従業員のやる気を高めるものは給与ではなく「賞賛と責任感」 |HR NOTE

従業員のやる気を高めるものは給与ではなく「賞賛と責任感」 |HR NOTE

従業員のやる気を高めるものは給与ではなく「賞賛と責任感」

  • 組織
  • タレントマネジメント

640woman-1209866_1280
 
こんにちは!HR NOTE編集部 根本です。
 
従業員を雇ってもすぐに辞めてしまうことが続くと、人事の方は、「どうすれば従業員のモチベーションを維持できるだろう・・・。」と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。
 
給料を上げても従業員のモチベーションの維持には一時的な効果しかないという研究も出ており、今回は、給料ではなく、何が従業員の意欲を長続きさせるのかを考えてみました。
 

給料でモチベーションは上がるが長くは続かない

boy-477013_640

 
Harvard Business Reviewによると、給料の高さと従業員エンゲージメントにはわずかな関わり合いしかありませんでした
従業員エンゲージメントとは、企業に対して愛着を抱き、その成長に積極的に関わっていこうとするやる気のことです。
 
給料は確かにやる気を起こさせる原動力になりますが、それは一時的なもので、従業員エンゲージメントを維持するのは給料ではなく、もっと重要な要素が存在します。
 
我々は、人生の3分の1の時間を仕事に費やしています。
社会人になってからの人生は、ほとんどの人は1年間の7分の5を職場で過ごしています。
 
そのため、単に給料がもらえれば満足なのではなく、人生における時間の使い方として仕事に他の要素を求めるのは当たり前のことだといえます。
 
 

「称賛」や「責任感」などが従業員の気持ちを高める

fashion-1399346_1280

 
それでは、給料以外で従業員エンゲージメントを高く維持させるには何が必要でしょうか?
 
大切な要素として、「称賛」「責任感」「達成感」「感謝」「承認」などが挙げられます。
重要な仕事を任されたり、難しいタスクを完遂したり、それによって周りから褒められ、感謝され、認められたりなど、そのようなことがあると誰でもやりがいを感じ、意欲が湧いてきます。
 
 

称賛によって定着率が向上した事例

例えば「称賛」を挙げると、アメリカのジェットブルーという航空会社では、社員同士で称えあうプログラムを導入しました。
 
これは、従業員のだれかが会社に貢献したり、何か努力して成し遂げたり、模範的な仕事をした場合、同僚を指名できるプログラムです。
指名を受けた従業員はポイントをもらうことができ、ポイントは好きなように使うことができます。
 
ポイントを溜めておいて旅行などのオプションに使用することもできれば、すぐに商品券と交換して食事に使うこともできます。
ジェットブルーの調査データによれば、表彰者の人数が10%増えるごとに、社員の定着率が3%、エンゲージメントが2%向上したとのことです。
 

従業員に責任ある重要な仕事を任せよう

ピータードラッカーは、著書「現代の経営」で、“人は、何かを達成した時、達成感を持つ。仕事が重要な時、自らを重要であると感じる。”と述べており、責任感や達成感は与えることができないもので、仕事の中で芽生えてくるものだと言っています。
 
自分の仕事について裁量権、意思決定権持つことができ、自らが関わるプロジェクトや業務に対して中心となって最後までやり抜いたときに「責任感」や「達成感」が湧き出てきます。
 
「自分の仕事はだれでも出来る仕事だ」と感じていれば、従業員のやる気は下がってしまいます。
マネージャーは部下を頼って、部下に任せて、口に出したいことも辛抱強く我慢して育てていく姿勢が必要でしょう。
 
 

従業員の個性を認めよう

「承認」によって従業員エンゲージメントを高めることができます。
具体的には個々の従業員の個性を認めることです。
 
管理職に就いていると、どうしても従業員に対する理想があり、従業員がその通りにできないとイライラしてしまうこともあるでしょう。
しかし、そうなると従業員はまるで自分が会社に使われている機械のように感じ、意欲を無くしてしまいます
従業員一人一人を尊重し、個性を大切にしましょう。
 
 

最後に

 
いかがでしたでしょうか。
 
従業員のモチベーションを維持させるのに大切なのは、給料よりも、仕事にやりがいを感じられるようにすることです。
そのためには、やりがいを持たせられるような仕事を任せ、また励ましや労いの言葉を都度かけて「頼ってもらえている」「期待されている」「大切にされている」と感じてもらい、責任感や誇りや達成感を持ってもらうことが重要です。
 

--------------------

\期間限定でアーカイブ配信中!/
今、知っておきたいテーマについて豪華ゲストが詳しく解説!

