同一労働同一賃金は福利厚生にも適用される?ポイントを徹底解説 |HR NOTE

同一労働同一賃金は福利厚生にも適用される?ポイントを徹底解説 |HR NOTE

同一労働同一賃金は福利厚生にも適用される?ポイントを徹底解説

  • 労務
  • 労務・その他

福利厚生に関するノートと電卓

働き方改革の施策のひとつとして、同一労働同一賃金が規定されました。同一労働同一賃金とは、不合理な待遇差を解消するための整備のことをいいます。
フルタイムの正社員と非正規労働者では、賃金や待遇に格差が生じることがあります。不合理な待遇差が生じている場合には、早急な是正を行うことが肝心です。これは給与や賞与に限らず、福利厚生においても同じことがいえます。

この記事では、同一労働同一賃金を福利厚生にどう適用するのかについて説明していきます。

人事・労務担当者必見!
同一労働同一賃金の手引書を無料配布中!

同一労働同一賃金に罰則はありませんが、放置すると損害賠償のリスクが高くなります。

同一労働同一賃金とは、「正社員と非正規社員を平等に扱う概念」のように認識されていても、具体的にどのような対策が必要かわからない方も多いのではないでしょうか?

本資料では、どのような状態が「不平等」とみなされうるのかや、企業が対応すべきことを4つの手順に分けて解説しております。

自社でどのような対応が必要か確認したい方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

【社労士監修】HR関連法改正トレンドBOOK 2024年版

2023年は一部企業を対象に人的資本開示が義務化されたほか、HR関連での法改正に動きが見られました。
2024年では新たな制度の適用や既存のルールの変更・拡大がおこなわれます。
人事担当者として知っておきたいHR関連の法改正に関する情報ですが、その範囲は幅広く、忙しい業務の中でなかなか網羅的に把握することは難しいのではないでしょうか。

  • 忙しい中でも要点をまとめて情報収集をしたい
  • 社労士が監修した正確な情報を知りたい
  • HR関連の法改正を把握しておきたい

という方はぜひご確認ください!

1.同一労働同一賃金とは雇用形態による不合理な待遇差をなくす原則

労働者のハンドブック同一労働同一賃金とは、同じ労働をしている労働者が同じ賃金を得るという考え方です。
正社員と非正規雇用の労働者の間で不合理な待遇差が起きているときには、同一労働同一賃金の原則をもとに適切な是正対応を行う必要があります。
この場合の同一労働とは仕事の内容だけでなく、仕事における責任の程度、転勤や配置転換などの範囲も含まれます。同じ業務にあたっている従業員に対し、一律の賃金を支払うという単純な意味ではありません。

たとえば、正社員とパートタイム労働者がともに飲食店のレジ業務や配膳を行うケースで考えます。パートタイム労働者が一部の業務のみを、正社員がパートタイム労働者よりも幅広い範囲の業務を行うときには、同一労働とはみなされません。
正社員がレジ業務や配膳に加えマネジメント業務全般を行う場合には、パートタイム労働者と比べて責任が重くなります。このように業務内容や責任の程度が異なる場合には同一労働とはいえず、待遇にも差が出ることになります。 一方で、正社員とパートタイム労働者の業務範囲や責任の大きさが同じとみなされるときには、同一労働同一賃金が適用となります。
近年では非正規雇用の労働者の人口が増加しています。日本国内では非正規雇用の労働者が貴重な戦力となっています。これにともない、パートタイム労働者やアルバイト労働者にマネジメントなど責任ある業務を任せる例も増えてきました。
こうした時代背景もあり、雇用形態にかかわらず適切な処遇を受けられる環境の整備が必要不可欠です。すべての労働者が納得して働けるよう、同一労働同一賃金の考え方をもとに待遇格差を是正していきましょう。

