外国人雇用の支援施設開所 入管庁

出入国在留管理庁は7月6日、外国人在留支援センター(FRESC)を東京都新宿区のJR四谷駅前に開所した。FRESCは外国人の活用を考える企業を支援するため、法務省、厚生労働省、外務省、経済産業省の関係する行政機関が一つの建物に集まり、連携して施策を実施する。

業務内容は留学生の国内就職や高度人材受入れ、地方への外国人の雇用促進に向けた支援など。企業だけでなく、地方公共団体からの相談も受け付ける。集まった行政機関は同庁在留支援課、東京出入国管理局、東京労働局外国人特別相談・支援室、東京外国人雇用サービスセンター(ハローワーク)など8つとなっている。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!