エンゲージメントサーベイツールとは?機能や選び方、10サービスの特徴を解説 |HR NOTE

エンゲージメントサーベイツールとは?機能や選び方、10サービスの特徴を解説 |HR NOTE

エンゲージメントサーベイツールとは?機能や選び方、10サービスの特徴を解説

  • 組織
  • エンゲージメント

KPIの値を確認する

エンゲージメントサーベイツールは、組織づくりに欠かせない「エンゲージメントサーベイ(従業員サーベイ)」に役立つツールです。エンゲージメントサーベイツールには、アンケートの定期配信機能、ダッシュボード機能、アラート機能、フリーコメント機能など、さまざまな機能があります。

エンゲージメントサーベイツールでできることを知り、自社に合ったサービスを選びましょう。本記事では、エンゲージメントサーベイツールの機能や10社のサービス特徴などを徹底解説します。

\「離職率が高い」、「新入社員がすぐやめる」などのお悩みを抱えていませんか?/

従業員の定着率の低さなどが課題の企業の場合、考えられる要因のひとつに従業員満足度の低さがあげられます。従業員満足度を向上させることで、従業員の定着率向上や働くモチベーションを上げることにもつながります。

しかし、従業員満足度をどのように測定すれば良いのか、従業員満足度を知った後どのような活用をすべきなのかわからないという人事担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方に向けて当サイトでは、「従業員満足度のハンドブック」を無料でお配りしています。

従業員満足度調査の方法や調査ツール、調査結果の活用方法まで解説しているので、従業員のモチベーション向上や社内制度の改善を図りたい方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

1. エンゲージメントサーベイとは?

会社のアンケートに答える

エンゲージメントサーベイとは、従業員を対象としたアンケートを実施し、個人と企業の双方向的な関わり(エンゲージメント)を可視化する取り組みを指します。例えば、エンゲージメントサーベイの調査項目の例は以下のとおりです。[注1]

  • 会社の成功に向けて積極的に貢献したいか?
  • 職場内に信頼できる上司や同僚はいるか?
  • 仕事を通じて日々の成長を実感しているか?

エンゲージメントサーベイは、会社に対する貢献意欲、周囲の上司や同僚への信頼、仕事に対するやりがいなど、会社や仕事へのポジティブな感情を測定するための調査です。

エンゲージメントサーベイの目的は、社員エンゲージメント(個人と企業の双方向的な関係性)の可視化、人材リテンション、個人のモチベーションや生産性の向上などです。

もちろん、エンゲージメントサーベイの結果、従業員がネガティブな感情を抱いていることが分かるケースもあります。その場合は、エンゲージメントサーベイを手がかりとして、組織や職場環境の改善点を探していく必要があります。

エンゲージメントサーベイは定期的な実施が大切です。エンゲージメントサーベイを通じて従業員の心の声に耳を傾けることで、離職率の上昇やモチベーションの低下を防ぎ、組織をより大きく成長させることが期待できます。

[注1]平成30年度産業経済研究委託事業(企業の戦略的人事機能の強化に関する調査)|経済産業省

1-1. エンゲージメントサーベイとパルスサーベイの違い

エンゲージメントサーベイとよく似ているのがパルスサーベイです。経済産業省は、両者の違いを以下のように説明しています。[注1]

項目

エンゲージメントサーベイ

パルスサーベイ

頻度

年次(年2回~2年に一度程度が一般的)

日次/週次/月次(高頻度)

質問数

50~100問程度(20~40分程度で回答)

1~10問程度(2~3分で回答)

特徴

心理的充実度や主体的な貢献意欲について包括的に問う内容

現在の心理状況や直属の上司、職場に対する満足度など、時期や範囲を限定した内容

代表的項目例

  • 私は、自分の会社全体としての目的・目標・戦略をよく理解できている
  • 経営陣は、事業の方向性について健全な意思決定をしている
  • 自分の会社はよい職場だと他の人にも勧めたい
  • 自分の会社で働くことに誇りをもっている
  • 自分の仕事について、給与や福利厚生など公正に報酬を得ていると思う
  • 今日一日を振り返ってどんな気分ですか?
  • 先週やり遂げた仕事を誇りに思いますか?
  • 今週、上司はあなたをサポートしてくれましたか?
  • あなたの上司は、あなたの話を聞いていますか?
  • あなたの職場では、自社の掲げる行動指針(バリュー)が体現されたと思いますか?
  • 今の職場に満足していますか?

