テレワークを導入した際のメリット・デメリットとしてどんなことが考えられるか? |HR NOTE

テレワークを導入した際のメリット・デメリットとしてどんなことが考えられるか? |HR NOTE

テレワークを導入した際のメリット・デメリットとしてどんなことが考えられるか?

  • 組織
  • ダイバーシティ&インクルージョン

※本記事は、株式会社アシロの「企業法務弁護士ナビ」より語句などを一部修正したものを転載しております。

働き方改革の後押しもあり、最近職種を問わず、テレワーク(リモートワーク)勤務を導入する企業が増えてきています。増えてきているとはいえ、まだまだ導入は一部の企業に留まっているのが現状ですが、今後は導入する企業がもっと増えていくだろうと個人的には予想しています(筆者自身も福岡で完全リモートワークをしながら、地域問わず全国の企業様をクライアントとしています)。

ただ、新しい働き方となるので、導入する場合にはメリットだけでなくデメリットも生じるのも事実でしょう。そこでこの記事では、テレワークを導入する上でのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

テレワークのメリット

テレワークを導入することで得られるメリットは以下が考えられます。

地域を問わず優秀な人材を確保できる

これは既存社員に対するメリットではありませんが、新しい人材を採用する上で、完全にテレワークのみで完結する業務として募集するのであれば、自社から通える範囲の求職者以外も広く採用のターゲットとすることが可能です。

昨今は、慢性的な人手不足による採用難が多くの企業で問題になっていると思いますが、まだそう多くない完全在宅勤務の求人として募集をかければ、優秀な人材を競合することなく確保することができるでしょう。

育児・介護による人材の流出を避けることができる

既存社員については、自宅で仕事をすることが可能なテレワークを導入することで、育児・介護などを理由とした離職を未然に防ぐことが可能です。育児や介護は(家庭の状況にもよりますが)自宅にいる必要があるため、オフィスには出社できないものの、常に手一杯でほかに何もできない、というわけではないことが多いものです。

テレワークを導入することで、このような人材が出社できないという理由で、やむなく退社してしまうのを避けることができます。

テレワークのデメリット

一方、テレワークを導入することで以下のようなデメリットも考えられます。

社内のコミュニケーションが難しい

まず、テレワークで働く社員とのコミュニケーションが難しいことが挙げられます。

日常的にWeb会議やチャットなどのコミュニケーションツールが社内で活用されている企業なら問題ないと思いますが、そうでなければ、出社しない社員とどうコミュニケーションを取るのかは、難しい問題となります。

 セキュリティ管理が難しい

また、テレワークで働く社員は、会社でPCを貸与してない場合は自分のPCとネット環境を利用します。その場合、情報漏洩などセキュリティ面での懸念がどうしても残ってしまいます。

テレワークで働く社員には機密情報を扱わせない、情報セキュリテイ規程を作成し、PCにセキュリティソフトを入れることを義務付ける、公共Wi-Fiなどセキュリティの低いネットワークへの接続を禁じる、などのルールを別途設ける必要が生じることになります。

まとめ

以上、テレワークを利用するメリット・デメリットについて解説しました。

働き方改革を実現し、多様な社員を活用するためには、テレワークの導入は待ったなしといえるでしょう。「デメリットが懸念されるから導入しない」ではなく、「デメリットをいかにして解消していくか」という姿勢が、これからの企業には求められるはずです。

この記事の監修者

Ad Libitum(フリーランス人事)
松永 大輝
【社労士有資格者】ベンチャーから上場企業まで様々な業種・規模の顧問先を担当。フリーランスの人事として現在はスタートアップ企業の採用・寄稿など幅広い活動を行う。http://ad-libitum.jp/

--------------------

\4月24日限定開催!/
人事×ChatGPTの具体的な活用術術を紹介!

