【新規学卒就職者の離職状況を公表】就職後3年以内の離職率は増加傾向|厚生労働省 |HR NOTE

【新規学卒就職者の離職状況を公表】就職後3年以内の離職率は増加傾向|厚生労働省| HRNOTE

【新規学卒就職者の離職状況を公表】就職後3年以内の離職率は増加傾向|厚生労働省

10月22日、厚生労働省が新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況について取りまとめ、公表しました。

この発表によると、令和2年度における新規学卒就職者の離職率は、学歴別、卒業年別とも例年に比べ低下しました。

そしてその結果、新規学卒就職者(平成30年3月卒業者)の終業後3年以内の離職率は新規高卒就職者で約4割(36.9%)、新規大卒就職者で約3割(31.2%)となりました。

新規学卒者の就職後3年以内の離職率

事業所規模別でみても、就職後3年以内離職率は増加傾向に

高卒就職者、大卒就職者ともに「宿泊業・飲食サービス業」の3年以内離職率が最も高い結果に

※厚生労働省では、新卒応援ハローワークなどで、離職した学生生徒に対する相談・支援をおこなっています。
厚生労働省|新卒応援ハローワーク:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000132220.html

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!