【2022年6月第4週】人事/HRに関する各社のニュース&トピックスまとめ |HR NOTE

【2022年6月第4週】人事/HRに関する各社のニュース&トピックスまとめ| HRNOTE

【2022年6月第4週】人事/HRに関する各社のニュース&トピックスまとめ

いつもHR NOTEをご覧いただき、誠にありがとうございます。HR NOTE編集部です。

本日は6月第4週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックス計15本をご紹介します。ぜひ日々の業務にお役立てください。

\【人事担当者様必見】豪華ゲストが多数登壇、大規模HRイベント開催/

1.調査リリースまとめ

01:中小企業の人事の約9割が「SDGs推進」を重要視。しかし、7割以上からは課題の声

  • 中小企業の人事、約9割が「SDGsへの取り組みの強化」を重要視
  • しかし、78.6%の人事が「自社のSDGs推進」に関して悩みあり
  • SDGsに関する悩み、「SDGsへの取り組みを社内外に表現するのが難しい」が73.9%で最多
調査企業:株式会社ウィナス
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000023855.html

02:プロ人材の約4割が現在の勤め先に不満を抱く。その理由とは

  • 「今後のキャリアアップ」の観点で、約4割が、現在の勤め先に不満
  • 不満の理由は、「今の仕事の内容が自分の望む今後のキャリアに繋がると思わない」が47.5%で最多
  • 36.9%のプロ人材が現在業務委託を検討中
調査企業:株式会社みらいワークス
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000138.000016557.html

03:新卒採用広告のメディアはSNS広告の効果が高い結果に。学生の興味・関心が集まるキーワードとは

  • 新卒採用広告を「見た」88.3%。広告が「気になる」学生は2年後期までに57.3%
  • 採用広告を見た/クリック・検索ともに「Instagram」がトップに。YouTube、Twitter、LINEが続く
  • 広告のキーワードは「インターン」「早期選考」に興味・関心が集まる

調査企業:株式会社インタツアー
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000058834.html

04:働く女性の62%が「自分に自信がない」と回答。自己肯定感が女性活躍推進のカギ

  • 女性で「自身がない人」は62%。男性より女性の方が「自身がない」結果に
  • 「自身があるもの」のトップは「あてはまるものはない」
  • 自身を持てれば幸福度もアップする結果に
    調査企業:エーザイ株式会社
    出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000069561.html

05:ハイブリッドワークになり7割以上がオフィス業務に変化を感じた。感じた変化とは?

  • ハイブリッドワークになり、7割以上がオフィスワークに変化を感じている
  • ポジティブな変化は「コミュニケーションがとりやすい」こと。しかし、以前よりも社員同士のコミュニケーションが不足していると感じている
  • ハイブリッドワークに合わせたオフィスに必要だと思うものは、「web会議用の個室スペース」「コミュニケーションが促進できるようなフリースペース」
調査企業:株式会社アーバンプラン
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000083983.html

06:約6割の企業が中途採用で、「特に20代を採用したい」と回答。

  • 中途採用において、特に採用したい年齢層は「20代(26~29歳)」が最多
  • 中途採用において、対象となる年齢層は「20代(26~29歳)」が92.3%で最多。次いで、「30代」85.3%
  • 20代を中途で採用する際に、「業種/職種経験」を求めない企業が7割に迫る
調査企業:株式会社学情
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000898.000013485.html

07:7割以上の企業が20代の中途採用は「難しい」と回答。20代中途採用に期待することとは

  • 20代中途採用を実施する理由は「欠員補充のため」が47.3%で最多。「通年採用を実施しているから」も3割超
  • 20代中途採用で期待することは「中長期的な戦力になること」が81.6%で最多
  • 20代中途採用は「難しい」と感じている企業が7割を超える
調査企業:株式会社学情
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000899.000013485.html

2.企業取り組み事例まとめ

08:株式会社プリンシプル、国内どこからでも働くことができる制度「どこでもワーク」を導入

  • 国内どこへ移住しても業務が可能に
  • 「どこでもワーク」により、クレドである「個人が会社に貢献し、会社は個人のWINの実現をサポートすることで、自分自身、家族、同僚、顧客、世界のWIN-WINを目指します」を推進
  • 出社によるコミュニケーションも大切と捉え、全社イベントを出社奨励日とし交通費を全額支給
調査企業:株式会社プリンシプル
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000057738.html

09:フルカイテン株式会社、事業拡大を見据え、オフィス移転と採用強化を図る

  • 今後の事業成長に合わせてさらなる組織の拡大と採用強化からオフィス移転に至る
  • 対面時のコミュニケーションをこれまで以上に社員の幸福度向上に繋げたいという意図が
  • 「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」などの職種の採用強化を図る
調査企業:フルカイテン株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000025713.html

