このような永住・帰化申請のお悩みを解決致します。

悩み①:永住申請・帰化申請の必要書類

・許可されるに十分な必要書類や情報が集められているかわからない

・自分の場合どのような追加情報の提示が適切なのかがわからない

・法律に則った特有の言い回しなど申請書類の正しい書き方がわからない

悩み②:永住・帰化の再申請の書類と方法

・再申請で1回だけ聞きに行ける不許可理由をどのような質問で聞けばいいかわからない

・再申請は初回の申請と比べてどのような点に注意するべきなのかがわからない

悩み③:申請コスト(時間・工数)

・費用を抑えようと自分で申請したら、立証が不十分で不許可になり、かえって再申請する手間がかかってしまった

申請代行とご自身でおこなう申請のメリット比較

 

行政書士法人jinjerが選ばれる理由

  • 全国トップクラスの実績

    年間申請件数1,500件超!

    一般的な個人の行政書士は年間50件前後の就労ビザ申請代行を、行政書士法人jinjerでは年間1,500件代行。永住申請・帰化申請も実績のある行政書士がご対応します。

  • 多言語で対応可能

    申請者ご本人と直接やりとり

    日本語・英語・韓国語・ポルトガル語の4カ国語でご対応可能です。専門的な内容が多い永住・帰化申請も、直接ご本人と母国語でやりとりすることができます。

  • いつでも何度でも相談可能

    電話相談無料(回数無制限)

    行政書士jinjerは申請者の方が安心して永住申請・帰化申請のご準備を進められるよう、ご相談を無料でご対応しています。お困りの際はお気軽にご連絡ください。

  • 完全成果報酬制

    不許可時は申請代行料不要

    永住申請・帰化申請をしても許可がおりなかった場合、申請代行料金は一切お支払いする必要がございません。申請許可がおりるまで無駄なコストがかかりません。

  • 大量申請も対応

    複数名の行政書士が在籍

    行政書士法人jinjerには、申請経験が豊かな複数名の行政書士が常時在籍しています。外国籍社員の即戦力化・恒久的な戦力化のために最速でご対応します。

  • 永住・帰化申請以外も対応

    就労ビザ申請・会社設立など

    永住申請や帰化申請の代行以外にも、就労ビザ(在留資格)の申請・更新・変更手続きの代行や、会社設立時の手続き代行など幅広いサポートをおこなっています。

永住申請・帰化申請代行の手順
 

料金

 
 

▼就労ビザ申請・更新・変更でお困りの場合はこちらのサイトをご覧ください▼

行政書士のご紹介

現在InternetExploler11ではフォームの機能をご利用できません。
フォームをご利用の際は大変お手数ですが、他のブラウザ(Chrome、スマートフォン等)からお試しください。

無料相談・資料請求はこちらから

必須
必須氏名

必須氏名(カナ)
必須
必須
所属部署
お問合せ内容
自由記入欄
受付番号 00947
 
無料相談・資料請求はこちら