無料で利用できる経費精算システム10選を紹介!メリット・デメリットや選び方も解説 |HR NOTE

無料で利用できる経費精算システム10選を紹介!メリット・デメリットや選び方も解説 |HR NOTE

無料で利用できる経費精算システム10選を紹介!メリット・デメリットや選び方も解説

 

無料

経費精算システムのなかには、無料で利用できるものもあります。無料でも経費精算に必要な基本的な機能が備わっているため、業務効率化に役立てることが可能です。この記事では、無料で利用できる経費精算システムを紹介します。メリット・デメリットや選び方などについて解説するため、ぜひ参考にしてください。

\【人事担当者様必見!】豪華ゲスト多数登壇、大規模HRイベント /
大好評につき、今だけ見逃し配信受付中!

近年、急速に進むDXに対応するため、各企業でIT人材不足を解決することが不可欠となっています。しかし、IT人材を採用することは年々難しくなっているため、自社社員にIT教育をおこなう「リスキリング」に注目が集まっています。

中には、

  • リスキリングの重要性は理解しているが、具体的な取り組み方が分からない
  • 実業務が忙しく、リスキリングは後回しになっている

というような方も多いのではないでしょうか?

本セッションでは、「リスキリング」の基本的な考え方から、各企業の先進的な事例まで、専門家・行政・企業のそれぞれの視点から具体的なノウハウをご紹介します。

セッション視聴後、すぐに実践できる内容となっているので是非お申し込みください!

1.無料で利用できる経費精算システムとは

おすすめ
経費精算システムとは、経費精算の業務を一元管理して効率化するシステムです。導入を検討しているものの、いきなり料金を支払うのは不安だと感じている担当者もいるでしょう。使い勝手を試してから導入したいと考えている企業もあるはずです。

無料のシステムのなかには、ずっと無料で利用できるものと、利用範囲が一定期間や一部の機能に限られているものがあります。

2.経費精算システムを利用するメリットは3つ

3
経費精算システムを活用するとさまざまなメリットがあります。具体的なメリットについて解説します。

2-1.経費データを集約できる

経費精算システムを導入すれば、会社全体の経費データをまとめて管理できます。支店が全国各地にあっても、すべての支店のデータをシステム上で簡単に確認できます。データの管理を効率化でき、会社経営もスムーズになるでしょう。

2-2.作業の負担が減る

経費精算システムがあると、従業員が経費を申請する際に必要な作業の負担が少なくなります。経理による承認作業も効率化でき、業務がスムーズに進みます。社外からでも申請や承認ができるため、便利です。

2-3.不正申請のチェックがしやすくなる

経費精算システムなら簡単に経費を申請でき、リアルタイムな手続きが可能です。経理の担当者の手間も少なくなり、不正も発見しやすくなるでしょう。地図や経路検索の機能と連携できるものなら交通費の自動計算ができるため、ミスも少なくなります。

3.無料の経費精算システムにはデメリットもある


無料の経費精算システムを選ぶ場合はデメリットもあります。ここでは、どのようなデメリットがあるのか解説します。

3-1.セキュリティや機能に不安もある

経理データには重要な情報が多いため、安全に管理しなければなりません。そのため、高いセキュリティを備えるシステムを選ぶべきです。しかし、無料のシステムのなかには機能に不安があるものもあります。結局、従来のアナログな方法で経費精算せざるを得ないケースもあります。

3-2.操作が複雑な場合運用に時間がかかる

選ぶシステムによって操作性は異なります。複雑なシステムを選ぶと慣れるまでに時間がかかるため、注意が必要です。従業員の教育に手間がかかったり、操作のミスが多く発生したりする可能性もあります。

4.無料の経費精算システムを選ぶ4つのポイントとは

原価
無料の経費精算システムを選ぶときは、さまざまなポイントをチェックする必要があります。具体的なポイントを解説します。

4-1.利用できる機能

無料プランや無料トライアルがあるシステムの場合、利用可能な機能が制限されている可能性があります。無料でどの機能を利用できるのか把握しましょう。特に試してみたい機能がある場合は、無料で利用できるのか確認する必要があります。

