人材活用とは?重要性や注意点を詳しく解説 |HR NOTE

人材活用とは?重要性や注意点を詳しく解説 |HR NOTE

人材活用とは?重要性や注意点を詳しく解説

情報を確認する

限られた人員で組織のパフォーマンスを向上させるためには、社内人材の活用を意識する必要があります。個々の従業員のもつスキルや知識、経験などを考慮し、適材適所に配置したりスキルアップを促したりと工夫しましょう。

適切な人材活用を行えば、企業のパフォーマンスが向上しやすくなります。本記事では、人材活用の重要性や具体的な施策について紹介します。

 

 

1. 人材活用とは社内の人材がもつ能力を活かす施策のこと

勉強する女性

人材活用とは、社内の人材のスキルや能力を活かす施策のことをいいます。個々の従業員がもつ独自のスキルや経験、能力を最大限に活かすことができれば、組織全体のパフォーマンスが向上しやすくなります。

人材活用では、個々の従業員の能力を引き出す施策が求められます。スキル開発のための研修や教育を通じて従業員のポテンシャルを引き出し、パフォーマンスも高めていきましょう。従業員のスキルや経験をチェックし、適切なポジションに配置する手法も考えられます。

さらに、働きやすい環境を整えて従業員のモチベーション向上を促すことも、社内人材の活用につながります。人材活用のためには、社内制度を整備したりパフォーマンス評価を行ったりという工夫も有効です。さまざまな人材活用施策を講じて従業員の成長を促していきましょう。

2. 人材活用の重要性

AIでつくられた人

日本では現在、労働人口の急激な減少が起こり、人材不足に悩まされる企業が増加傾向にあります。企業が存続していくためには、限られた人材を有効活用する施策が必須となります。

 

また、働き方改革や新しい生活様式といった考え方も企業に大きな影響を与えます。社会情勢の変化に応じて従業員の働き方を柔軟に調整することが、企業が安定的に運営を続けていくためのポイントです。

個々の人材がもつ特質を活かし、状況に応じて適材適所に配置する施策を講じ、企業の成長につなげていきましょう。

3. 人材活用の方法

企業のレベルアップ

人材活用の効率を高めるためにはまず、個々の従業員の特性を把握することが重要です。これをもとにして適切な配置を行ったりスキルアップ施策を実施したりと工夫していきましょう。

ここからは、人材活用を行う際の具体的な方法について考えていきます。

3-1. 従業員の特性を把握する

人材活用ではまず、従業員のスキルや経験、経歴や得手不得手などを正確に把握することから始めましょう。

個々の従業員のことを知るためには、面談やアンケートなどの施策が有効です。これと同時進行で従業員の適性を評価することも重要なポイントです。従業員に関するあらゆる情報を細かく収集し、フィードバックにつなげていきましょう。

3-2. 人材を適材適所に配置する

収集した情報をもとに、各部署に従業員の配置を行います。このとき意識したいのは、従業員のスキルや適性を発揮できる最適な部署を見極めることです。ミスマッチが起きてしまうと人材が十分に能力を発揮できない状況に陥ってしまうため注意が必要です。

適した場所に従業員を配置できれば従業員は最大限のパフォーマンスを発揮できます。イノベーションも創出されやすくなり、企業全体の成長が促進されます。

もちろん、従業員のキャリアパスを尊重することも重要なポイントです。キャリアパスが明確になっていれば従業員の意欲が高まりやすくなります。

3-3. 人材のスキルアップを実施する

人材活用の一環として従業員のスキルアップ施策を講じるのも効果的です。スキル開発を実施すれば、組織のパフォーマンスはますます向上していきます。

個々の従業員がもつスキルや適性をもとに、必要なスキルアップ施策や教育プログラムを実施しましょう。社内研修や社外研修の機会を多く設ければ、より専門性の高い知識やスキルが身につきやすくなります。

従業員同士で技能をシェアするスキルシェアリングの機会を設けるのもいい方法です。勉強会やプロジェクトチームの結成などを通して、相互の成長を促しましょう。

3-4. 労働環境を整える

従業員が個々のパフォーマンスを発揮できるよう、職場環境を十分に整えておきましょう。

オフィスの照明や温度を適切に保ったり騒音対策をしたりと快適な環境を構築するだけでも十分な効果があります。また、コミュニケーション環境を改善したり、雰囲気のいいチームを作ったりするのもいい方法です。

3-5. 多様な働き方を導入する

近年では多様な働き方ができる環境を整える企業が増加しています。個々の従業員が自分に合った働き方を選べるよう、制度を見直していきましょう。

たとえばフレックスタイム制度や在宅勤務、テレワーク、ジョブローテーション制度などを導入すれば、従業員はライフスタイルに合った働き方を選ぶことができます。育児や介護を抱える人材が休職せず能力を発揮できるよう配慮することも重要なポイントです。

