JR東日本が2021年度の採用計画を変更、中途採用枠を100名減らす

JR東日本は2020年9月16日、2021年度の採用計画について当初の計画から100人程度減員すると公表しました。

同社では、「人物本位の採用をおこない、人材をじっくり育て、一人ひとりの能力をしっかりと開花させていきたい」という基本姿勢のもと、総合職とエリア職の採用コースを設け、役割や働き方の希望に応じた採用をおこなっています。

今回、経営環境の激変によって求められている事業全般の構造改革に対応するため、更なる効率的な体制を構築することを視野に入れて、2021年度の採用計画を変更したと発表しています。

変更前と変更後の詳細は以下の通りです。

【新卒採用・中途採用合計】
  <変更前> <変更後>
総合職 130名程度 120名程度
エリア職 1,270名程度 1,180名程度
合計 1,400名程度 1,300名程度

 

なお、採用内定者に対しては、採用計画の変更にともなう内定の取り消しはおこなわない予定です。

日本の基盤を支え、業界全体が安定しているインフラ業界の代表格のJR東日本が採用計画を変更することは、新型コロナウイルスが経済に深刻な影響を与えていることを物語っているのではないでしょうか。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!