4-2.無料の期間

無料で利用できる期間は、選ぶシステムによって異なります。永久に無料で利用できる場合もあれば、トライアル期間として1ヶ月程度が設定されている場合もあります。無料の期間については問いあわせが必要なシステムもあるため、必ず確認しましょう。

4-3.アプリ版の有無

経費精算システムのアプリ版があります。アプリ版も無料で利用できるかチェックしましょう。アプリ版があれば、従業員は場所や時間を問わず経費申請や承認を行えます。アプリ版を利用する企業は年々増加しているため、ぜひ確認してください。

4-4.形態はクラウド型が主流

経理精算システムの形態は、クラウド型、パッケージ型、オンプレミス型の3パターンです。スマートフォンの普及やテレワークの浸透などを考慮すると、これから導入するならクラウド型を選ぶと特に便利です。

5.サポートサービスがない場合もあるため注意が必要

経費 注意
無料の経費精算システムの場合、問いあわせやトラブルの相談に応じるサポートサービスがついていない可能性もあります。専門的な知識をもつ従業員がいないなら、サポートサービスがないシステムを選ぶと、問題が発生したときに解決できない恐れがあります。必ず事前にサポートサービスの有無を確認し、経理の業務に支障が出ないように配慮しましょう。

6.無料の経費精算システムおすすめ10選


無料で利用できる経費精算システムはたくさんあります。ここでは、無料で利用できるおすすめの経費精算システムを紹介します。

6-1.ジンジャー経費

ジンジャー経費は、経費精算の申請や処理をスムーズに進められるシステムです。バックオフィス業務に役立つシステムがシリーズ化されており、連携もできます。サポート体制が充実しているので、システムの初期設定から使い方まで相談することが可能です。

利用する機能ごとに料金が発生するため、必要な機能のみを選んで無駄なく活用できます。無料でシステムの使い勝手を試すこともできます。無料期間については問いあわせが必要です。資料は無料でダウンロードできます。

6-2.ビズトラ

ビズトラは、経費精算の申請、承認、管理の機能を備えるシステムです。すべての作業を画面上で進められます。基本的にずっと無料で利用できますが、広告バナーを非表示にしたい場合は費用がかかります。ユーザー数にも制限がないため、企業の規模が大きくなって従業員数が増えてもそのまま使い続けることが可能です。

6-3.マネーフォワード クラウド経費

マネーフォワード クラウド経費は、スマートフォンからの経費精算に対応しているシステムです。申請や承認だけでなく、会計ソフトとの連携により仕訳作業まで対応できます。従業員が30人以下であれば、30日間まで無料で利用できます。31人以上の従業員がいる場合は、無料期間について個別の相談が必要です。

6-4.経費BankⅡ

経費BankⅡは、さまざまな機能を備える経費精算システムです。自動で申請内容をチェックできるため、差し戻しによる手間を軽減できます。申請書も自社にあわせてカスタマイズが可能です。1ヶ月間の無料トライアルを利用できます。導入後も初期費用は無料となっており、基本プランの料金は3,300円(税込)です。

6-5.ジョブカン経費精算

ジョブカン経費精算は、経費精算の申請や承認に加え、仕訳や振込のデータを自動で作成する機能を備えるシステムです。スムーズに経費精算の手続きを進められるだけでなく、経理の担当者の業務効率化にも役立ちます。ほかのサービスやシステムとも連携可能です。30日間まで無料で利用できます。その後は、ユーザー数に応じて料金がかかります。

6-6.経費精算freee

経費精算freeeは、経費精算に特化したシステムです。経費精算の申請や承認に対応しており、スマートフォンからでも利用できます。特に、会計freeeを利用していれば、スムーズに経費精算freeeを利用可能できます。その場合、経費精算の申請や承認だけでなく、会計や振込も一元管理が可能です。経費精算freee は30日間まで無料で利用できます。

