イグナイトアイ、「新卒採用の振り返りに関するアンケート調査」の結果を公開

採用管理システム「SONAR ATS」などHRTechサービスを提供するThinkingsグループのイグナイトアイ株式会社は、新卒採用担当者を対象に「新卒採用の振り返りに関するアンケート調査」を2020年10月に実施し、調査レポートを公開しました。

調査概要
調査対象:新卒採用担当者
回答者数:168名
実施期間:2020年10月19日~2020年10月28日
実施方法: Googleフォームによるアンケート調査およびExcel調査票への回答

振り返りを実施している企業の約6割が「採用活動の振り返り」の内容と手順に不安を感じている

 自社の新卒採用に関して「採用活動の振り返り」を実施しているか聞いたところ、回答者の約9割(88.7%)が実施しており、約7割(66.7%)が振り返り資料を作成して実施していると回答しました。

また「採用活動の振り返りを実施している」と回答した人に、新卒採用の「採用活動の振り返り」の内容と手順についてどの程度自信があるか聞いたところ、「不安がある」「どちらかというと不安がある」の合計が約6割(61.1%)を占めました。

一方で「自信がある」は4.7%にとどまりました。

「採用活動の振り返り資料を作成して実施している」と回答した人(112人)に、振り返り資料の作成にどれくらいの時間を費やしているか質問したところ、約6割(58.0%)が「10時間以上」と回答しました。

多くの採用担当者が、自社の新卒採用の「採用活動の振り返り業務」の内容に不安を抱えたまま振り返りを実施している一方で、多くの時間を割いていることがわかります。

採用の振り返りで注目するポイントは「各選考フローの遷移率」「内定者の質」「エントリー学生(母集団)の質」

「採用活動の振り返りを実施している」と回答した人に、自社の新卒採用に関する「採用活動の振り返り」で最も注視していることのうち上位3つを選択してもらったところ、第1位の回答では「各選考フローの遷移率」(46人)が最も多く、次いで「内定者の質」(43人)となりました。

第2位の回答で多かった項目は「エントリー学生(母集団)の質」(30人)「各選考フローの遷移率」(25人)「内定辞退率」(22人)でした。第3位の回答で多かった項目は「媒体の費用対効果」(27人)「内定辞退率」(21人)「インターンシップの効果」(20人)でした。

順位を考慮せず、1位~3位まで選択された回答数を全て合計した場合、86人が「各選考フローの遷移率」を1位~3位までのいずれかに選択し、総回答数149人のうち約6割(57.7%)を占めました。次いで「内定者の質」69人(46.3%)「エントリー学生(母集団)の質」65人(43.6%)となりました。

「各選考フローの遷移率」を注視する回答が多かったものの、「内定者の質」「エントリー学生(母集団)の質」も同様に多く選択されました。

近年、複数の選考フローを用意する企業も増えるなど、選考フローは複雑になっており、それぞれの採用手法が効果的だったかを見定める指標として「各選考フローの遷移率」を重視する企業が多いと考えられます。

また、実際に内定した学生やエントリー学生が、自社の求める人材にどれだけマッチしていたかなど、人材の質を注視する企業が多いことがわかりました。

観点や手順が明確であっても、データ集計・分析・資料作成などに時間がかかる、改善点がある等の実務面での課題が存在。

「採用の振り返り業務の「課題」を具体的に教えてください。(自由記述回答)」の設問では、大きく以下のカテゴリに分けられる意見が集まりました。

振り返り業務の不安は、「実施している振り返り業務に対して、今のやり方で良いのか、効果的な内容になっているのかわからない(自信がない)」という振り返り業務そのものに関する課題と、「実際に行う作業に手間や時間がかかる、手順や内容の改善が必要」といった実務面の課題の二面性があると考えられます。

会社概要
会社名 : イグナイトアイ株式会社
代表者 : 吉田 崇
設立  : 2013年5月
所在地 : 東京都千代田区一番町4-6 一番町中央ビル2F
URL  : https://www.igniteeye.com/
事業内容: 新卒採用・中途採用向け採用管理システム事業、適性検査事業などのHRTechサービス、採用マーケティング事業

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!