ChatGPTをはじめとする生成AIを業務に取り入れることで、業務時間の圧縮や業務量の削減が期待されます。

今回は、人事担当者の方が今日から使えるChatGPT活用術として、

組織開発に関するChatGPT活用を株式会社リーディングマークのプロダクト企画室副室長/AIエバンジェリストの今村健一郎氏に、

労務領域の業務に関するChatGPT活用を社会保険労務士の加藤秀幸先生にお話いただきます。

実際に使えるプロンプトを交えた実践的なノウハウもご紹介しますのでこちらから視聴予約をして、是非ご参加ください。

 

▷こんな方におすすめ!
・人事業務の担当者の人手が足りず困っていて業務効率を上げたい

・ChatGPTに興味はあるけれど、どんなことに使えばよいか分からない

・業務にChatGPTを取り入れたいが、イメージしているような回答が出てこない

 

▼当日の視聴予約はこちらから!▼
https://seminar.hrnote.jp/post/95

ChatGPTで変わる人事業務【実践編】

昨今のHR領域では、いかにAI・データの活用をおこなえるかが課題となっており、ChatGPTの登場により、ますます注目度が高まりました。
一方でChatGPTを業務に取り入れていきたいと考えている方の中には、

  • ChatGPTではどのような業務に取り入れられるのかわからない
  • 興味はあるものの、具体的にどの場面で活用できるのかわからない

などと考える方がいるのではないでしょうか。

本資料では、「ChatGPTの導入によって人事業務にどのような変化がでるのか」についてわかりやすく解説しています。
人事業務×ChatGPT活用について知りたい方は、ぜひご確認ください!

人事業務に役立つ最新情報をお届け!メールマガジン登録(無料)

HR NOTEメールマガジンでは、人事/HRの担当者として知っておきたい各社の取組事例やリリース情報、最新Newsから今すぐ使える実践ノウハウまで毎日配信しています。

メルマガのイメージ

関連記事

リスキリング4つのフェーズと、従業員成長のための4段階|仕事旅行社 田中 翼

リスキリング4つのフェーズと、従業員成長のための4段階|仕事旅行社 田中 翼

「会社は変わらなければ潰れる…でも、変わるには何が必要なのでしょうか?」 ある経営者がつぶやくと、その言葉が会議室に重い雰囲気を運んできました。 変化の波は、容赦なく企業を飲み込んでいきます。その波に押し流さ […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.18
根本 慎吾
次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

次世代の人材育成とは〜発信と共有の場がもたらす組織変革とモチベーション向上〜

ビジネス環境の変化も早く、人口減少、多様化する価値観など、人事部の方にとってこれほど人材育成が複雑で高度化している時代は今まで類をみないのではないでしょうか? たとえば、これまでのような画一的な研修、強制的な異動や転勤を […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.17
松野天音
「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

「キャリアの壁(女性社員本人の壁)」を乗り越えるための意識変革|本人・上司・全社で実現する女性活躍推進

2023年3月期の有価証券報告書から女性管理職比率の開示が義務付けられるなど、女性活躍を推進する気運が一層高まっています。一方で、「なかなか女性の管理職が増えない」とお悩みの企業は少なくありません。 本連載では「本人・管 […]

  • 組織
  • キャリア開発
2024.04.17
根本 慎吾
「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

「チーム愛媛」のデジタル人材育成「高度デジタル人材シェアリング事業」に密着!

愛媛県では、県・市町による協働事業「チーム愛媛」高度デジタル人材シェアリング事業の一環として、職員を対象とした各種研修・勉強会が開催されています。 今回編集部はその中の「BIツール勉強会」に参加させていただき、実際の勉強 […]

  • 組織
  • 人材育成・研修
2024.04.15
HR NOTE 編集部
「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

「4つのエビデンスから判断せよ」HR Analytics & Technology Lab 所長に聞く人事データ活用術【後編】

上場企業における人的資本の情報開示が義務化されたことを背景に、自社の人事データを正しく管理し活用することの重要性が高まっています。 しかし、人事データをとりあえず集めたが、その後の効果的な分析ができずにいる企業がとても多 […]

  • 組織
  • 組織・その他
2024.04.15
金井一真

人事注目のタグ