パーソル総合研究所|コロナ禍前後ともにテレワーカーの方が残業時間は長い

株式会社パーソル総合研究所は、コロナ禍前後におけるテレワーカーと出社者に分けた残業時間の実態に関する調査結果データをまとめました。

コロナ禍前後の残業時間の比較

コロナ禍前後の平均残業時間を比較すると、全体で2.8時間減っていました。

一方で、テレワーカーでは3時間、出社者では2.6時間短くなっています。

テレワーカーの方が残業時間は長い傾向

コロナ禍の前も後も、テレワーカーの方が残業時間は長い傾向にあることが定量的に明らかとなりました。

ただし、テレワーカーも、コロナ禍前後で残業なしは19.6%から27.4%へと7.8ポイント増えてはいます。

※本調査における「テレワーカー」はモバイルワーク・在宅勤務・サテライト勤務のいずれかを週に1~5日実施している人、「出社者」は在宅勤務・モバイルワーク・サテライト勤務をまったく行っていない人となります(コロナ禍の前後で立場は変わらない)。

調査概要
[調査名称]
パーソル総合研究所 「コロナ禍における就業者の休暇実態に関する定量調査」
[調査目的]
コロナ禍における就業者の年次有給休暇取得及び休み(※)の過ごし方の変化実態を明らかにする
[調査期間]
2020年8月26日~8月31日
[調査手法]
調査会社モニターを用いたインターネット定量調査
[対象]
■共通条件
全国、正社員、20~59歳男女、企業規模10名以上
個別条件
①テレワーカー【n=1000】
週に1~5日間、モバイルワーク・在宅勤務・サテライト勤務のいずれかの実施者
②出社者【n=1000】
モバイルワーク・在宅勤務・サテライト勤務をまったく行っていない出社者
合計 n=2000
会社概要
[会社名]
株式会社パーソル総合研究所
[本社所在地]
東京都千代田区
[代表取締役社長]
渋谷和久
[問合せ]
株式会社パーソル総合研究所 広報室
TEL:03-6385-6888
FAX:03-6386-9161
MAIL:pr@persol.co.jp

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!