留意点

  • 1回の情報量が多く、回答負荷が高い
  • 有意な結果の導出にはスキル・時間が必要
  • 1回の情報量が少なく、回答負荷が低い
  • 即時集計・閲覧を可能にする情報技術が必要

 

エンゲージメントサーベイとパルスサーベイの大きな違いは、アンケートの質問数や頻度です。一般的なエンゲージメントサーベイが、50~100問程度のアンケートを年次で実施するのに対し、パルスサーベイは1~10問程度のアンケートを日次/週次/月次と高頻度で実施します。

エンゲージメントサーベイは長期的な従業員の意欲、パルスサーベイは従業員の意欲をリアルタイムに調べる調査だと覚えておきましょう。

[注1]平成30年度産業経済研究委託事業(企業の戦略的人事機能の強化に関する調査)|経済産業省

2. エンゲージメントサーベイを導入するメリット

エンゲージメントサーベイは、自社でアンケートの作成から回収・分析・改善をおこなうこともできます。しかし、質問が的確でなかったり、分析結果に対して改善策を講じることができなかったりと、実施しても思うような成果を得られないケースも少なくありません。

また、一から社内で対応するとなるとかなりの労力が必要となるため、人事担当者の大きな負担となってしまいます。

最近では機能性の高いエンゲージメントサーベイツールが多数リリースされており、導入を検討する企業が増えています。ここでは、エンゲージメントサーベイツールを導入するメリットを3つ紹介します。

2-1. アンケートのテンプレートを利用できる

ほとんどのエンゲージメントサーベイツールは専用のアンケートのテンプレートを用意しています。アンケート項目は専門家による監修や有名大学との連携により作成されたものであるため、信頼性が高く、企業が知りたい従業員の会社に対する本音を聞き取ることが可能です。

また、ツールの中にはカスタマイズ機能を持つタイプもあり、テンプレートにはない自社オリジナルの質問を追加することもできます。

ツールを導入すればアンケートの土台があるので実施もスムーズです。また、企業が知りたいことに対して的確な回答を得られるため、職場環境などの改善につなげやすくなります。

2-2. 自動集計・分析ができる

エンゲージメントサーベイツールには、アンケート結果を自動集計する機能があります。集計結果はグラフや数値で見える化されるため、結果の全体像や課題が見えやすくなります。

また、部署単位などさまざまなセグメントで分析をおこなえるため、小さな集団あるいは個人にフォーカスした改善策を講じることが可能です。

2-3. 調査に係る工数を減らし、本来の業務に専念できる

エンゲージメントサーベイツールを導入すれば、調査に係るほとんどの工数を削減できます。これにより、本来やるべき職場改善などの業務に専念することが可能です。

利用するツールによっては手厚いサポートが受けられるため、エンゲージメントサーベイに不慣れな企業は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

3. エンゲージメントサーベイツールの機能や特徴

色んな評価を確認する

エンゲージメントサーベイの導入を検討するにあたって気になるのが機能性です。エンゲージメントサーベイツールには、一般的に以下の4つの機能が用意されています。

  • アンケートの定期配信機能
  • ダッシュボード機能
  • アラート機能
  • フリーコメント機能

3-1. アンケートの定期配信機能

エンゲージメントサーベイツールには、アンケートを作成し、あらかじめ決めたスケジュールで配信する機能があります。アンケートの質問項目は自由にカスタマイズすることが可能です。アンケートの回答方式は、選択式のラジオボタン(複数の選択肢から一つを選ぶ)が一般的ですが、フリーコメントで回答を集めることもできます。

