電子帳簿保存法における契約書の保存方法をわかりやすく紹介 |HR NOTE

電子帳簿保存法における契約書の保存方法をわかりやすく紹介 |HR NOTE

電子帳簿保存法における契約書の保存方法をわかりやすく紹介

  • 労務
  • 経費精算

契約書とペン電子帳簿保存法では、領収書や請求書などの電子化を認めています。同様に契約の際に取り交わされる契約書も電子化が可能です。

この記事では、電子帳簿保存法における契約書の保存方法、要件、メリットなどを解説します。

2020年、2022年の電子帳簿保存法改正を わかりやすく総まとめ!
1998年に制定された電子帳簿保存法ですが、2020年10月や2021年の改正によって企業が電子帳簿保存法に対応するハードルが下がりました。 しかし、電子帳簿保存法に対応すれば業務が効率化されると言っても、要件や法律など、電子帳簿保存法そのものの内容や対応する手順など正しく理解しておかなければいけません。 「どうにか電子帳簿保存法を簡単に理解したいけど、自分で調べてもいまいちポイントがわからない・・・」とお悩みの方は「5分で読み解く!電子帳簿保存法まとめbook」をぜひご覧ください。

資料では
・電子帳簿保存法の内容に関するわかりやすい解説
・2020年10月の改正内容と2022年の施行内容のポイント
・今後電子帳簿保存法に対応していくための準備や要件

など、電子帳簿保存法に関する内容を総まとめで解説しています。 「電子帳簿保存法への対応を少しずつ考えたいが、何から始めたらいいかわからない」という経理担当者様は「5分で読み解く!電子帳簿保存法まとめbook」をぜひご覧ください。ダウンロード

1. 電子帳簿保存法における契約書の保存方法

契約書の保管

契約書は紙で作成された契約書のほか、電子メールやクラウドサービスなどでダウンロードしたPDFなど、電子データの契約書があります。締結した契約書がどちらかにあたるかによって、電子帳簿保存法での保存方法は次のとおり異なります。

契約書の種類 電子帳簿保存法での保存方法
紙の契約書 紙のまま保存する スキャンして保存する
電子データの契約書 電子データのまま保存する

1-1. 紙の契約書のスキャンは要件に沿って保存する

紙の契約書は、そのまま紙で保存するか、スキャナーでスキャンして電子データとして保存するかを選択可能です。

また、自社がソフトを用いて電子的に作成した契約書の控えも、紙かスキャンして電子データとして保存します。

契約書は資金や物の流れと直結、連結する重要書類です。そのため、スキャンして電子データとして保存するには次のような要件を満たす必要があります。

  • 最長2カ月とおおむね7営業日以内の入力
  • 200dpi以上の解像度で保存
  • 赤・緑・青それぞれ256階調で保存
  • タイムスタンプを付与
  • 解像度及び階調情報を保存
  • 画像の大きさ情報の保存
  • 訂正や削除の履歴や内容が確認可能
  • 入力者など情報が確認可能
  • スキャンした領収書と帳簿との関連性が確認可能
  • 14インチ以上のカラーディスプレイの備え付け
  • 整然・明瞭な出力が可能
  • システムの開発関係書類等の取り付け
  • 検索機能の確保

参照:「はじめませんか、書類のスキャナ保存!」|国税庁

1-2. 電子データの契約書は紙で保存できない

PDFをはじめとした電子データの契約書はそのまま電子保存しましょう。これまでは紙で印刷して保存することも可能でした。しかし、改正電子帳簿保存法によって、電子データの契約書を紙で印刷して保存することが2024年1月1日よりできなくなります。2023年12月31日まではプリントアウトして保存することは可能です。しかし、年が明けて急に保存方法を変えるのは、混乱を招きかねません。そのため、早い段階から電子データで保存するようにしましょう。