2.同一労働同一賃金における福利厚生の考え方

PCと資料を見比べる女性同一労働同一賃金では、賃金だけでなく福利厚生においても待遇差を解消する必要があります。
福利厚生とは従業員やその家族がより快適に暮らせるよう、支えの一部として用意する制度などの総称です。たとえば働く際には更衣室や休憩室、食堂といった施設を利用できることがありますが、これらは福利厚生に該当します。

また、福利厚生として住宅手当や社宅、慶弔休暇や病気休職などを提供するケースも多いでしょう。そのほか、スポーツクラブを割引で利用できるようにしたり、オフィス内に無料の飲み物を用意したりといった形で福利厚生を充実させる企業も増えてきました。 しかし、雇用形態によって福利厚生の内容に差が生じている企業は少なくありません。とくに多いのは、正社員のみに福利厚生が提供され、非正規雇用の従業員が福利厚生を利用できないケースです。
同一労働同一賃金では、企業が提供するすべての福利厚生で不合理な待遇差をつけることが認められていません。同一労働同一賃金の考え方で社内の処遇差を改善するときには、福利厚生の内容に不合理な差がついていないか、詳しく確認していきましょう。

3.同一労働同一賃金を福利厚生に適用するときのポイント

パネルを使って説明をする男性同一労働同一賃金では、従業員の労働内容や責任の範囲などを把握しておく必要があります。とくに、福利厚生の内容は企業によって異なるため、同一労働同一賃金の適用について、企業ごとに検討することが重要です。
同一労働同一賃金で福利厚生を見直すときには、以下のようなポイントを確認しましょう。

3-1.福利厚生に待遇差が生じるケースもある

同一労働同一賃金では、福利厚生に不合理な差をつけることは禁止されています。しかしこれは、すべての福利厚生をすべての労働者に同条件で提供すべきという意味ではありません。
雇用形態や勤務条件、仕事の内容で福利厚生に差が生じるのは不自然なことではないでしょう。同一労働同一賃金のルールで見直すべきポイントは、あくまで不合理な待遇差に限られます。

企業の福利厚生の予算には限りがあり、すべての福利厚生を同条件で提供できないケースも考えられます。こういった場合には、福利厚生の待遇差に不合理な点がないかを個別に検討することが重要です。

3-2.不合理な待遇差が起きているときには是正する

社内で福利厚生の不合理な待遇差が起きているときには、改善策を検討しましょう。
待遇差の改善ではまず、どの従業員にどのような福利厚生が適用となっているのか洗い出すことが肝心です。現状、福利厚生がどういった基準で適用されているか詳しく把握すれば、対策に取り組みやすくなります。

たとえば、安全対策のために必要となる安全靴や滑り止めのついた靴が正社員のみに支給されるケースを考えます。こうした福利厚生には安全を担保するという目的があるため、非正規雇用の従業員に提供が行われないのは不合理ということになります。
福利厚生の洗い出しでこうした不合理な例が見つかったときには、早急に是正しましょう。

3-3.派遣社員に対する福利厚生の考え方

福利厚生は基本的には、雇用形態にかかわらず提供されるものです。ただし、派遣社員の場合には派遣元の福利厚生が適用されることになります。
とはいえ、派遣社員が派遣先の福利厚生を利用するケースがないわけではありません。たとえば派遣先で教育訓練を受けるときや、業務上の品質管理や安全管理につながる福利厚生が提供される場合などには、均等や均衡が求められるため、雇用形態に限らず福利厚生を享受する必要があるでしょう。

3-4.待遇差の理由を説明できるようにしておく

福利厚生の待遇差に関して、一部の従業員が不満を抱える可能性も考えられます。
従業員から求めがあったときには、企業は福利厚生の待遇差の具体的な内容とその理由について説明する法的な義務を負います。福利厚生に限らず給与や手当などの面でも、なぜ待遇格差が起きているのかを詳しく説明できるようにしておきましょう。

