人材活用とは?重要性や注意点を詳しく解説 |HR NOTE

人材活用とは?重要性や注意点を詳しく解説 |HR NOTE

人材活用とは?重要性や注意点を詳しく解説

  • 組織
  • 人事評価

情報を確認する

限られた人員で組織のパフォーマンスを向上させるためには、社内人材の活用を意識する必要があります。個々の従業員のもつスキルや知識、経験などを考慮し、適材適所に配置したりスキルアップを促したりと工夫しましょう。

適切な人材活用を行えば、企業のパフォーマンスが向上しやすくなります。本記事では、人材活用の重要性や具体的な施策について紹介します。

 

 

1. 人材活用とは社内の人材がもつ能力を活かす施策のこと

勉強する女性

人材活用とは、社内の人材のスキルや能力を活かす施策のことをいいます。個々の従業員がもつ独自のスキルや経験、能力を最大限に活かすことができれば、組織全体のパフォーマンスが向上しやすくなります。

人材活用では、個々の従業員の能力を引き出す施策が求められます。スキル開発のための研修や教育を通じて従業員のポテンシャルを引き出し、パフォーマンスも高めていきましょう。従業員のスキルや経験をチェックし、適切なポジションに配置する手法も考えられます。

さらに、働きやすい環境を整えて従業員のモチベーション向上を促すことも、社内人材の活用につながります。人材活用のためには、社内制度を整備したりパフォーマンス評価を行ったりという工夫も有効です。さまざまな人材活用施策を講じて従業員の成長を促していきましょう。

2. 人材活用の重要性

AIでつくられた人

日本では現在、労働人口の急激な減少が起こり、人材不足に悩まされる企業が増加傾向にあります。企業が存続していくためには、限られた人材を有効活用する施策が必須となります。

 

また、働き方改革や新しい生活様式といった考え方も企業に大きな影響を与えます。社会情勢の変化に応じて従業員の働き方を柔軟に調整することが、企業が安定的に運営を続けていくためのポイントです。

個々の人材がもつ特質を活かし、状況に応じて適材適所に配置する施策を講じ、企業の成長につなげていきましょう。

3. 人材活用の方法

企業のレベルアップ

人材活用の効率を高めるためにはまず、個々の従業員の特性を把握することが重要です。これをもとにして適切な配置を行ったりスキルアップ施策を実施したりと工夫していきましょう。

ここからは、人材活用を行う際の具体的な方法について考えていきます。

3-1. 従業員の特性を把握する

人材活用ではまず、従業員のスキルや経験、経歴や得手不得手などを正確に把握することから始めましょう。

個々の従業員のことを知るためには、面談やアンケートなどの施策が有効です。これと同時進行で従業員の適性を評価することも重要なポイントです。従業員に関するあらゆる情報を細かく収集し、フィードバックにつなげていきましょう。

3-2. 人材を適材適所に配置する

収集した情報をもとに、各部署に従業員の配置を行います。このとき意識したいのは、従業員のスキルや適性を発揮できる最適な部署を見極めることです。ミスマッチが起きてしまうと人材が十分に能力を発揮できない状況に陥ってしまうため注意が必要です。

適した場所に従業員を配置できれば従業員は最大限のパフォーマンスを発揮できます。イノベーションも創出されやすくなり、企業全体の成長が促進されます。

もちろん、従業員のキャリアパスを尊重することも重要なポイントです。キャリアパスが明確になっていれば従業員の意欲が高まりやすくなります。

3-3. 人材のスキルアップを実施する

人材活用の一環として従業員のスキルアップ施策を講じるのも効果的です。スキル開発を実施すれば、組織のパフォーマンスはますます向上していきます。

個々の従業員がもつスキルや適性をもとに、必要なスキルアップ施策や教育プログラムを実施しましょう。社内研修や社外研修の機会を多く設ければ、より専門性の高い知識やスキルが身につきやすくなります。

従業員同士で技能をシェアするスキルシェアリングの機会を設けるのもいい方法です。勉強会やプロジェクトチームの結成などを通して、相互の成長を促しましょう。

3-4. 労働環境を整える

従業員が個々のパフォーマンスを発揮できるよう、職場環境を十分に整えておきましょう。

オフィスの照明や温度を適切に保ったり騒音対策をしたりと快適な環境を構築するだけでも十分な効果があります。また、コミュニケーション環境を改善したり、雰囲気のいいチームを作ったりするのもいい方法です。