10:株式会社Cheer、現役大学生を広報人材へ育成プロジェクト開始。充実のOJTと資格取得支援も

  • 広報などの企画職の人材不足を86%新規人材の採用で補っているにもかかわらず、広報などのスキルが身についていない新規人材が多いことが課題
  • プロジェクトはeラーニングによるノウハウ学習、オンラインによるワークショップなどで構成
  • 今回のプロジェクトで一定の評価を得た学生は「インターン推薦状」し、有給インターンとして受け入れる
調査企業:株式会社Cheer
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000071628.html

11:伊藤忠インタラクティブ株式会社、伊藤忠商事新卒内定者が考えるVRを活用した「次世代採用」プロジェクトを支援、始動

  • 2022年新卒内定者が企画した、「VR VENUE」を活用した次世代採用サービスの立ち上げを伴走、支援した
  • 内定者は班に分かれ、ワークショップ「イノベーション研修」を受講し、チームでのアイデア創出を進めた
  • 就活生が希望する社員とVR空間内でコミュニケーションできる座談会マッチングプラットフォームを開発
調査企業:伊藤忠インタラクティブ株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000011313.html

12:株式会社ニット、自分がやりたいと思っていたことを1か月だけ進めてみる企画「○○、はじめます」がスタート

  • 幸福度診断をもとに、メンバーがそれぞれ「○○しよう!」と決意したことを、チーム体制で実現していくプロジェクト
  • お互いの取り組みをシェア・共感しあうことで、チーム内が目標達成に向けたモチベーション維持に繋げることがゴール
  • 企画を通して、新しいことやチャレンジしてみたいこと、みんなで面白がって取り組める組織になることを願う
調査企業:株式会社ニット
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000394.000059127.html

3.サービスリリースまとめ

13:Globalization Partners、企業の人材発掘を支援するサービス「G-P Recruit」の日本提供を開始

  • 採用地域、業種、職務分野などの条件に合った人材を自動マッチング
  • 求人案件の発注、求人パートナー企業とのマッチング状況や候補者選定の進歩状況を確認することが可能
  • 人材の特定、雇用、入社、管理、退職手続きに至るまですべての人事プロセスを管理でき、法令順守の問題に悩まされることはなし
調査企業:Globalization Partners
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000097736.html

14:エンゲージメント経営プラットフォーム「TUNAG」が、「カスタムダッシュボード」の提供を開始

  • TUNAGの利用状況を、ご利用企業様ごとにカスタマイズしてデータ集計し、部署別・制度別の細かいアクション状況が把握できるなど、目的に応じて柔軟な設定が可能
  • 分析の質が高まることで、より組織の課題に沿った施策が管理者から打たれ、現場の本質的な不満や問題が解消
  • 企業ごとに分析指標を作成することができるため、組織状態の変化を検知しやすくなる
調査企業:株式会社スタメン
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000023589.html

15:株式会社STANDARD、DX推進部・人事部向けに、業界初のDX人材育成サービスとして「DX人財プランニング」を開発

  • 各企業に必要なDX人材を定義し、人財スキルのレベル設計や育成カリキュラムの策定を行う
  • 企業に伴走しながらカリキュラムを実行、育成した人材をビジネス面、技術面、マインド面の3つの観点で評価
  • 蓄積した育成データをもとに、DX人材のロールモデルの策定や、最適なDXそしきを作るための人事登用等で活用
調査企業:株式会社STANDARD
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000027996.html

今回は、6月第4週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスを計15本をご紹介しました。

次回は、7月第1週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスをご紹介します。

HR NOTE編集部による独自のリサーチとなります。この他に、2022年6月第4週にリリースされた人事/HRに関する各社のニュース&トピックスがございましたら、こちらまでご連絡いただけますと随時追加してまいります。

【HR NOTE編集部 問い合わせ窓口】
info_hrnote@jinjer.co.jp

 

\【人事担当者必見】豪華ゲストが多数登壇、大規模HRイベント開催/
国内外問わず、急成長を続ける企業の人事やアカデミックな専門家など、総勢約40名の豪華ゲストが集結!
2日間のみのオンライン開催となりますので、是非この機会をお見逃しなく!

    <セッション内容を一部ご紹介>

  • Netflixの成長を支えた人事戦略|同社の「型破り」な企業文化から日本企業が学ぶべきものとは?
  • 「伊藤レポート」で大きな反響を呼んだ、一橋大学の伊藤先生も登壇!
    人的資本の情報開示に向けて人事がすべき対応と戦略人事への活かし方
  • リクナビ、マイナビ、エン・ジャパン、DODAの4大編集長が全員集結!
    業界牽引メディアの編集長に聞く「イマの時代の採用戦略」と「これからの求人広告」

 など、HRの最新トレンドや皆様の業務に役立てるセッションが多数!
 参加費無料となりますので、お気軽に以下よりご応募ください!

 HR NOTEカンファレンス2022 URL:https://hrnote.jp/conference2022/

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!