3-6. 適切な評価を行う

人材活用の際には企業が適切な人事評価を行っているかを確認しておきましょう。

せっかく人材活用施策を実施しても、人事評価制度に不公平な部分があり納得感が薄ければ、従業員のモチベーションは下がってしまいます。日々の頑張りや努力が報われないと感じた従業員は、離職を選択することもあるので注意したいものです。

人材活用の効果をより高めるためにも、透明性が高く公平感のある人事評価を行いましょう。評価制度の整備と並行して、昇進制度やインセンティブ制度の見直しを行うのも有効な方法です。

4. 人材活用に関する注意点

パソコンと時計

人材活用のための施策を実施したもののうまくいかず計画が頓挫するケースもあります。ここからは、人材活用を行うときに気をつけたいポイントを紹介します。

4-1. 十分な予算や時間を用意する

人材活用のためにはある程度まとまった予算や時間が必要となります。実際に施策を講じてから成果が見えてくるまでには時間がかかるため、人材育成に十分な予算や時間をかけることをためらう企業もあるかもしれません。

しかし、コストをかけずに十分な成果を出すのは難しいものです。効果的な人材育成のためには長期的な視点をもち、必要に応じて予算や時間を準備することが大切です。

4-2. 綿密に計画を立てておく

人材活用にあたってはビジョンや計画を明確にしておきましょう。どのような人物を求めているのか、従業員の成長をどう促すのかといったポイントが不明瞭なまま施策を講じても、思ったような成果は得られません。

計画性のない施策を打ち出すと従業員が混乱し、モチベーションダウンを引き起こすおそれもあります。あらかじめ計画を立てれば何をすべきかが把握しやすくなり、効率の良い人材活用を実施できます。

5. 組織内部の人材がもつ能力を把握し、さらなる成長を促すことが大切!

EQとIQのアップ

企業の成長というと外部から優秀な人材を採用することを考えがちですが、組織内部に優秀な人材が眠っている可能性は十分にあります。個々の人材のもつ能力を正しく把握して適切な配置を行うだけでも、企業のパフォーマンスは高まるものです。

まずは従業員のもつ技能や知識、経験といった情報を収集し、さらなる成長を促す施策を打ち出してみましょう。

--------------------

\期間限定でアーカイブ配信中!/
今、知っておきたいテーマについて豪華ゲストが詳しく解説!

▼アーカイブ配信視聴はこちらの特設サイトから▼
https://hrnote.jp/dx-action-summit-2023-archive/

--------------------

\メールマガジン登録無料/
人事/HR業界の最新情報を毎週チェック!

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRに関する事例やサービスリリース情報など、最新Newsから今すぐ使える他社実践ノウハウまでが簡単にわかるインタビュー記事やセミナー情報をコンテンツとして配信しています。

「他社が実施している施策を自社でも活かしたい」「人事/HR業界の最新動向やトレンドを知りたい」とお考えの方は、ぜひHRNOTEメールマガジンをご活用ください。

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

関連記事

『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート

『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート

2024.02.09
HR NOTE 編集部
人事はどこへ向かうのか?平成の人事に令和の人事が聞いた“変化の潮流”

人事はどこへ向かうのか?平成の人事に令和の人事が聞いた“変化の潮流”

2024.02.07
宮崎萌奈
DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート

DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート

2024.02.05
HR NOTE 編集部
【Beatrust×SP総研】重要なのは「スキルの可視化」欧米HRトレンドから考える人的資本経営

【Beatrust×SP総研】重要なのは「スキルの可視化」欧米HRトレンドから考える人的資本経営

2024.01.31
根本 慎吾
従業員のキャリア開発|人事担当者がおこなうべきことは何なのか?|WE戸田

従業員のキャリア開発|人事担当者がおこなうべきことは何なのか?|WE戸田

2024.01.24
松野天音
人的資本の開示元年、先行企業のユニークな取り組みや課題を紐解く#人的資本経営サミット2023

人的資本の開示元年、先行企業のユニークな取り組みや課題を紐解く#人的資本経営サミット2023

2024.01.23
根本 慎吾
eラーニングとは?必要性やメリットとデメリットをわかりやすく解説

eラーニングとは?必要性やメリットとデメリットをわかりやすく解説

2024.01.19
HR NOTE 編集部
リスキリングで陥りがちな失敗とは?/「まずデジタル」でなく〝Be〟を大事に

リスキリングで陥りがちな失敗とは?/「まずデジタル」でなく〝Be〟を大事に

2024.01.19
松野天音
シニアと若手の対談から見えた“力のベクトル”の違いは?|23歳はシニアのバイタリティと労働環境に震撼

シニアと若手の対談から見えた“力のベクトル”の違いは?|23歳はシニアのバイタリティと労働環境に震撼

2024.01.12
宮崎萌奈