▼アーカイブ配信視聴はこちらの特設サイトから▼
https://hrnote.jp/dx-action-summit-2023-archive/

\人事データの収集や活用にお困りの皆様へ/
HRDX(人事DX)の専門家が基礎からわかりやすく解説!

近年、従業員の情報を組織の改善に活用する重要性が増してきています。

とはいえ、「何に利用する」のかが曖昧なまま、「とりあえず何かに使えそうだから」とデータを集めているということはないでしょうか?

「従業員の勤怠情報」、「人事評価情報」、「保持スキルや資格情報」といったハード情報から、「従業員のエンゲージメント」や「健康状態」などソフトな情報まで、幅広く存在する人事データを効果的に活用するための管理方法や収集方法を紹介するHR NOTE会員限定セミナーの開催が決定しました!

ご興味のある方はぜひご参加ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

シフト管理とRPAで人手不足を解消!京都の日本酒専門飲食店「伏水酒蔵小路」から学ぶ飲食店DXの成功のポイントとは?

シフト管理とRPAで人手不足を解消!京都の日本酒専門飲食店「伏水酒蔵小路」から学ぶ飲食店DXの成功のポイントとは?

新型コロナウイルスの5類移行とともに、客足が戻りつつある飲食業界。その一方で、人材不足が深刻化しています。人材不足にどう立ち向かうべきかー。 その課題解決に取り組む飲食店のひとつが、京都の日本酒専門飲食店「伏水酒蔵小路」です。 この記事では、「伏水酒蔵小路」の事例を紹介しながら、飲食店DXの成功のポイントを解説します。

  • 組織
  • 組織・その他
2024.02.29
HR NOTE 編集部
人事が主導するプレゼンティーズム対策とは①~「出社しているけど調子悪い」従業員について考える

人事が主導するプレゼンティーズム対策とは①~「出社しているけど調子悪い」従業員について考える

※本記事は、株式会社フェアワークの吉田健一さんより寄稿いただいた記事を掲載しております。 人材を資本として捉え、その価値を最大限に引き出すことにより、中長期的な企業価値の向上につなげる「人的資本経営」への注目が高まりつつ […]

  • 組織
  • エンゲージメント
2024.02.28
松野天音
『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート

『デジタルは感性の数値化』組織をマネジメントするためのデジタル思考とは|Conference X in 東京2023 イベントレポート

本記事では、株式会社INDUSTRIAL-Xが2023年12月15日に開催した『Conference X in 東京2023』のスペシャルセッションに関する内容をまとめたイベントレポートをご紹介いたします。 原 尚子 | […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.02.09
HR NOTE 編集部
人事はどこへ向かうのか?平成の人事に令和の人事が聞いた“変化の潮流”

人事はどこへ向かうのか?平成の人事に令和の人事が聞いた“変化の潮流”

※本記事は、株式会社シニアジョブの関岡央真さんより寄稿いただいた記事を掲載しております。 少子高齢化による人手不足に働き方の多様化、労働移動の円滑化に生成AIの普及など、人事・採用を巡る環境の変化は目まぐるしく、これから […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.02.07
宮崎萌奈
DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート

DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人である~|DX Action Summit 2023 講演④イベントレポート

※本記事は、主催企業や登壇者/登壇企業に内容を確認のうえ、掲載しております。 2023年10月10日に開催したDX Action Summit 2023より、講演④『DX推進の落とし穴~DXの主役はデジタルではなく人であ […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.02.05
HR NOTE 編集部

人事注目のタグ