3-2. ダッシュボード機能

ダッシュボード機能は、アンケートを自動で集計し、グラフやランキングなどの形式で分かりやすく表示する機能です。

紙のアンケートでエンゲージメントサーベイを実施する場合、アンケート用紙の回収や集計を手作業で行う必要があります。エンゲージメントサーベイツールを導入すれば、アンケートの配信から回答、結果の集計まで、全て自動化することが可能です。

3-3. アラート機能

エンゲージメントサーベイの結果は、従業員一人ひとりのページに蓄積されていきます。アンケート点数の推移を記録し、従業員のコンディションの変化をモニタリングすることが可能です。

モチベーションの悪化など、アンケートの数値に異常がみられた場合は管理者にアラートが送られるため、迅速に対処することができます。

3-4. フリーコメント機能

エンゲージメントサーベイツールによっては、従業員が自由に回答するフリーコメント形式でアンケートを配信することもできます。選択方式のアンケートには現れにくい従業員の生の声を聞くことで、組織や職場環境の問題点を発見できます。

3-5. その他の機能

エンゲージメントサーベイツールには他にもさまざまな機能があります。

機能 概要
質問項目のカスタマイズ アンケートの質問項目をカスタマイズできる
クロス分析 属性別に結果を分析できる
質問項目別の分析 設問ごとの回答比率を表示できる
個人単位での分析 項目別の数値・前回比・推移などを個人単位で表示できる
ベンチマーク機能 偏差値を用いて業界他社との比較ができる

 

エンゲージメントサーベイツールには様々な機能が付いており、普段のコミュニケーションからは見えない従業員の本音が分かりそう、と期待値が高まったのではないでしょうか。しかし、これらの機能を活用して集めたデータを有効に活用できなければ、せっかくの機能を活かしきれません。エンゲージメントサーベイは従業員の意見を集めることが目的ではなく、集めた情報を活用して行動に落とし込むことが重要なのです。

そこで本サイトでは、集めたデータを活用する方法についてまとめた「従業員満足度のハンドブック」を無料でお配りしています。活用方法だけでなく、調査の種類から調査方法、ツールを用いた場合の特徴や外部機関に委託した場合の特徴など、従業員満足度調査に関する情報を網羅的に掲載しています。こちらからダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

4. エンゲージメントサーベイツールの選び方

書類と携帯を見比べる

エンゲージメントサーベイツールを選ぶときのポイントは3つあります。

  • モバイル端末に対応したツールを選ぶ
  • ログイン不要のツールを選ぶ
  • ツールのタイプを選ぶ

4-1. モバイル端末に対応したツールを選ぶ

エンゲージメントサーベイへの回答は、従業員にとって少なからず手間がかかります。そのため、エンゲージメントサーベイツールを導入する場合はモバイル端末に対応した製品を選びましょう。スマートフォンやタブレットを使って、手軽にアンケートに回答できます。

4-2. ログイン不要のツールを選ぶ

また、従業員がログインせずにアンケートに回答できるツールを選ぶことも大切です。

例)メールでアンケートのURLを送付し、URLを知っている従業員だけがアンケートに回答できるようにする

エンゲージメントサーベイは質問数が50~100問と比較的多く、回答に20~40分程度の時間がかかります。そのため、従業員がなるべく無理なく負担なく回答できるツールを選びましょう。

4-3. ツールのタイプを選ぶ

エンゲージメントサーベイツールには大きく分けて2つのタイプがあります。

タイプ 概要やメリットなど
特化型
  • エンゲージメントの調査・分析に特化しているタイプ
  • エンゲージメントサーベイに必要な機能に絞っているため、比較的安価で利用可能
  • エンゲージメントサーベイの機能があれば十分という企業におすすめ
一体型
  • エンゲージメントの調査・分析以外にも、人事評価やタレントマネジメントの機能も持ち合わせているタイプ
  • 機能が充実している分、ややコストが高い傾向
  • エンゲージメントサーベイだけでなく人事管理を充実させたい企業におすすめ

