【2022年10月第2週目】人事/HRに関するニュース&トピックスまとめ |HR NOTE

【2022年10月第2週目】人事/HRに関するニュース&トピックスまとめ| HRNOTE

【2022年10月第2週目】人事/HRに関するニュース&トピックスまとめ

いつもHR NOTEをご覧いただき、誠にありがとうございます。HR NOTE編集部です。

本日は10月第2週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックス計20本をまとめてご紹介します。ぜひ日々の業務にお役立てください。

1.調査リリースまとめ

01:年収600万円以上の中途人材、3人に1人が「オンボーディングが不十分だった」と回答。そのうち7割以上が「仕事のモチベーション低下」を実感

  • 71.5%がオンボーディングが不十分だったことで、仕事に対するモチベーション低下を実感
  • 理由として、「業務以外の部分に労力を奪われたから」が約6割で最多
  • 54.3%がオンボーディングが十分に行われなかったことにより、マネジメント層に対する不信感を感じる結果に
調査企業:ユームテクノロジージャパン株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000086740.html

02:社員の定着率やパフォーマンスの向上に“オンボーディング”が効果あり

  • オンボーディングの充実が新卒・中途ともに社員の定着とパフォーマンスに効果あり
  • 9割以上がオンボーディングに課題あり。うち6割以上が「実施するためのスキルやノウハウがない」
  • 約6割がオンラインを活用してオンボーディングを実施。メリットは移動時間の削減、デメリットはコミュニケーションの取りづらさ
調査企業:株式会社月刊総務
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000060066.html

03:職場での変化が普遍的なものに。未来の働き方に関する調査を8カ国で実施

  • 70%以上の管理職と従業員が、職場での変化が普遍的なものになってきていることに同意
  • 70%以上の従業員で、就業時間内でのニュース視聴が増加。75%の従業員が、ニュース速報が数時間にわたって自身の生産性に影響を及ぼすと回答
  • 従業員はパーパス・ドリブンな企業文化へ高い期待を持つ一方で、共同作業と安心感を得るためにワーク・テクノロジーに依存

調査企業:アドビ株式会社
出典:https://jinjibu.jp/news/detl/21516/

04:年功序列の企業、半数以上が「転職したい」と回答。人事評価制度に関する意識調査

  • 「年功序列である」グループは、半数以上の54.9%が「転職したい」と回答
  • その理由は、「給与や処遇を含め、人事評価に納得できない」「会社のことを信頼できない」
  • 人事評価に「納得できない」理由は、「評価基準が曖昧・社員い明示されていない」「評価結果について、納得のいく説明をしてもらえない」
    調査企業:フォー・ノーツ株式会社
    出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000073219.html

05:大手企業の8割以上が日本語研修を外部に委託。外国人採用には「日本語研修の充実」がカギか

  • 8割以上が日本語研修を外注、42.5%が「日本語学校への委託」や「eラーニング/オンデマンド授業の受講」を実施
  • 一方、日本語研修に関して、約半数から「研修に時間がかかる」や「会話レベルが向上しない」などの課題の声
  • 63.9%が、会話に特化した「外国人社員向けのオンライン日本語研修サービスの利用」に意欲
調査企業:株式会社One Terrace
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000036579.html

06:IT人材の離職理由、トップは「キャリアアップの機会の欠如」

  • IT人材、全体の回答者82%が「求職中」または「機会があれば転職を検討」
  • 積極的に仕事を探しているという回答はシンガポールが最も高く(50%)、次いで日本(41%)
  • 全体で退職理由のトップは「キャリアアップやスキルアップ・研修の機会の欠如」
調査企業:ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000302.000008738.html

07:スタートアップ経営層の約7割が会社の成長にオフィス戦略が影響を与えると回答。コロナ禍長期化における働き方意識調査2022

  • スタートアップ従業員の86.3%が、どのような場所で、どのように働くかについて自分で裁量を持ちたいと回答
  • スタートアップ経営層の67.8%が会社の成長にオフィス戦略が影響を与えると回答
  • スタートアップ従業員は、働くうえでの価値観として、ウェルビーイング(78.9%)、コラボレーション(70.5%)、オープンイノベーション(57.9%)を重要視している
調査企業:WeWork Japan合同会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000045221.html

08:「社員満足度調査」のホンネ。7割以上が「本音以外を書いたことがある」と回答

  • 社員満足度調査の不満点で最も多かったのは「調査の結果が仕事内容や職場環境の改善に反映されない」50.3%
  • 社員満足度調査で会社が改善されるとは思わないと回答した人は8割以上
  • 77.6%の人が「本音以外の回答を書いたことがある」と回答。理由は「人に見られていそう」が45.9%
調査企業:株式会社識学
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000029010.html

09:7割がD&Iの重要性を認識する一方、6割が推進に難あり。D&I推進の現状と課題

  • 約7割がD&Iの重要性を認識する一方で、約6割が推進に難あり
  • 最大の課題は「リーダーシップポジションにおける多様性の不足」。カギとなるのは、関心・理解度の差をいかに埋めるか
  • ESG・人的資本経営でも、D&Iは欠かせない存在に
調査企業:株式会社JobRainbow
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000017747.html

10:なぜ若者は会社を辞めるのか?若手営業パーソンの転職に関する調査

  • 20代の77%が「転職を考えたことがある」
  • 理由は、「仕事の領域を広げたい」「やりたいことと違った」
  • 法人営業は他の職種に比べ、転職を考えたことにある割合が高い
調査企業:株式会社サプリ
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000031166.html

