Wantedly 利用企業へ向け、リーズナブルにサービスを利用できる 従業員特典サービス「Wantedly Perk」β 版を無償提供開始 |HR NOTE

Wantedly 利用企業へ向け、リーズナブルにサービスを利用できる 従業員特典サービス「Wantedly Perk」β 版を無償提供開始| HRNOTE

Wantedly 利用企業へ向け、リーズナブルにサービスを利用できる 従業員特典サービス「Wantedly Perk」β 版を無償提供開始


ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社が、Wantedly 利用企業の従業員の定着、活躍をサポートすることを目的としたエンゲージメント事業を開始するそうです。

それに伴い、エンゲージメント事業の皮切りとして、従業員が様々なサービスをリーズナブルに利用できる従業員特典サービス「Wantedly Perk」のβ 版をWantedly 利用企業へ無償にて提供が開始されます。

また、Wantedly Perk へのサービス掲載パートナー(以下、パートナー)を掲載費無料で募集が開始されました。

Wantedly Perk β 版について

Wantedly Perk とは、Wantedly 有料プラン利用企業に所属する従業員及びその家族(LGBT や事実婚などのパートナーも含みます)が、さまざまなサービスを安価に利用することを実現する従業員特典サービスです。

パートナーは無料でWantedly Perk へサービスを掲載することができます※1。以下のフォームより申し込む
ことでパートナーとしてエントリーすることが可能です※2。

Wantedly Perk へのサービス掲載お問い合わせ:https://forms.gle/K4xqMDjtgspHbvND6

※1 Wantedly Perk 経由のサービス利用ごとにサービス利用者へのディスカウント等の特典を提供していただきます。
※2 エントリー後には掲載可否の審査及び、掲載に向けたプロセスがございます。

Wantedly Perk|従業員の利用方法について

Wantedly アカウントを持っていてWantedly 上で企業に所属している従業員は、Wantedly Perk(https://perk.wantedly.com/) へアクセスすれば利用可能です。

Wantedly アカウントを持っていない、またはWantedly 上で企業へ所属していない従業員は、所属企業のWantedly 会社アカウント管理者から招待されることで利用できます。

従業員の家族(LGBT や事実婚などのパートナーも含みます)も、従業員のアカウントよりWantedly Perkを利用できます。

Wantedly 利用企業管理者の利用方法について

Wantedly 有料プラン利用企業の管理者は、従業員へ無償でWantedly Perk を提供することができます。

また企業の状況に応じて、従業員に対してWantedly Perk を提供するか否かを選択できます。管理者のご利用法は以下の管理者向けページよりご確認ください。

■ Wantedly 管理者向けページ:https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/210257
※尚、β 版提供開始タイミングではWantedly Perk は「提供あり」となっておりますのでご留意ください。 

2021 年9 月1 日以降に予定しているWantedly Perk 正式版リリース後においては、利用する従業員のアカウント数が一定数を超えた際、アカウント数に応じて従量課金される料金体系が取られます。

料金体系の詳細は、Wantedly 管理者様向けページに記載されます。提供が開始されたβ版は、「Wantedly Perk」リリース記念として、人数に制限なく無料で利用することが可能です。

※「Wantedly Perk」β 版は予告なく仕様変更を行う可能性がございます。

エンゲージメント事業開始の背景と今後の展望

ウォンテッドリーは『シゴトでココロオドルひとをふやす』ためにビジネスSNS「Wantedly」を運営し、共感を軸にした人と会社の出会いを創出し続け、個人ユーザー220 万人、利用企業は34,000 社にのぼりました。

「エントリーから採用」という範囲に限定して捉えられていた採用領域が「エントリー前の企業認知獲得から、入社後の従業員の定着、活躍」まで拡大している現状を受け、2019 年初頭より「リクルートメント・マーケティング」と題し、今の時代に対応するための採用フレームワークの啓蒙活動を行ってきました。

そして、これまで採用までをサポートしてきたウォンテッドリーはこの度、採用後においても『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、入社後の従業員の定着、活躍をサポートするエンゲージメント事業を開始致しました。

「シゴトでココロオドル」状態、それは没頭することにより成果を出し、成果によって継続的に成長を実感できる状態であり、没頭のためには、自律、共感、挑戦の3 要素が必要と考えております。

ウォンテッドリーはその中でもまずは「共感」に着目し、会社訪問アプリ「Wantedly Visit」により共感を軸にした人と会社の出会いを創出してきました。

従業員特典サービス「Wantedly Perk」を通じて、「シゴトへの挑戦を可能にする為の学習や環境を提供するサービス」をリーズナブルに提供することで、シゴトへの「挑戦」をサポートできればと考えております。

今後もウォンテッドリーは『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、企業の認知形成、共感を軸とした人と企業の出会いの創出に加え、入社後の従業員の定着、活躍をサポートするエンゲージメント事業を推進することで、Wantedly が「はたらくすべての人のインフラ」となるような世界を目指してまいります。

ウォンテッドリーについて

ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。

2012 年2 月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数34,000 社、個人ユーザー数220 万人を突破し、国境を越えて『はたらくすべての人のインフラ』を創っていきます。

<会社概要>
会社名 : ウォンテッドリー株式会社
URL : https://www.wantedly.com
本社所在地 : 東京都港区白金台5-12-7 MG 白金台ビル4F
代表取締役 : 仲 暁子
設立 : 2010 年9 月
事業概要 :
220 万人以上が利用するビジネスSNS「Wantedly
– 会社訪問アプリ「Wantedly Visit」
– つながり管理アプリ「Wantedly People」

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!