3-5.相談窓口や助成金の制度を活用してみよう

同一労働同一賃金で福利厚生の待遇差を是正しようとするとき、ネックとなるのは費用面かもしれません。費用負担が大きく、福利厚生の格差を是正するのが難しいという場合には、助成金制度を利用できることがあります。
厚生労働省は、同一労働同一賃金の待遇格差是正に関する無料相談窓口の設置や助成金制度の提供を積極的に行っています。これらの制度を上手に活用すれば、格差是正の対応がしやすくなります。

また、本サイトでは同一労働同一賃金について法改正で大きく変わったポイントをまとめた「同一労働同一賃金対応の手引き」を無料で配布しています。対策に抜け漏れがないか?自身の理解が正しいのか?など同一労働同一賃金に関する情報を網羅的に確認したい方は、ぜひこちらからダウンロードしてご活用ください。

4.同一労働同一賃金において福利厚生格差が起きていないかチェックしよう

面談する上司と部下同一労働同一賃金について考えるときには、給与格差だけでなく福利厚生の格差についても確認しておきましょう。正社員と非正規雇用の労働者の間に不合理な格差があれば、問題を解消する対応が求められます。
どのように対応すればよいかわからないときは、社労士などの専門家に相談しましょう。不条理な格差を解消し、生産性の向上や企業のイメージアップにつなげていくことが大切です。

人事・労務担当者必見!
同一労働同一賃金の手引書を無料配布中!

同一労働同一賃金に罰則はありませんが、放置すると損害賠償のリスクが高くなります。

同一労働同一賃金とは、「正社員と非正規社員を平等に扱う概念」のように認識されていても、具体的にどのような対策が必要かわからない方も多いのではないでしょうか?

本資料では、どのような状態が「不平等」とみなされうるのかや、企業が対応すべきことを4つの手順に分けて解説しております。

自社でどのような対応が必要か確認したい方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

--------------------

\【2024年最新版】HR関連法改正トレンドBOOK/

▼無料ダウンロードはこちら▼
https://hrnote.jp/document/?did=148030

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

ワークフローシステムの機能一覧!基本から便利機能まで解説

近年では、ワークフローシステムが注目されています。システムを導入することで、紙の申請書を使うデメリットが解消できるため、業務負担の軽減が期待できます。ワークフローシステムには、さまざまな機能があります。当記事では、ワークフローシステムの機能について詳しく紹介します。ワークフローシステムの機能について興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • 労務
  • 労務・その他
2024.04.08
HR NOTE 編集部
法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間の意味や上限を超えないためのポイントを解説

法定労働時間とは1日8時間、週40時間であり、これを超える労働時間数に対しては割増賃金の支給が必要です。ただし、近年導入が進むフレックス制度をはじめとする複数の労働制度では、上記の条件とは少し異なる場合もあります。本記事 […]

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.03.29
HR NOTE 編集部
通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

通らない稟議書に共通する特徴やうまく通すコツを徹底解説

稟議書が通りやすい人と、通りにくい人では書き方に大きな違いがあります。 どうしても通したい稟議がある場合は、読み手のことを考えた構成や文章にすることが大切です。本記事では通らない稟議書に共通する原因や、稟議書が通すコツな […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.28
HR NOTE 編集部
雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは?雇用契約書作成時の注意点・業務委託との違いも解説!

雇用契約とは、労働の対価として賃金を与えることを約束した契約のことです。本記事では、雇用契約の定義から、雇用契約書と労働条件通知書との違い、違反やトラブルを防いで雇用契約を締結するための注意点について解説します。労使トラ […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.27
HR NOTE 編集部
ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローを効率化するには?システム導入やフロー改善のポイントも!

ワークフローに無駄がなければ、業務を効率的かつスムーズにおこなうことが可能です。本記事では、ワークフロー改善のポイントから、ワークフローシステムを見直すことによって効率化が図れる理由、ワークフローシステム導入のメリットま […]

  • 労務
  • 労務・その他
2024.03.26
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