電子データの契約書をそのまま保存するには、タイムスタンプの付与や履歴が残るシステムを利用する、改ざん防⽌のための事務処理規程に則るといった、改ざん防止のための措置を講じる必要があります。また、「⽇付・⾦額・取引先」で検索できるような検索機能も求められます。

参照:「電子取引データの保存方法をご確認ください」|国税庁

2. 電子帳簿保存法に準じて契約書を保存するメリット

メリット

電子帳簿保存に準じて契約書を保存するメリットは次のとおりです。

  • 契約書の保管スペースを減らせる
  • プリントアウトにかかるコストを削減できる
  • 電子契約サービスによって働き方改革が進む

2-1. 契約書の保管スペースを減らせる

紙の契約書は基本的に7年間の保管が求められています。そのため、紙で契約書を保管し続けると、保管にスペースを取ってしまうかもしれません。

保管スペースの削減につながるのが、契約書の電子保存です。電子データで締結した契約書をそのままデータとして保存することで、保管スペースを取ることがありません。

2-2. プリントアウトにかかるコストを削減できる

電子データで締結した契約書は2023年内であればプリントアウトしての保存が可能です。しかし、プリントアウトには用紙代やインク代が発生してしまいます。そのため、電子データで締結した契約書は、そのまま電子データとして保存することで、プリントアウトにかかるコストが削減できます。

2-3. 電子契約サービスによって働き方改革が進む

電子データで契約する電子契約サービスの導入は、働き方改革の推進にもつながります。従来の紙の契約書で運用している場合、押印や印刷、郵送の手続きのために出社する必要がありました。しかし、電子契約サービスを導入することで、契約手続きのための出社が不要になるため、テレワークや働き方改革の推進が期待できます。とはいえシステムを導入する以前に電子帳簿保存法に関して正しく理解できておらず、どのように対応すれば良いかもわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方にむけて当サイトでは「5分で読み解く電子帳簿保存法」という資料を無料配布しております。本資料では電子帳簿保存法への対応方法はもちろん、そもそもどのような制度なのかを図解つきでわかりやすく解説しております。電子帳簿保存法に関する知識を正しくつけて対応したいと考えている方にとっては大変参考になる資料となっておりますのでこちらから無料でダウンロードしてご覧ください。

3. 電子帳簿保存法に準じて契約書を保存するときの注意点

注意点

電子帳簿保存法に準じて契約書を保存する際は、次の点に注意しましょう。

  • 電子化できない契約書もある
  • 原本の廃棄は十分な検討が必要
  • 不正や改ざんが発生しない体制を整える

3-1. 電子化できない契約書もある

契約書を電子化することで、スムーズな締結が可能です。しかし、契約書を電子化する際は、一部電子化できない契約書があることを把握しておきましょう。たとえば次のような契約書の電子化は認められていません。

  • 任意後見契約書
  • 事業用定期借地権を設定するための契約書
  • 企業担保権の設定もしくは変更を目的とする契約書

これらは、公正証書によって契約することが定められているため、書面で締結する必要があります。

3-2. 原本の廃棄は十分な検討が必要

紙の契約書を適切にスキャンした場合、原本を廃棄できます。しかし、一般的に裁判の際に証拠として提出する書類は原本です。そのため、紙の契約書の原本を廃棄するかどうかは、十分な検討が必要でしょう。紙の契約書によっては万が一の際に備えて、原本を保存しておくほうがいいケースも考えられます。

3-3. 不正や改ざんが発生しない体制を整える

契約書を電子保存するには、不正や改ざんに備えた体制作りが必要です。万が一、不正や改ざんが発覚した場合、重加算税が10%加重されてしまいます。

また、不正や改ざん防止の体制に加えて、どの契約書をどのように保存するかの手順や要件もわかりやすくまとめておきましょう。とくに紙の保存と電子保存とを併用する場合、混乱につながりかねません。

4. 契約書を電子化することでさまざまなメリットが生まれる

相乗効果が生まれる

契約書は、紙で受領した契約書か電子データで受領した契約書によって電子保存の方法が異なります。それぞれ電子保存する際は要件が設けられているため、要件に応じて保存しましょう。

