【2023年3月第5週目】人事/HRに関するニュース&トピックスまとめ |HR NOTE

【2023年3月第5週目】人事/HRに関するニュース&トピックスまとめ| HRNOTE

【2023年3月第5週目】人事/HRに関するニュース&トピックスまとめ

いつもHR NOTEをご覧いただき、誠にありがとうございます。HR NOTE編集部です。

本日は3月第5週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックス計10本をまとめてご紹介します。ぜひ日々の業務にお役立てください。

1.調査リリースまとめ

01:2023年の従業員に求められているスキルとは?

  • 日本を含む世界41か国では77%の雇用主が人材不足を感じており、日本では2年ぶりに世界平均を上回り78%となった。
  • 日本で必要とされているテクニカルスキルは2022年の調査結果に続き、「人事関連のスキル」が最も多く、次いで「営業・マーケティングのスキル」(昨年3位)、「IT・データ関連のスキル」(昨年2位)であった。
  • 人材不足解消に向けた企業の対応策として、「より柔軟な選択肢を提供。働く時間帯(パートタイム、フレックス勤務)、働く場所(勤務エリア、ハイブリッドワーク、リモートワーク)」(56%)、「賃金の引き上げ」(42%)、「新たな人材プール(シニア人材など)に着目」(26%)などが挙げられた。
調査企業:マンパワーグループ株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000209.000009974.html

02:中途採用担当者約9割「直近1年で採用難度が高まった」と回答

  • 直近1年で、即戦力人材の採用難度は上がっていると感じますか?との問いに「全体的に上がっていると感じる」(53.3%)、「一部職種で上がっていると感じる」(34.9%)となり、合計88.2%が即戦力人材の採用の難度が高まったと回答。
  • スカウトを受け取った経験のある人のうち、86.6%の人がスカウトを受け取ったことをきっかけにその企業への興味・関心や転職意欲が高まった経験があった。
  • 誰からスカウトを受け取ると嬉しく感じるかについて、「経営者」(37.6%)、「事業部門責任者」(35.3%)、「人事責任者」(15.6%)という内訳となった。
調査企業:株式会社ビズリーチ
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000487.000034075.html

03:若手社員(34歳以下)のテレワークの実態とは

  • 「現在テレワークは実施されていますか?」との問いに、「基本的に職場に出社している」(67%)、「出社と在宅を組み合わせている」(19%)となり、テレワーク勤務をしている人は1割ほどに留まった。
  • テレワークの実施状況を地域別に比較すると、「基本的に職場に出社している」と回答した人は関東1都3県では58%であるのに対し、関西2府4県では78%と地域差が大きく出る結果となった。
  • 「今後の働き方としてテレワークは希望していますか? 」の問いでは、「出社と在宅を組み合わせたい」が最も多く65%、「完全な在宅・テレワークを希望している」(20%)、「在宅・テレワークは希望していない」(16%)という結果になり、中でも関東1都3県に住む人(70%)がテレワークを希望する人の割合が多かった。
調査企業:エン・ジャパン株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000630.000000725.html

04:24卒エンジニア志望学生、全体の8.3%が就職先決定(2023年2月時点)

  • 24年度卒のエンジニア採用動向調査によると、5社に1社が、昨年よりも採用開始時期を早めている一方で、2022年末時点の内定承諾は全体の8.3%未満であった。
  • エンジニア志望学生が企業選びで重視する軸は「給与」(57.7%)が最も多く、ついで「福利厚生」(40.4%)、「職場の雰囲気」(35.9%)と続いた。
  • 就職活動を始める際に困ったこととして、最も多く挙げられたのは「自分にマッチする企業の見分け方が分からない」(50.6%)であり、過去の調査でも同様の回答が多く寄せられ、自己分析や企業選びに苦戦している学生が多い。
調査企業:レバテック株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000546.000010591.html

05:保育士採用担当、約9割が「保育施設のPRが必要」と回答

  • 保育士の採用に向け行っていることとして、「自社ホームページの作成」(57.6%)が最も多く、「転職求人サイトの活用」(55.3%)、「ハローワークでの求人掲載」(41.2%)が続いた。
  • 保育士を採用するために、保育施設のPRを行っているかについて、「行っている」(66.2%)、「行っていない」(24.3%)となった。
  • 保育施設のPRが必要だと感じつつも行っていない理由では、「人員が割けない」(50.0%)が最も多く挙がり、他には「何をしたらいいかわからない」(27.7%)、「時間がない」(11.1%)などが挙げられた。
調査企業:株式会社 明日香
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000043389.html

