クラウド型ワークフローシステムのメリット・デメリットを紹介 |HR NOTE

クラウド型ワークフローシステムのメリット・デメリットを紹介 |HR NOTE

クラウド型ワークフローシステムのメリット・デメリットを紹介

  • 労務
  • 労務・その他

クラウドシステムで考える男性

人事担当者の仕事の一つに「申請承認業務」があります。例えば、入社申請や異動申請、退社申請などの手続きは、一人の従業員だけでは進められません。上長や他の部署の従業員に申請書類を回覧しながら、承認を得る必要があります。そんな申請承認業務の効率化につながるのが、クラウド型ワークフローシステムです。

本記事では、クラウド型ワークフローシステムのメリット・デメリットを紹介します。

稟議の承認をもっとスムーズにしたいと感じていませんか?

「承認までの流れが遅い」「今誰が稟議を持っているのかがわからない」「承認のためだけに出社しなければいけない」
などのお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ワークフローをシステム化することで、以下のようなメリットがあります。
①リアルタイムでの承認・進捗状況が把握できる
②リモートワークなどどこにいても稟議対応ができる
③稟議の紛失リスクがない

ワークフローシステムが自社の課題解決につながるかどうかを知るためには、まずワークフローシステムが何かを知っておく必要があります。ワークフローシステムにご興味のある方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1. クラウド型ワークフローシステムとは?

申請書類にハンコを押す

そもそもワークフローとは、入社申請、異動申請、退社申請、稟議申請などの申請承認業務の流れを指す言葉です。申請承認業務には、申請者、承認者、管理者など、さまざまな人が関わります。申請承認業務の流れ(=ワークフロー)を定義し、誰が・いつ・何をすべきかを可視化することで、業務効率を高められます。

このワークフローの定義をクラウド上で行うのが、クラウド型ワークフローシステムと呼ばれるツールです。各種申請の承認フローをオンラインで共有し、時間や場所を問わず申請承認業務を行うことができます。

事前にシステム構築が必要なオンプレミス型のツールと違って、クラウド型のワークフローシステムは導入後すぐに運用開始できるのが魅力です。また、クラウド型ワークフローシステムには、オンプレミス型のツールにはない明確なメリットがあります。

2. クラウド型ワークフローシステムのメリット

デジタルの申請書類にサインする

クラウド型ワークフローシステムを導入するメリットは3つあります。

  • スマホやタブレットで申請承認を行える
  • イニシャルコストを抑制できる
  • 障害が発生しても運営会社に対応してもらえる

2-1. スマホやタブレットで申請承認を行える

クラウド型のワークフローシステムなら、スマホやタブレットなどのモバイル端末で申請承認を行うことが可能です。時間や場所を問わずにツールを利用できるため、

テレワークやリモートワークで働く人に向いています。

2-2. イニシャルコストを抑制できる

オンプレミス型ワークフローシステムと比較すると、クラウド型ワークフローシステムはイニシャルコストを抑えられるのが特徴です。オンプレミス型ワークフローシステムを導入する場合、専用サーバーなどの機器の設置費用や、ソフトウェアのライセンス費用、セキュリティ対策に必要な費用など、クラウド型よりも高額なイニシャルコストがかかります。なるべく初期投資を抑えてワークフローシステムを導入したい場合は、クラウド型の製品がおすすめです。

2-3. 障害が発生しても運営会社に対応してもらえる

また、オンプレミス型のワークフローシステムと違って、クラウド型の製品は自社で保守運用を行う必要がありません。そのため、保守担当者の人件費を削減できます。万が一、システムに障害が発生しても、運営会社が対応してくれるため、安心して利用することが可能です。

世の中には複数のワークフローシステムがありますが、本サイトではjinjer株式会社が提供する「ジンジャーワークフロー」をご紹介します。ワークフローシステムを導入する際に必ずセットになるのが「社員情報」です。どの組織に属している従業員がおこなう申請なのか、どの役職者にどのような順番で承認を得なければならないのか、といったようにワークフローと従業員情報は綿密に結びついています。組織改編や定期的な昇格などによって変更になった役職や所属組織を、社員名簿と照らし合わせながらワークフローシステムに反映していく、というご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ジンジャーワークフローは、人事情報を集約しているデータベースと連携させて使用するクラウドシステムとなっているため、人事データベース上の情報を修正するだけで他のシステムにも最新情報が連動される仕組みとなっています。本サイトでは、ジンジャーワークフローの詳細が1分でわかる資料を無料で配布していますので、気になる方はぜひこちらからダウンロードしてください。