3-5. 多様な働き方を導入する

近年では多様な働き方ができる環境を整える企業が増加しています。個々の従業員が自分に合った働き方を選べるよう、制度を見直していきましょう。

たとえばフレックスタイム制度や在宅勤務、テレワーク、ジョブローテーション制度などを導入すれば、従業員はライフスタイルに合った働き方を選ぶことができます。育児や介護を抱える人材が休職せず能力を発揮できるよう配慮することも重要なポイントです。

3-6. 適切な評価を行う

人材活用の際には企業が適切な人事評価を行っているかを確認しておきましょう。

せっかく人材活用施策を実施しても、人事評価制度に不公平な部分があり納得感が薄ければ、従業員のモチベーションは下がってしまいます。日々の頑張りや努力が報われないと感じた従業員は、離職を選択することもあるので注意したいものです。

人材活用の効果をより高めるためにも、透明性が高く公平感のある人事評価を行いましょう。評価制度の整備と並行して、昇進制度やインセンティブ制度の見直しを行うのも有効な方法です。

4. 人材活用に関する注意点

パソコンと時計

人材活用のための施策を実施したもののうまくいかず計画が頓挫するケースもあります。ここからは、人材活用を行うときに気をつけたいポイントを紹介します。

4-1. 十分な予算や時間を用意する

人材活用のためにはある程度まとまった予算や時間が必要となります。実際に施策を講じてから成果が見えてくるまでには時間がかかるため、人材育成に十分な予算や時間をかけることをためらう企業もあるかもしれません。

しかし、コストをかけずに十分な成果を出すのは難しいものです。効果的な人材育成のためには長期的な視点をもち、必要に応じて予算や時間を準備することが大切です。

4-2. 綿密に計画を立てておく

人材活用にあたってはビジョンや計画を明確にしておきましょう。どのような人物を求めているのか、従業員の成長をどう促すのかといったポイントが不明瞭なまま施策を講じても、思ったような成果は得られません。

計画性のない施策を打ち出すと従業員が混乱し、モチベーションダウンを引き起こすおそれもあります。あらかじめ計画を立てれば何をすべきかが把握しやすくなり、効率の良い人材活用を実施できます。

5. 組織内部の人材がもつ能力を把握し、さらなる成長を促すことが大切!

EQとIQのアップ

企業の成長というと外部から優秀な人材を採用することを考えがちですが、組織内部に優秀な人材が眠っている可能性は十分にあります。個々の人材のもつ能力を正しく把握して適切な配置を行うだけでも、企業のパフォーマンスは高まるものです。

まずは従業員のもつ技能や知識、経験といった情報を収集し、さらなる成長を促す施策を打ち出してみましょう。

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

リスキリングの第3段階〜経験を言語化し、仕事に紐づける〜|仕事旅行社 田中 翼

HR NOTE読者のみなさん、こんにちは。仕事旅行社 代表取締役の田中です。 前回は、リスキリングの第2段階として、「自分探しと拡散のフェーズ」の重要性についてお話ししました。多様な価値観に触れることで視野を広げ、自分軸 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.06.13
根本 慎吾
テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークでのコミュニケーション活性化に!オンライン懇親会おすすめ10企画

テレワークを実施していると、社員同士のコミュニケーションが少なくなりがちです。テレワークでも社員同士がコミュニケーションをとりやすくするための施策として、オンラインでの懇親会を開催する企業もあります。この記事では、オンライン懇親会で盛り上がる企画とその方法について紹介します。

  • 組織
  • エンゲージメント
2024.06.12
HR NOTE 編集部
「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

「明治維新のような感覚だった」CARTA HD経営統合から5年、イチから再構築した人事制度のウラ側

2019年にアドテクノロジーやメディア事業等を運営するVOYAGE GROUPと、電通100%子会社でデジタルマーケティング支援を手掛けるサイバー・コミュニケーションズが経営統合し、CARTA HOLDINGSが誕生。 […]

  • 組織
  • 人事評価
2024.06.11
根本 慎吾
在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務でも交通費支給は必要?経費削減をする方法について解説

在宅勤務を導入する企業が増えてきましたが、導入する際は交通費の扱いを決める必要があります。在宅勤務でも交通費が発生する可能性はありますが、従来の支給を続けるか実費支給にするかを決めなければなりません。就業規則の変更や社会保険料の変更など法的な問題もあるので、慎重に交通費の支給方法を考慮しましょう。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部
在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を就業規則でどう定めるべき?具体例を紹介

在宅勤務を導入する場合、必要に応じて就業規則の変更をしなければなりません。どのようなケースで就業規則の変更が必要なのか確認しましょう。本記事では、在宅勤務に関する就業規則の内容や具体例、在宅勤務を導入するにあたって就業規則に記載すべき項目と記載例を解説します。

  • 組織
2024.06.07
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