【2022年12月第4週目】人事/HRに関する各社のニュース&トピックスまとめ |HR NOTE

【2022年12月第4週目】人事/HRに関する各社のニュース&トピックスまとめ| HRNOTE

【2022年12月第4週目】人事/HRに関する各社のニュース&トピックスまとめ

いつもHR NOTEをご覧いただき、誠にありがとうございます。HR NOTE編集部です。

本日は12月第4週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックス計11本をまとめてご紹介します。ぜひ日々の業務にお役立てください。

1.調査リリースまとめ

01:20~30代フリーター、就職での悩み第1位は「面接での経歴説明が心配」70.1%

  • 株式会社ジェイックはアルバイト・パート及び未就業の20~30代を対象に就職に関するアンケートを実施
  • 「就職に関して相談したいこと」の問いでは、1位「面接での経歴説明が心配」(70.1%)、2位「会社の情報が知りたい」(61.6%)、3位「やりたい仕事が見つからない」(59.5%)という声があがった
  • フリーターや未就業者はアルバイトの経験が長いことや、社会と離れたブランクの期間の長さによって経歴に対する不安を抱えている
調査企業:株式会社ジェイック
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000173.000060461.html

02:「ウェルビーイングと健康経営」調査結果を公開|HR総研

  • ウェルビーイングの認知度は大企業では8割程、中小企業では約4割と、企業の規模で認知度が異なる結果に
  • 推進を行う企業は「社員のモチベーション・エンゲージメント向上」目的が7割
  • ウェルビーイングの推進意向は大企業が過半数を占めているが、中堅・中小企業では3割が「取り組む予定はない」と回答
調査企業:ProFuture株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000041222.html

03:人事のデジタル化に関する実態調査|デジタルHRサーベイ2022

  • 人事業務の自動化、人事データの活用、タレントマネジメントシステム活用、全てを実施している企業は22.2%(前回調査時6.9%)
  • デジタル化の推進が進められている一方で、デジタル化未実施の企業は28.6%
  • 業界関係なく、ほぼ全ての企業でタレントマネジメントシステムを導入、または導入の検討を考えている

調査企業:株式会社SmartHR

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000210.000015987.html

04:【リスキリング調査】83%が仕事に良い影響があったと回答

  • 回答者のうち2人に1人がリスキリングに取り組んだ結果ありと回答
  • リスキングに取り組んだことがある会社員の83%が良い影響があったと感じ、「仕事の幅が広がった」という意見が多く寄せられた
  • 取り組んでいない人の理由として最も多い意見が「時間的な余裕がない」
    調査企業:Adeco Group Japan
    出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000825.000001264.html

05:【転職】ミドル・シニア層(50歳以上)の転職動向とは

  • 近年の労働市場では、人材不足や年齢に囚われない個人の経験・能力が評価されるようになったことから、シニア・ミドル層の転職が増加傾向に
  • 業種、職種のどちらかを越える「越境転職」が増えており、中でも「異業種×同職種」の転職決定数が増加
  • 越境転職が増加した背景として、企業側は「異業種人材を採用したい」というニーズが、転職者側は「自身の専門性を活かして興味のある分野が業種にチャレンジしたい」傾向がある
調査企業:株式会社リクルート
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001827.000011414.html

06:「上司任せな1on1ミーティング」が行われている?|組織の1on1に関する調査レポート

  • 1on1を実施している組織は47.4%と約半数を占めているが、開催頻度が少ない企業が多く、32.0%は不定期で実施していることが明らかに
  • 1on1の実施により、部下との関係性の向上を感じたという声が挙がった一方で、効果があるのかわかりづらいといった悩みも挙げられている
  • 「会社に1on1をサポートする仕組みはあったか」という問いで“ある”と回答したのは26.8%であり、企業側のサポートの希薄さも考えられる
調査企業:株式会社ビズヒント
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000457.000034075.html

07:【中途採用】半数以上が採用人数目標達成ならず、「人事部の人手不足」が問題か

  • 中途採用にかかる費用は1人あたり「500万円以上」という回答は21.0%で最も多い結果に
  • 89%の企業で中途採用に注力する意向を占めているものの、採用担当者不足や採用者の定着率の低さが課題として挙げられている
調査企業:株式会社Hajimari
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000128.000031819.html

2.企業取り組み事例まとめ

08:株式会社テックピット、「法人向け リスキリング支援サービス カオスマップ 2022」を作成

  • 法人向けIT技術者リスキリング支援サービス「Techpit for Enterprise」ではリスキリング支援サービスをカテゴリーごとに分類した「法人向け リスキリング支援サービス カオスマップ 2022」を作成
  • カオスマップでは、これまでカテゴリー別にどのようなサービスが展開されているのかまとめられたものがなかった
  • このマップでは「スキルの可視化」「学習プログラム」「学習の伴走」「スキルの実践」などの項目に分けて作成されている
取り組み企業:株式会社テックピット
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000038182.html

09:TRUSTART株式会社、株式会社琉球銀行と業務効率化に向けて提携開始

  • 信託・相続・資産承継関連商品の業務効率化を目的に、TRUSTART株式会社と株式会社琉球銀行の提携が決まった
  • 不動産業務のアウトソースサービス「R.E.SEARTH」をオーダーメイドで琉球銀行仕様にカスタマイズし提供する方針
  • この提携をきっかけに、不動産業界でのDX化の推進を促したいと考えている
取り組み企業:TRUSTART株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000079172.html

3.サービスリリースまとめ

10:【新機能リリース】Offers、登録ユーザー同士の交流がおこなえる「質問募集機能」を追加

  • ITエンジニア・デザイナーの副業、転職サービス「Offers」では利用者が抱えるキャリアの悩みや質問が投稿できる「Offers Q&A機能」の中に「質問募集機能」を追加
  • この機能追加の目的は登録ユーザー同士の交流を活性化させること
  • 登録ユーザー以外にもSNSを通じて質問を募集することも可能
取り組み企業:株式会社overflow
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000053307.html

11:チームスピリット、働き方の充実を支援するオウンドメディアをリリース

  • 働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」シリーズから、人と企業の働き方の充実を応援するメディア「チームスピリットラボ」をリリース
  • 「人と企業の働き方の今」をコンセプトに、幅広いビジネスパーソン向けのオウンドメディアとなっている
  • リリースを記念して、23年1月には企業の枠を超えた生産性を考えるイベントの開催が予定されているほか、ウェルビーイングマネジメント実施企業や個人のストーリーの発信が予定されている
取り組み企業:株式会社チームスピリット
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000132.000021273.html

今回は、12月第4週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスを計11本をご紹介しました。

次回は、12月第5週、1月第1週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスをご紹介します。

HR NOTE編集部による独自のリサーチとなります。この他に、2022年12月第4週にリリースされた人事/HRに関する各社のニュース&トピックスがございましたら、こちらまでご連絡いただけますと随時追加してまいります。

【HR NOTE編集部 問い合わせ窓口】
info_hrnote@jinjer.co.jp

\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!