契約書を電子保存することで、契約書の保管スペースを減らせる、プリントアウトにかかるコストを削減できるなどのメリットにつながります。しかし、契約書を電子保存する際は、一部の契約書は電子化に対応していなかったり、原本を保存するかどうかを検討したりする必要があることを意識しておきましょう。

2020年、2022年の電子帳簿保存法改正を わかりやすく総まとめ!
1998年に制定された電子帳簿保存法ですが、2020年10月や2021年の改正によって企業が電子帳簿保存法に対応するハードルが下がりました。 しかし、電子帳簿保存法に対応すれば業務が効率化されると言っても、要件や法律など、電子帳簿保存法そのものの内容や対応する手順など正しく理解しておかなければいけません。 「どうにか電子帳簿保存法を簡単に理解したいけど、自分で調べてもいまいちポイントがわからない・・・」とお悩みの方は「5分で読み解く!電子帳簿保存法まとめbook」をぜひご覧ください。

資料では
・電子帳簿保存法の内容に関するわかりやすい解説
・2020年10月の改正内容と2022年の施行内容のポイント
・今後電子帳簿保存法に対応していくための準備や要件

など、電子帳簿保存法に関する内容を総まとめで解説しています。 「電子帳簿保存法への対応を少しずつ考えたいが、何から始めたらいいかわからない」という経理担当者様は「5分で読み解く!電子帳簿保存法まとめbook」をぜひご覧ください。ダウンロード

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

労働時間の把握の義務化とは?労働基準法の改正内容や対応方法を解説

労働時間の把握の義務化とは?労働基準法の改正内容や対応方法を解説

労働安全衛生法の改正により、企業は労働時間を客観的な記録で把握するよう義務付けられています。今回は、労働時間の把握の義務化とは具体的にどのようなことなのか、対象や労働時間について解説します。また、適正な労働時間を把握する方法も紹介していますので、システム導入を考えている方は参考にしてみてください。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.24
HR NOTE 編集部
有給休暇を就業規則に定める際のポイントや変更すべきケースを解説

有給休暇を就業規則に定める際のポイントや変更すべきケースを解説

有給休暇についてのルールは就業規則に定めなければいけません。有給休暇の5日取得義務化によって就業規則を変更しなければならないケースもあります。罰則を受けないためにも労働基準法に沿った内容になっているかどうかを確認しましょう。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.24
HR NOTE 編集部
労働保険の加入手続きの流れや必要書類を詳しく紹介

労働保険の加入手続きの流れや必要書類を詳しく紹介

労働保険(労災保険・雇用保険)は、従業員をひとりでも雇用する事業所で加入手続きが必要です。管轄の労働基準監督署で労災保険、ハローワークで雇用保険、それぞれ手続きが必要です。本記事では、労働保険の加入手続きの方法と必要書類を解説します。

  • 労務
  • 社会保険
2024.05.23
HR NOTE 編集部
有給消化が義務化された理由や背景とは?注意点についても解説

有給消化が義務化された理由や背景とは?注意点についても解説

労働者に付与される有給休暇の消化が、企業に義務付けられました。年間10日以上の有給休暇が与えられる労働者に対し、企業側は最低でも5日間の有給休暇を消化させなければなりません。有給を消化しにくい風土を変えることなどが目的となっているので、労使間で相談しながら有給休暇の消化方法を考えていく必要があります。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.23
HR NOTE 編集部
36協定書の正しい書き方や新様式での変更点を解説

36協定書の正しい書き方や新様式での変更点を解説

36協定を正しく結び、適用させるには、適切な書き方の協定書と協定届が必要です。協定書について解説し、新様式に変更された36協定届の書き方を解説します。36協定の適用外や適用猶予がある業種もございますので、人事関係者様はぜひご一読ください。

  • 労務
  • 勤怠管理
2024.05.22
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