11:やりがいを重視する「アンコールキャリア」への興味は約6割にのぼる。「シニア世代の就業」に関する意識調査

  • 50代~70代の58.3%がシニア期も「働きたい」もしくは「働く必要がある」と感じている
  • 約6割がアンコールキャリアに興味あり
  • シニア期も働く意欲・必要性がある人のうち、92.7%が働くことについて不安や課題を抱えている
調査企業:Indeed Japan株式会社
出典:https://jinjibu.jp/news/detl/21542/

2.企業取り組み事例まとめ

12:ユニリーバ・ジャパン、リアルジョブ型有給インターン ~“社員”としてFuture Fitかポテンシャルを見極める選考を実施~

  • 24卒の大学生・大学院生を対象に、2週間にわたるリアルジョブ型有給インターンを実施
  • 架空の課題ではなく、新製品プロモーションアイデアの作成やSNS戦略立案など、社員が担っている実務を通して参加者のポテンシャルを見極める
  • 発表内容の一部は実際の戦略に組み込まれることが決定
調査企業:ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000086691.html

13:オリコン株式会社、急激な物価上昇に対する生活支援として「インフレ特別手当」を新設

  • 急激な円安・物価上昇を受け、社員の生活を支援するための「インフレ特別手当」を新設
  • 対象社員はオリコングループの正社員・契約社員・嘱託社員・アルバイト
  • 2022年10月分給与より一月あたり一律1万円を支給し、当面は特別手当の終了時期を設定せずに運用
調査企業:オリコン株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000348.000034467.html

14:中京テレビ放送株式会社、アバターで就職活動『メタバース会社説明会』を実施!

  • 2022年10月8日メタバース空間を用いた会社説明会を実施
  • 先輩社員とのメタバース上での質疑応答を行うことでより近い距離でのコミュニケーションを行うことが可能
  • お互いの顔や名前を知らない状態で質問に対する心理的ハードルが下がり、より聞きたい内容の質問が可能
調査企業:中京テレビ放送株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000186.000039863.html

15:株式会社スタメン、大学生へのキャリア支援プロジェクト『100 on 1』を開始

  • 名古屋を中心とした東海3県の大学生100名を対象に1on1面談などを通じた個別キャリア支援プロジェクト『100 on 1』を開始
  • 就職活動の長期化や採用媒体なども多様化していることから、就職活動における情報格差が顕著になっていることを受け、実施に至った
  • 希望者に対して、スタメンで組織開発を担当している役員が1on1での面談を行い、就職先を選ぶ軸や、自己分析のサポートを行う
調査企業:株式会社スタメン
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000023589.html

16:パーソルキャリア株式会社、育休中社員の就労支援「育休ウェルカムバック制度」の運用を開始

  • 育休中で就労を希望する社員に対し、社内で一時的な就労機会を提供する「育休ウェルカムバック制度」を創設
  • 社員の仕事と育児の両立に対する不安軽減などが目的
  • 対象社員は「3か月以上の育児休業を取得しており、かつ一時的な就労を希望する社員」「募集業務を遂行できる経験やスキルを保有する社員」
調査企業:パーソルキャリア株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000564.000022215.html

3.サービスリリースまとめ

17:鈴与シンワート株式会社、「S-PAYCIAL with 電子年調申告」【2022年度版】をリリース

  • パソコン・スマホ・タブレットで簡単便利に年末調査申告が可能
  • 従業員の入力・提出状況をリアルタイムに確認可能
  • あらゆる給与システムへ連携が可能
調査企業:鈴与シンワート株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000058616.html

18:freee株式会社、クラウド人事労務BPOサービス「freee人事労務アウトソース」提供開始

  • 入社手続き・身上変更・給与計算・年末調整等の労務に関するノンコア業務のアウトソースを実現
  • 社内の労務担当者や従業員からの問い合わせにオペレーターが直接お答えします
  • アウトソース管理ツール「freeeボード」によって各タスクの進捗・遅延状況を可視化
調査企業:freee株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000980.000006428.html

19:コムネット株式会社、“社員のホンネを知ることができる”無料で使える従業員満足度調査ツール『MONJU』をリリース

  • 25年前から自社で実施してきた従業員満足度調査を提供
  • 無料体験版からスタート可能な業界No.1の低コスト
  • 使いやすいシンプルなデザインで、調査回答もほんの数分で可能
調査企業:コムネット株式会社
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000058448.html

20:ミートキャリア、育休復職者サポート・女性管理職育成・若手育成の3つの課題解決に特化した法人向け新サービスを提供開始

  • 対象社員に月1回の個別面談でサポート
  • 社員の本音ベースの課題を抽出、施策を定点観測
  • 育休復職者支援、女性管理職者育成、若手リーダー育成の3つの課題を解決
調査企業:株式会社fruor
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000049926.html

今回は、10月第2週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスを計20本をご紹介しました。

次回は、10月第3週に発表された人事/HRに関する各社のニュース&トピックスをご紹介します。

HR NOTE編集部による独自のリサーチとなります。この他に、2022年10月第2週にリリースされた人事/HRに関する各社のニュース&トピックスがございましたら、こちらまでご連絡いただけますと随時追加してまいります。

【HR NOTE編集部 問い合わせ窓口】
info_hrnote@jinjer.co.jp

 

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!