5. エンゲージメントサーベイツールを選ぶ際の注意点

エンゲージメントサーベイツールを選ぶ際に見落としがちなポイントを解説します。

導入後の利便性に関係する重要なポイントなので、しっかりと確認しておきましょう。

注意点 概要
分析結果の表示方法
  • アンケートの結果や分析結果の表示方法はツールによって異なる
  • 自社の要件を満たしているか、見やすいかなどを事前に確認しておく
調査方法
  • ツールによって実施頻度や質問数が異なる
  • 特に質問の数・質は重要なので、自社の知りたい内容が反映される質問かどうか確認する
サービスの連携
  • エンゲージメントサーベイツールを単独で使う場合は関係ない
  • コミュニケーションツールや人材管理ツールなどとの連携を考えている場合は、連携可能なツールであることを確認する
アクションプランの提案
  • アンケート結果から見えた課題に対し、具体的な改善策を提案してくれるツールがある
  • 自社によるデータの分析・改善策の提案が困難な場合は、対応しているツールを選ぶと無難
人的資本の情報開示
  • 社内外に、必要な従業員データを開示すべき情報を収集・表示できることを確認しておく

6. 【厳選10社】おすすめのエンゲージメントサーベイツール

ここからは、おすすめのエンゲージメントサーベイツールを紹介します。

特化型と一体型でそれぞれ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

6-1. 特化型のエンゲージメントサーベイツール

サービス名 特徴 料金

Webox

(株式会社アトラエ)

  • 所要時間3分のアンケートで従業員の負担を軽減
  • 質問項目のテンプレートが豊富で、オリジナルの質問も追加できる
  • アンケートの作成・集計・分析・改善策の提案までを一括で任せられる
月額300円/1人

ミキワメ

(株式会社リーディングマーク)

  • 採用候補者用の「ミキワメ適性検査」と、社員用の「ミキワメウェルビーイング」の利用が可能
  • 所要時間2分のパルスサーベイ
  • 社員・チームのメンタルコンディションの推移を確認できる
利用人数によって異なる

バヅクリエンゲージメント

(株式会社バヅクリ)

  • 所要時間1分のエンゲージメントサーベイ
  • アンケートは産業医と組織開発の実務専門家が監修
  • エンゲージメント改善のためのワークショップ・研修の提案を受けられる
要問い合わせ

モチベーションクラウド

(株式会社リンクアンドモチベーション)

  • 人事コンサルティングのノウハウを凝縮したツール
  • 豊富なデータベースから組織の状態を分析して可視化
  • 専門コンサルトによるサポート体制も充実
要問い合わせ

Geppo

(株式会社リクルート)

  • 株式会社リクルートの人事ノウハウをもとに開発されたツール
  • パルスサーベイとセンサスサーベイを選択できる
  • フリーコメント機能で社員のリアルな声を吸い上げることが可能

月額20,000円~

(25人まで)

6-2. 一体型のエンゲージメントサーベイツール

サービス名 特徴 料金

カオナビ

(株式会社カオナビ)

  • 人事管理全般をカバーできる一体型のサーベイツール
  • 人的資本の情報開示に必要なISO30414の主要項目にも対応したテンプレート
  • 質問項目をカスタマイズすることも可能
要問い合わせ

HRBrain組織診断サーベイ

(株式会社HRBrain)

 

  • 広範囲に及ぶ人事領域をカバーできるツール
  • 質問項目のカスタマイズが可能で分析軸も豊富なため、さまざまなニーズに対応可能
  • 同社のシリーズとの連携もスムーズ
要問い合わせ

タレントパレット

(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

  • 科学的人事に基づいたタレントマネジメントが可能なルーツ
  • エンゲージメントサーベイでは離職防止や労務負荷の分析が可能
  • ISO30414対応の人的資本ダッシュボード機能も搭載
要問い合わせ

SmartHR

(株式会社SmartHR)

  • 人事・労務管理業務の効率化を実現できるツール
  • 人事・スキル・給与などのデータを一元化できる
  • エンゲージメントサーベイのカスタマイズも容易
要問い合わせ

HRMOSタレントマネジメント

(株式会社ビズリーチ)

  • 勤怠や採用管理とも連携できるタレントマネジメントツール
  • 専門家によって作成されたアンケートですぐにサーベイを実施できる
  • 人事と経営をデータで結び人材(財)活用につなげられる
要問い合わせ

7. エンゲージメントサーベイツールを活用し、職場環境の改善を図ろう!

