役に就任。2017年9月、エンゲージメント向上支援を目的に株式会社NEWONEを設立。著書に『人的資本の活かしかた――組織を変えるリーダーの教科書』(アスコム)、共著書に『辞めません。でも、頑張りません。』(中経出版)がある。

松林博文|グロービス経営大学院講師、MIRACREATION株式会社取締役

海外営業を経てミシガン大学MBA修了後、ジョンソンで中長期戦略立案、マーケティングを担当。エンゲージメント向上、個の創造性発揮、次世代型組織デザイン開発をライフワークとする。 著書、共著書に『組織の未来はエンゲージメントで決まる』(英治出版)、『[実況]マーケティング教室』(PHP研究所)、『クリエイティブ・シンキング』『グロービスMBAマーケティング』(以上、ダイヤモンド社)、『MBA経営キーコンセプト』(産能大学出版部)、『ビジネスに出る英単語』(講談社)、翻訳書にアンジャン・V.セイカー『バリュー・クリエーター』、ジェリー・ワイズマン『パワー・プレゼンテーション』(ダイヤモンド社)などがある。趣味はサーフィン&自然派ワイン&トロピカルアート。

--------------------

\7月26日(金)開催!豪華ゲスト登壇!/
今こそ知っておきたい「人事データ活用」の具体的なノウハウをご紹介!

組織改善に必要な人事データを収集・活用して組織変革を促す「HRDX(人事DX)」。しかし、多くの企業が「具体的にどうやって人事データを活用していけば良いかわからない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?

今回のHRDX CAMPでは、人事データ活用に関する有識者3名をお招きし、人事データ活用の具体的な方法や実践事例を解説します。無料で視聴できますので、この機会にぜひご参加ください。

【こんな方におすすめ!】

  • 人事データ活用が重要だとは思っているが、具体的な進め方のイメージができない
  • 既に人事システムを導入はしているが、使いこなせていないように感じている
  • 「戦略人事」や「ピープルアナリティクス」といった内容に興味がある