【24新卒】内定先の決め手は「社風や雰囲気」(28.5%)が最多/70.6%が「会社の雰囲気」を就活時に知りたい|株式会社プレシャスパートナーズ |HR NOTE

【24新卒】内定先の決め手は「社風や雰囲気」(28.5%)が最多/70.6%が「会社の雰囲気」を就活時に知りたい|株式会社プレシャスパートナーズ| HRNOTE

【24新卒】内定先の決め手は「社風や雰囲気」(28.5%)が最多/70.6%が「会社の雰囲気」を就活時に知りたい|株式会社プレシャスパートナーズ

採用コンサルティング事業を行う株式会社プレシャスパートナーズは、24年卒の大学生を対象に「就職活動に関する調査」を実施し、477名から回答を得ました。

調査結果 概要

  • 就職活動時に知りたい情報は「会社の雰囲気」(70.6%)が最多。次いで「経営者の考え方や人柄」(65.8%)。
  • 内定先の決め手は「社風や雰囲気」 (28.5%)が最多。

就職活動時に知りたい情報を尋ねたところ、「会社の雰囲気」(70.6%)が最多となり、次いで「経営者の考え方や人柄」(65.8%)、「給与などの待遇・福利厚生」(58.3%)となりました。

■内定先の決め手は28.5%が「社風や雰囲気」で最多

内定先の決め手を尋ねたところ、「社風や雰囲気」(28.5%)が最多となりました。次いで「成長できる環境である」(15.7%)、「事業内容・業務内容」(14.3%)となりました。

社風や雰囲気を重要視している学生が多く、企業のカルチャー発信をしていく必要があるといえます。

■総評

今回の調査では、就職活動時に知りたい情報は「会社の雰囲気」(70.6%)が最多となり、内定先の決め手は「社風や雰囲気」(28.5%)が最多となりました。

知りたい情報、決め手に”企業のカルチャー”が挙げられ、企業側は自社のカルチャーを発信する必要があると言えそうです。

また就職活動時に知りたい情報を尋ねた際に「経営者の考え方や人柄」(65.8%)が2番目に多い回答となっており、経営者が企業カルチャーを伝えるとより訴求力が高くなるでしょう。

【調査概要】

  • 調査名: 就職活動に関する調査
  • 調査期間:2023年1月30日~5月24日
  • 調査機関:自社調査
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:就職イベント「WinC Audition」に参加した学生
  • 有効回答数:477名

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

■調査結果の引用時のお願い

※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、出典元の表記をお願いします。
例:「プレシャスパートナーズの調査によると」「プレシャスパートナーズ調べ」など

■株式会社プレシャスパートナーズ 会社概要
  • 社名:株式会社プレシャスパートナーズ
  • 代表:代表取締役社長 CEO 髙﨑 誠司
  • 住所:〒163-0235 東京都新宿区西新宿2丁目6番地1号 新宿住友ビル35階
  • 設立:2008年4月
  • 事業内容:採用コンサルティング事業・求人広告事業・人財紹介事業・就職イベント事業
  • URL:https://www.p-partners.co.jp/

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!