職場環境を変える

エンゲージメントサーベイツールは、従業員へのアンケートを通じて、会社や仕事に対するポジティブな感情を調査するツールです。エンゲージメントサーベイツールを定期的に実施することで、組織や職場環境の問題点が分かります。また、従業員のコンディションの変化を追跡し、異常値を検出した場合はすぐに管理者が対応することが可能です。エンゲージメントサーベイツールの機能や特徴を理解し、自社に合ったツールを選びましょう。

\「離職率が高い」、「新入社員がすぐやめる」などのお悩みを抱えていませんか?/

従業員の定着率の低さなどが課題の企業の場合、考えられる要因のひとつに従業員満足度の低さがあげられます。従業員満足度を向上させることで、従業員の定着率向上や働くモチベーションを上げることにもつながります。

しかし、従業員満足度をどのように測定すれば良いのか、従業員満足度を知った後どのような活用をすべきなのかわからないという人事担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方に向けて当サイトでは、「従業員満足度のハンドブック」を無料でお配りしています。

従業員満足度調査の方法や調査ツール、調査結果の活用方法まで解説しているので、従業員のモチベーション向上や社内制度の改善を図りたい方は、こちらから資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

テレワークの規程や就業規則、ルールはどう作る?

テレワークの規程や就業規則、ルールはどう作る?

近年では、新型コロナウイルス感染症の流行や、働き方改革の影響を受け、テレワークを推進する企業は増加しています。テレワークの導入の準備を進めていくなかで、テレワークの規定や就業規則を新たに作らねばならないという企業も多いのではないでしょうか。当記事では、テレワークの規定や就業規則、ルールの作り方について徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.20
HR NOTE 編集部
テレワークの在宅勤務手当は必要?費用負担の相場を解説

テレワークの在宅勤務手当は必要?費用負担の相場を解説

テレワークを導入するにあたって、交通費や通信費、光熱費などの費用負担をどのようにするかという悩みを抱えている方は多いのではないのでしょうか。なお、従業員に費用負担させる代わりに、テレワーク手当を支給している企業もあります。

当記事では、テレワーク手当の相場や必要性、注意点、支給方法について解説します。テレワーク手当のルール作りに関する知識を深めたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.20
HR NOTE 編集部
テレワークガイドラインまとめ!厚労省・総務省のガイドラインを解説

テレワークガイドラインまとめ!厚労省・総務省のガイドラインを解説

この記事では、テレワークガイドラインの概要や、テレワーク導入のポイントについて解説しています。テレワークの実現に向けて取り組むべき項目を明確にするため、本記事を参考にしてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.19
HR NOTE 編集部
テレワークで気を付けたいセキュリティ!対策やツールを解説!

テレワークで気を付けたいセキュリティ!対策やツールを解説!

近年では、働き方改革や生産性向上、コスト削減、BCP対策など、さまざまな目的でテレワークを導入する企業が増加しています。テレワークを導入するメリットは数多くありますが、セキュリティに脆弱性があると、不正アクセスによる社外秘の情報の漏洩や改ざんなど、トラブルにつながることもあります。当記事では、テレワークにおけるセキュリティリスクやセキュリティ対策について徹底解説します。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.18
HR NOTE 編集部
テレワーク助成金・補助金の最新情報!個人事業主も申請できる補助金とは?

テレワーク助成金・補助金の最新情報!個人事業主も申請できる補助金とは?

近年、DX推進の一環としてテレワーク導入に関する助成金や補助金の制度が取り入れられています。申請しなければ助成金を受け取れないため、どのような制度があるのか知っておくことは費用の軽減につながるでしょう。
この記事では、2022年に受給できるテレワーク関連の助成金および補助金をまとめています。助成金を受け取るための取り組みを検討するためにも、ぜひ本記事を読んでみてください。

  • 組織
  • ワークスタイル
2024.04.18
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