【Fringe81株式会社が社名変更】新会社名はUnipos株式会社に。新コーポレートミッションは「感情報酬を社会基盤に」

組織を変える行動を増やし組織課題を解決するHRテック事業として「ピアボーナス®︎Unipos」(以下、Unipos)を提供するFringe81株式会社が、10月1日より社名を「Unipos株式会社」に変更しました。

また、事業もUniposに完全一本化し、コーポレートミッションを新たに「感情報酬を社会基盤に」と制定しています。

「Unipos株式会社」へ社名変更の背景

Unipos株式会社では、組織や社会をより良い方向に前進させるための「よい行動」と、それに対して与えられる報酬を組み合わせて「感情報酬」と呼んでいます。

このたびの事業の一本化は、感情報酬を社会基盤とし、「本音の感情の交流により人の心が動き行動が生み出される世界」を実現していくための第一歩であるとのことです。

Uniposでは、これまで社員の行動や組織文化の構築、組織内の関係性、感情の交流といった「目に見えにくいもの」にスポットライトを当て組織を変えるという価値を提供してきました。

現在、社会はコロナ禍によるテレワークやハイブリッド勤務をきっかけに、今まで以上に社内で起こっていることが見えなくなり組織の分断が加速しています。

そのため「目に見えにくいもの」は企業にとって、働く人の心を充実させ、組織の一体感を生み、業績等の向上に重要な役割を担うものになりつつあります。

2017年に誕生した「Unipos」はこうした社会の変化を経て、導入社数540社以上、アカウント数8万を超えるサービスに成長しています。

社会の変化、そしてUniposを通じて出会った多くの導入企業様から学んだ「Uniposが生む感謝・称賛の文化は、良い行動の連鎖を起こし、自律的な組織風土をつくり、組織を変えることができる」という価値をより広く提供するため、Unipos株式会社は祖業であるインターネット広告事業から撤退することを決断しました。

社名も「Unipos株式会社」に変更することで、Uniposのサービス提供を唯一の事業とする企業としてリスタートしたということです。

Unipos株式会社が描くピアボーナス®の未来

現在、Uniposでは同じ社内で働く従業員同士が「貢献に対する称賛のメッセージ」と「少額のインセンティブ」を送り合う「ピアボーナス®」を提供しています。

Unipos株式会社が唱えている「感情報酬」はピアボーナス®を、組織の枠を飛び出して、お客様や外部の人・フリーランスや契約社員などすべての雇用形態といった「すべての人」との感情と報酬のやり取りを指しているとのことでした。

雇用形態に関係なく「組織を変えるような良い行動」をしている人はたくさんいます。

また、従業員のモチベーションを高めより質の高いサービスに繋がる感情はお客様からの感謝の声などにも存在しています。

良い行動に対する報酬をリアルタイムに発生させるピアボーナス®や感情報酬にはそのポテンシャルがあると確信しているということです。

新コーポレートミッション「感情報酬を社会基盤に」について

Unipos株式会社の新コーポレートミッション「感情報酬を社会基盤に」には、ピアボーナス®が発展した先にある「感情報酬」を社会実装して、社会の基盤とすることをこの会社の最上位の目標とする、という思いが込められています。

現段階では、Uniposが広める感情は感謝・称賛が多くなっているそうですが、組織や社会をより良い方向に前進させる行動を増やす感情は感謝・称賛に留まりません。

激励・共感・慰労、さらには「悔しさ」などの多種多様な感情を伝えることができるようになれば、より深い本音で対話ができるようになり、その範囲は社内に留まらず会社間や顧客にも広がっていきます。

組織や社会を、より良い方向に前進させるきっかけは、勇気ある小さな行動から始まるため、見逃されがちなそんな行動に報酬を加え、「本音の感情の交流により人の心が動き行動が生み出される世界」をつくるという挑戦のため、Unipos株式会社は新コーポレートミッション「感情報酬を社会基盤に」を制定しています。

代表取締役社長CEO・田中弦のご挨拶

コロナ禍をきっかけに表面化した組織の分断によって、組織文化・組織風土、個人の良い行動・思考、集団の関係性といった「目に見えない価値」の重要性が高まってきていると考えています。

私はUnipos導入企業様へのインタビューで「Uniposで組織を超えた行動が増え、組織力が向上し売上が前年より増えた」というエピソードを聞き感銘を受けました。

例えばとある百貨店では、Uniposを使ってお客様の声を、今まで声が届かなかった人たちへ感謝・称賛の言葉と共に送るようにしました。

結果として、お客様からの声やフィードバックを元にさらに良い接客を実現しようという従業員が増え、組織力が上がり、コロナ禍の難しい環境の中、前年比を越える売上を出されたというのです。

「良い行動」を発見し、シェアし、次の行動に繋げるという組織を動かす循環が組織力を上げていくのだということを実感しました。

私は社会人になって以来、常に社会に新しいサービスを実装し、社会基盤にし続ける会社を創ってきました。

Fringe81を創業してからは、インターネット広告、そしてインターネットメディアの社会実装に取り組みました。

そして2021年、新生Unipos社が始動します。

これは7年前に私が始めた当社独自の社内制度からスタートした、ユニークなサービスです。

ピアボーナス®を発展させた「感情報酬」を社会実装し、社会基盤とする挑戦に集中します。

感情報酬は全く新しい概念やサービスではありますが、導入企業の皆さまからの学びを通じて、必ずや社会や組織をより良いものとできると確信しました。

挑戦はまだ始まったばかりです。

この新しい、そして高い目標を達成するために、最高のサービスを創り上げて参ります。

【田中弦氏 プロフィール】

1999年にソフトバンク株式会社のインターネット部門採用第一期生としてインターネット産業に関わる。ブロードキャスト・コム(現Yahoo!動画)の立ち上げに参加。その後ネットイヤーグループ創業に参画。 2001年経営コンサルティング会社コーポレイトディレクションに入社。 2005年ネットエイジグループ(現UNITED)執行役員。モバイル広告代理店事業の立ち上げにかかわる。2005年Fringe81株式会社を創業、代表取締役に就任。2013年3月マネジメントバイアウトにより独立。2017年8月に東証マザーズへ上場を果たす。

ピアボーナス®︎で、働きかたを変える。Uniposについて

Uniposは従業員同士が「貢献に対する称賛×少額のインセンティブ」を送り合うピアボーナス®の仕組みを使って「組織を変える行動を増やす」webサービスです。多忙なマネジメント層も隙間時間に賞賛できる仕組みをつくることで、風通しの良い組織風土づくりや従業員エンゲージメント向上をサポートします。
https://unipos.me/ja/

Unipos株式会社について

「感情報酬を社会基盤に」をコーポレートミッションに掲げるUnipos株式会社は、組織を変える行動を増やし組織課題を解決するHRテック事業として「ピアボーナス®︎Unipos」の開発・販売を行なっています。

■Unipos最新導入事例が掲載された「Unipos BLOG」

https://blog.unipos.me/

■運営メディア「ONE TEAM Lab」~あなたの組織を、一歩前へ~

https://media.unipos.me/

会社概要

社名:Unipos株式会社(証券コード:6550)
所在地:東京都港区六本木3丁目2−1 住友不動産六本木グランドタワー 43階
代表取締役CEO:田中弦

<報道関係のお問い合わせ先>
Unipos株式会社 広報担当
E-mail:pr@unipos.me

<IRに関するお問い合わせ先>
Unipos株式会社IR 担当
E-mail:ir@unipos.co.jp

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!