06:企業の約8割が「システム開発・設計・導⼊」「DX推進」に向け業務委託を活用

  • 従業員数300名以上の企業を対象に勤め先の業務委託実態について調査すると、82.9%が、務委託を活用していることが明らかになった。
  • 業務委託を活用している場面は「システム設計・開発・導入」(48.7%)が最も多く、「DX推進」(31.2%)、「情報セキュリティ」(30.1%)と続いた。
  • 一方で業務委託を活用していない企業では「専門スキルを持った人材が見つからないから」(21.9%)、「業務の質の管理が難しいから」(21.9%)、「雇用契約よりもコストがかかるから」(15.6%)などの理由が挙げられた。
調査企業:株式会社Hajimari
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000144.000031819.html

07:デジタル給与払い「利用したくない」71%

  • 2023年4月から給与のデジタル払いが解禁されることについて、主婦・主夫層のうち、46.5%が「知っている」と回答。
  • 「銀行口座から現金を引き出す手数料が不要になる」(35.3%)、「銀行口座がなくても給与を受け取れる」(31.8%)などのメリットを感じている一方、「不正アクセスでデジタルマネーが盗まれるなどセキュリティが不安」(71.0%)、「決済アプリ業者などが破綻した際に給与が保証されるか心配」(52.4%)などのデメリットを感じている。
  • 給与払いを利用したいかとの問いでは、30代以下が16.4%と最も多く、次いで40代(11.8%)、50代(7.1%)となり、いずれも2割以下という結果であった。
調査企業:株式会社ビースタイル ホールディングス
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000807.000003176.html

2.企業取り組み事例まとめ

08:レクストホールディングス株式会社、中小企業で世界初の「ISO30414」認証を取得

  • レクストホールディングス株式会社は2023年3月17日、中小企業として世界で初めて人的資本の情報開示に関する国際的ガイドライン「ISO 30414」の認証を取得。
  • 取得の背景として、複線系キャリアパスの導入や社内公募制、毎年の人事異動アンケート、役員に対する360度評価、ダイバーシティ採用などの取り組みの実施が挙げられる。
取り組み企業:レクストホールディングス株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000119397.html

09:株式会社ニトリホールディングス、退職者(アルムナイ)との関係構築を開始

  • 株式会社ニトリホールディングスは株式会社ハッカズークが提供するアルムナイネットワークの構築を開始した。
  • ニトリグループでは「個人の成長が企業の成長に繋がる」という考えのもと、人的資本経営が注目される以前から社員の人材育成とキャリア形成に力を入れており、この取り組みを推進する目的でネットワーク構築に至った。
  • このネットワークを通じて優秀な人材の確保に繋げるだけでなく、アルムナイとの情報交換により新たな付加価値を提供するアイデアや機会を創出する場になることが期される。
取り組み企業:株式会社ハッカズーク
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000030026.html

3.サービスリリースまとめ

10:オンラインアシスタント「フジ子さん®」 、SNS採用に特化したサービスを順次展開予定

  • BPOテクノロジー株式会社はリデル株式会社と業務提携し、SNSに特化した採用業務代行(RPO)サービスを順次展開することを発表。
  • 企業側のSNSを活用した採用活動が増加している一方、SNS運用の知識やノウハウ、人的リソースなどの不足、リスクに対する懸念が影響し、SNS採用まで手が回せないなどの悩みを抱える企業の課題解決を目的としている。
取り組み企業:BPOテクノロジー株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000086224.html

今回は、3月第5週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスを計10本をご紹介しました。

次回は、4月第2週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスをご紹介します。

HR NOTE編集部による独自のリサーチとなります。この他に、2023年3月第5週にリリースされた人事/HRに関する各社のニュース&トピックスがございましたら、こちらまでご連絡いただけますと随時追加してまいります。

【HR NOTE編集部 問い合わせ窓口】
info_hrnote@jinjer.co.jp

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!