3. クラウド型ワークフローシステムのデメリット

グッドとバッドの別れ道

クラウド型ワークフローシステムにはデメリットもあります。

  • ユーザー数が多いとランニングコストがかかる
  • 自社の業務システムと連携できない可能性がある

クラウド型のシステムが自社に合わないと感じたら、オンプレミス型のシステムの導入も検討しましょう。

3-1. ユーザー数が多いとランニングコストがかかる

クラウド型ワークフローシステムの料金形態は、ユーザー数に応じた月額料金制を採用しているケースがほとんどです。例えば、ユーザー1人当たりの月額料金が500円で、人事担当者10名でワークフローシステムを利用する場合、毎月のランニングコストが5,000円かかります。

そのため、利用するユーザー数が多い場合、オンプレミス型よりも総コストがかかる可能性があります。ただし、クラウド型ワークフローシステムは無料でアップデート(法改正への対応など)が行われるため、将来に渡って一律の料金で利用できるのが強みです。クラウド型とオンプレミス型でランニングコストを比較し、費用対効果が高い方を選びましょう。

3-2. 自社の業務システムと連携できない可能性がある

また、オンプレミス型のシステムからクラウド型のシステムへ移行する場合、既存の業務システムと互換性がなく、システム連携ができない可能性があります。クラウド型のシステムを導入する場合は、あらかじめ公式ホームページや問い合わせ資料に目を通し、既存のシステムや導入予定のシステムと互換性があるかどうかを確認することが大切です。

4. クラウド型ワークフローシステムの選び方

大きいパソコンでチェックする女性

クラウド型ワークフローシステムを選ぶときのポイントは以下のとおりです。

  • 画面デザインが見やすいツールを選ぶ
  • 申請漏れや承認漏れが起きにくいツールを選ぶ

初めてクラウド型ワークフローシステムを導入する場合は、なるべく画面が見やすく、使いやすいツールを選びましょう。申請漏れや承認漏れを通知する機能があるツールを選べば、申請承認業務のミスを減らせます。

4-1. 画面デザインが見やすいツールを選ぶ

クラウド型ワークフローシステムは、各種申請を行う機能や、申請業務ごとの承認ルートの設定、申請書類の作成や出力、公開範囲の設定など、さまざまな機能が用意されています。無料トライアルなどを利用して、まずは一つひとつの機能を実際に使ってみましょう。画面デザインが見づらいツールや、操作性が低いツールは、業務効率を大きく低下させます。また、従業員のITリテラシーによって、操作の習熟度に大きな差が出る可能性もあります。クラウド型ワークフローシステムを導入する場合は、シンプルで誰でも使いこなせそうなツールを選ぶことが大切です。

4-2. 申請漏れや承認漏れが起きにくいツールを選ぶ

従業員の申請漏れや、管理者による承認依頼の確認漏れが起きにくいツールを選ぶことも大切です。例えば、承認依頼をアラートで通知する「アラート機能」があるワークフローシステムなら、申請漏れや承認漏れを防止できます。

  • 申請者が行った申請をリアルタイムに通知する機能
  • 承認依頼を受け取ったらアラートで通知する機能
  • 未対応の承認依頼の残り件数を表示する機能

また、申請から承認までの流れをスムーズにして、ワークフローの歩留まりを削減することが可能です。

5. クラウド型ワークフローシステムの特徴を知り、申請承認業務の効率化を

業務スピードを上げる男性

クラウド型ワークフローシステムは、申請承認業務をオンラインで行うことができるツールです。オンプレミス型のツールと違って、「イニシャルコストが低い」「自社で障害対応を行う必要がない」といったメリットがあります。ただし、クラウド型ワークフローシステムはユーザー数に応じて月額料金が高くなるため、ランニングコストも含めて費用を見積もることが大切です。

クラウド型ワークフローシステムは、特にテレワークやリモートワークを導入している企業で欠かせないツールとなりつつあります。クラウド型ワークフローシステムでできることを知り、申請承認業務を効率化しましょう。

稟議の承認をもっとスムーズにしたいと感じていませんか?

「承認までの流れが遅い」「今誰が稟議を持っているのかがわからない」「承認のためだけに出社しなければいけない」
などのお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ワークフローをシステム化することで、以下のようなメリットがあります。
①リアルタイムでの承認・進捗状況が把握できる
②リモートワークなどどこにいても稟議対応ができる
③稟議の紛失リスクがない

ワークフローシステムが自社の課題解決につながるかどうかを知るためには、まずワークフローシステムが何かを知っておく必要があります。ワークフローシステムにご興味のある方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部
雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは、労働の対価として賃金を与えることを約束した契約のことです。本記事では、雇用契約の定義から、雇用契約書と労働条件通知書との違い、違反やトラブルを防いで雇用契約を締結するための注意点について解説します。労使トラ […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.27
HR NOTE 編集部
ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローに無駄がなければ、業務を効率的かつスムーズにおこなうことが可能です。本記事では、ワークフロー改善のポイントから、ワークフローシステムを見直すことによって効率化が図れる理由、ワークフローシステム導入のメリットま […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.26
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