6-7.Staple

Stapleは、グッドデザイン賞の受賞歴もある経費精算システムです。領収書やレシートを撮影すれば、自動的にデータ化して経費精算のために活用できます。そのため、リアルタイムでの経費精算が可能です。従業員用のクレジットカードも発行できます。30日間まで無料で利用可能です。

6-8.rakumoケイヒ

rakumoケイヒは、Google Workspaceに経費精算の機能を追加するためのシステムです。同社のほかのシステムと連携させれば、さらに幅広い機能を活用できます。交通費の自動計算も可能です。無料で30日間までトライアルできます。オンラインデモにより操作しやすさの確認も可能です。

6-9.J’s NAVI NEO

J’s NAVI NEOは、経費精算の基本的な機能を備えているシステムです。電子帳簿保存法に対応しているだけでなく、領収書や請求書のデータにタイムスタンプを付与する機能もついています。無料トライアルの期間は30日間となっています。導入時のサポートも充実しているため、初めてでもスムーズに導入を進められるでしょう。

6-10.eKeihi

eKeihiは、さまざまな会計システムと連携できる経費精算システムです。自動的にデータを入力したり、仕訳を行ったりできます。スマートフォンにも対応しています。複数の申請をまとめて扱えるため、経費精算を頻繁に行っている企業でも便利です。eKeihiは1ヶ月間まで無料で試せます。

7.まとめ

経費精算システムのなかには、無料で利用できるものも多いです。ただし、利用できる期間や機能が限られている場合もあります。利用する際には期間や機能を確認したうえでツールを選定してみてください。

 

「自社に合った経費精算システムの選び方が知りたい」
とお悩みの経理担当者様向け

近年では数多くの経費精算システムが登場し、システムを使用することで業務を効率化することができることは理解できる反面、結局どのシステムを使用すれば「自社にとって最も良い課題解決となるのか」が見えずらくなってきています。

システムの導入と一言でいっても、数多くのシステムを様々な選定基準で比較しなければなりません。

経費精算システムを調べている中で、
「そもそもどうやって比較すればいいんだろう・・・?」
「数多くの選定基準をどうやって選定に活用すればいいの・・・?」
「自分だけで調べるのが不安で誰かにシステム導入について聞きたい」

と、様々なお悩みを抱えている経理担当者様のために、今回は「税理士の方が考えるシステム選定」の資料をご準備いたしました。

皆様の課題解決の一助になれば幸いでございます。
是非、ご覧ください。


expense_system

アイキャッチ

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

「健康経営」の第一歩!企業で運動を習慣化するためにやるべき3つのこと|MEDI-TRAIN伊藤

「健康経営」の第一歩!企業で運動を習慣化するためにやるべき3つのこと|MEDI-TRAIN伊藤

2022.09.12
宮崎萌奈
社員が退職したときの社会保険手続きについて徹底解説

社員が退職したときの社会保険手続きについて徹底解説

2022.08.02
HR NOTE編集部
社会保険料控除証明書とは?必要なケースや対象となる保険料を紹介

社会保険料控除証明書とは?必要なケースや対象となる保険料を紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部
社会保険料の扶養とは?条件や扶養範囲について詳しく解説

社会保険料の扶養とは?条件や扶養範囲について詳しく解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
社会保険料率は何パーセント?会社の負担割合を紹介

社会保険料率は何パーセント?会社の負担割合を紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部
賃金支払基礎日数とは?給与形態ごとの数え方や注意点

賃金支払基礎日数とは?給与形態ごとの数え方や注意点

2022.08.01
HR NOTE編集部
70歳以上の社員に必要な社会保険について詳しく解説

70歳以上の社員に必要な社会保険について詳しく解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
マルチジョブホルダー制度の対象や申請方法をまとめて解説

マルチジョブホルダー制度の対象や申請方法をまとめて解説

2022.08.01
HR NOTE編集部
雇用保険被保険者証が必要な場面や有効期限を詳しく紹介

雇用保険被保険者証が必要な場面や有効期限を詳しく紹介

2022.08.01
HR NOTE編集部